読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

twitterのスパム対策まとめは素敵でも画像使用がありえない件

Webサービス ブログ運営

近良くみるtwitterやfacebookのスパム対策のまとめ記事が非常にわかりやすくてweb知識がない人はこの対策をするといいよと思ったけど、最後の画像のキャプチャの仕方がありえない件。

自分のtwitterが勝手にスパム広告をしている人の対処法

最近流行りの面白い記事や感動する記事の続きが見たい人は登録すれば続きが見れるよ!っというアプリ連携を促すスパム業者が非常に多いです。facebookやtwitterで見るたびにうんざりします。対処法は連携アプリを削除するだけなので解決できますが綺麗にまとめてくれているのがこちらの記事なので参考にしてください。


最近Twitterで流行ってるスパム業者の手口 - 屍日記

この記事の問題なのは、問題がないAsk.fmを例にアプリ削除の案内をしてるんですよね。せめて注意書きじゃなくてを先にこの注意書きを先に表示するべきだ。

画像を見て注意書きを読まない人を考慮してがスパムだと感じる人がいると思う。実際自分も思ってそんなわけはないと思ってよく読んだ。まとめ記事を読みながら実際に作業する人もいるので、なんだ!スパムじゃないのかよ!って突っ込む人も出てくるだろうなと思う。

こういう時はダミーのアイコン画像やテキストに置き換えてアップするべきだと思う。これだけだと何が問題かいまいちピンとこない人ようにこんな例で紹介してみる。

twitterのスパムアカウントの報告方法という記事があるとします。全く関係ない人の画像をキャプチャしてスパムの案内方法を記載します。最後に注意書きでこの人はスパムじゃないですよ。っと書いても、同じようにスパムアカウントだと勘違いされて勘違いが勘違いを呼びスパムアカウント認定されるおそれがある。

じゃあスパム登録したくないし画像はどうすればいいのか

画像加工がそこそこ出来る人はモザイクを入れたりダミーアイコンやテキストなどを入れるなどをする。
画像加工ができない人はペイントで切り取ったり、塗りつぶしたりする対応をする。

ブログを運営する人でサイトの画像をキャプチャして使うときはこういったところをしっかり配慮してやってほしいなと思います。記事を書いている人のtwitterプロフへのリンクが最後にあったからみたらフリーのプログラマーって書いてあったのでせめて業界人で注意書き出すぐらいならそれぐらいやろうよ。っと思った次第です。自分も注意しなきゃなと思います。ちょっと過去記事を見直そう。

まあ連携解除の仕方はわかりやすいし参考になるのでぜひご覧下さいね。

あなたにおすすめのブログ運営記事