読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電車で化粧をする女子は仕事ができないだけでなく被害をあたえる

仕事 考え方

電車化粧女子マナー違反

電車で化粧をするのはマナー違反と言われます。マナー違反というよりも被害を与えることもある。そんなことを感じたので、なぜ電車で化粧をする女子は仕事ができないのかというところを書いていこうと思います。

 

スケジュール管理ができていない

電車で化粧する女子なんてほとんど見かけません。通常の女性は家で化粧を済ませてくるのでしょう。朝起きてから職場まで到着するまでの時間のスケジュール管理ができていれば家でやることがしっかり管理されているはずです。電車内で化粧をしている人はそれができていないということ。

出勤前からできていないのに業務でスケジュール管理ができるわけがありません。

もし、無音の電気髭剃りがあって何も迷惑をかけないアイテムが開発されたとした時に、電車内でそれを使って男性が髭剃りしてたらどう思うでしょうか。家でやってこいよ、仕事できないんだろうなって思われるんじゃないでしょうか

取引先に見られている可能性がある

どこで誰に見られているかわかりません。人前ですっぴんでいるのが平気じゃないから化粧をするわけですよね。電車内には取引先の人などがいるかもしれません。通勤ラッシュの電車内で化粧をしている人ってすごい目立つんですよね。インパクトで顔を覚えられてしまっているかもしれませんよ。

男子の場合だとまあ最近女子も増えていますが、電車の中でコンフィデンシャルな資料を読んでいたり、ノートPCで仕事をしている人。社外秘の資料を電車という公共機関でチェックしたりするのはセキュリティ的に問題ですよ。

満員電車の揺れでぶつかると化粧品がついて迷惑

満員電車の中で立って化粧している人いるけれど、捕まってないからぶつかるのよね。口紅とかがシャツに付いたら簡単に落ちないし、ファンデーションとか粉がぶつかるとつくし、迷惑すぎる。まだ椅子に座っていればいいけれど、さすがに立って化粧はないなぁって思う。

男性の場合は意識が高い系や中高年に多いのが新聞ですね。立って新聞広げて読んでいるのは本当に邪魔ですね。スペース詰めないし、座ってると頭にあたってうっとおしいし最悪です。

マナーっていう曖昧な言葉じゃなくて具体的に書いてみました。それなら男子はこんなのが電車で迷惑だよ!!っというのを教えて下さい。痴漢とかの犯罪じゃなくて。男性の酔っぱらいはうざいよね。

あなたにおすすめの仕事の関連記事