読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

別れてから気がついたモラハラしてたんだ自分

考え方

モラハラっていまいち定義がよくわからない。誕生日や記念日もしっかりお祝いして、お花やおみやげを買ったり喜ばせるのが好きだったんだけど。喜んでくれてたけどモラハラもしてたんだなって別れて気がついたのでモラハラだなって思ったことを書いていきます。

価値観のズレはモラハラを呼ぶ

幸せにしたいなって思ってお金をとにかく稼いで自慢できるように一部上場の会社に転職してガリガリ稼いで、休みの日は一緒に過ごせるように必ず開けておいて、相手に喜んで欲しいなって思っていました。

ケンカはほとんどしませんでした。休日はお互い本が好きなので本屋に行ってぼーっと過ごしたり、喫茶店でお茶をするという生活。

平日はより給料をアップするために夜間の資格の学校にかよってもっと稼いで幸せにするんだ~って頑張っていました。

まあ頑張りすぎてうつ病になりました。有給使って休んでたりしていたので特に問題なかったんです。そして別れ話へ

お金とかそういうのじゃない。元気で普通で健康でいい。バイトでもいいじゃない元気だったら。と言われました。もうみているのが辛い別れよう。

自分は家が貧乏だったので大学の学費も生活費も全部自分で払ってお金で苦労したのでお金で不幸にはさせたくないって思ってました。

別れる前にこの辺りのすれ違いがありました。価値観のすれ違いどころか自分は自分の価値観を押し付けていました。これはモラハラだなって思いました。

やってやってるはモラハラ

合コンも飲み会も好きに行けばいいし、束縛は絶対したくなかったし実際に放任主義でした。でも、幸せにするために頑張ってやってるんだ!自分の中でやってやってるという感覚がいつの間にか出来上がっていたんだと思います。自慢できる人間になればきっと幸せだろうな。とか幸せにしてるためにやってやってるんだ!っていう勘違いしていたんだと思います。

 

むしろやってもらっていることのほうが多かった気がします。洗濯や掃除とかお弁当やご飯作ってくれたり。色々してくれました。やってもらってました。正直掃除洗濯なんて適度でいいじゃん。

自分がやりたいからやってるのに何でもっとやってくれないの?っと言われました。やってたけど相手にしたらもっと綺麗にしたいっというのがあったんでしょうね。気づけませんでした。

別れるときに謝りましたモラハラだったね

ごめん。いろいろやってたけど、ああいった言動モラハラだったね。ごめんね。と誤りました。相手も謝ってくれました。自分がやりたいことばっかりでほったらかしでごめん。夢を応援しててくれたのにごめん。いい人だなって思いました。

別れた後も連絡をくれたり、励ましてくれました。世の中には素敵な人がいるものです。

今後の恋愛はできるのかな

付き合う人は幸せにしたい。でも相手のためにやってるって思っちゃうんじゃないか、自分が喜びたいから自己満足のためにやってるんじゃないか?って考えるようになりました。こんな自分はどうしたらいいのかわかりません。

恋愛はしたい。でもしちゃいけない。するべきじゃない。かなり長く付き合った人と別れて思いました。

価値観の違いでモラハラをしてしまうのかもしれない。まあ相手がいないと始まりませんが。相手を尊重する。自分の気持を押し付けない。難しいですね。

あなたにおすすめの考え方の記事