読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

老人には絶対に優先席を譲らないと決めた仕事帰りの満員電車

考え方

うつ病で障害手帳を持っているんですが、朝はいいんですけど、帰りはかなり疲れて1時間短い労働時間にして貰っている。帰りは満員電車なので座れるまで空くのを待っている。今日は特に混んでいて泣きそうだったけれどラッキータイミングよく優先席に座れたと思ったら老害登場・・・

 周りの音とかも嫌なのでカナル型のヘッドホンを使っているので周りの音も聞こえないし、基本スマホをみているので周りをみていません。

そんななかグイグイ足を押してきて足の間に傘をいれこんできて足を踏んでくる人がいる。仕方ないよな混んでるし我慢しよう。って思ったら大声でわーわーいっている。何を言っているかわからない。

顔をあげるとガーガー言っている。優先席は老人専用じゃない。おみやげみたいの持ってて遊び帰りか?何なんだよ。こっちは働いて疲れて腰も痛くて余裕ないわと思って、無言で鞄から障害手帳を出して老害に見せた。

ちょっと反応が気になるので少しイヤホンをずらしたら、障害者ならしょうがないよなーっとひたすら連呼していた。謝りもせずに。

これだから老害はマナーが悪い。と思った。

若者が老人をクレーマー認定するというのはこういう行為が原因だ。譲って欲しければ、譲ってくれないかってお願いすればいい。足を踏んだり膝でけったりしてくるから嫌われるのだ。

可哀想な動物だなと思った。

まあ老人に絶対席を譲らないはいいすぎだけど、譲るなら妊婦とかに譲ってあげたいなぁ~って思う。

結局相手は何の障害かわからなかっただろうな。一切話さず、障害手帳を見せて放置だから。

ソードアートオンラインのキリトみたいに寝たきりがずっと続いていたから座っているのだけでも大変なのよ。筋力が全く無くなって・・・平均体重からさらに体重が14キロぐらい落ちたもん身長170で50キロ切ったし。早く筋力戻らないかなぁ・・・。

あなたにおすすめの考え方の記事