読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1記事だけでアマゾンで毎月300冊売る方法

ライティング ブログ運営 seo

アマゾンアフィリエイトで売るにはどうすればいいの?って相談されることもあるので単純にSEOでビッグワード+本で1位とれば1記事だけで300冊ぐらい売れるよ。とおはなししています。そんなお話

4年ぐらい1~3位をいったりきたりしてますがコンテンツ重視で上位に上げているのでパンダやペンギンアップデートの際に下がりはしないしロングテールで検索クエリが増える感じです。

ビッグワードって具体的にどのレベル?って聞かれますが

本が売れるジャンルだとエステやダイエット、料理とかそういうレベルのワードです。個人ブログで取れるの?って言われますが、とれるから仕方ないんです。女性向けのワードって人気あるし購買力あるからオススメです。

こういうキーワードってwebの有名企業でも専門分野じゃない限り、とりにこないでアドワーズなどを出稿してとりにくるので個人ブログやサイトで取りに行けるんですよ。

大手企業でwebディレクターやって思ったことは、デザイン・ライティング・開発・SEO・マーケティング全部分業なんですよね。その中央にいるのがwebディレクターでノウハウを全部吸収できる旨味があるんです。

まあ自分は転職してライティング・SEO・マーケティング・営業それぞれ前線で経験して結果出してきたからできるって感じです。

ライティングだけで1位が十分取れる時代

誰にでもチャンスが有りますよ。ライティングだけで稼げる時代が来ています。外部リンクが大事ってずっと言われていて今でも言われていますが、外部リンクなんていらない。が持論でずっとやってます。

外部リンクが必要なら後発のサイトは広告費とか露出とか増やさないと勝てないじゃないですか。どんないい記事でも検索から流入ないと見つけてもらえないじゃないですか。

いい記事だからこそ見つけて欲しい、知らない人に見て欲しいグーグルってそういうポリシーがあると思って信じています。

だから諦めずにコンテンツ重視で書き続ける事が大事

初期投稿事のライティング完成度は6割でいい

最初から本気で書かなくていい。ビッグワードなんて正直簡単に取れないし、時間はかかる。だから投稿する記事のレベルは6割でいい。

とにかくまず投稿してその記事がどこまで上がるかをチェックすることが大事。ある程度順位が確定するまで放置。確定して満足行くレベルならそのままでいいし、満足いかないならリライトして記事の修正レベルアップ。

実際問題、グーグルに評価してもらうまでは記事の完成度なんてわかりゃしない。それなら6割で欲しいキーワードの記事を投稿し続ける。

そんなことをしていると気がつくと記事が増えるのでロングテールでもアクセスが増えるようになる。

100~200記事ぐらい書いたら全部の記事をリライトする

とりあえず記事がたまったら全部の記事をチェックして、リライトする。書き直しね。まじか・・・・って思うかもしれませんがマジです。

読みなおしていらない記事は削除するか複数の記事を1記事にまとめたりします。

これがすげー大変なのよ。でもこれが1番大事。自分の書いたつまらない記事が多少マシになっていく、これを繰り返していくと読める記事になる。

そうすると1記事で300冊毎月売れる記事が出来上がる。

リライトする順番は最初の投稿からの時もある

リライトする順番は誰でも決められるように、アクセス解析をつかって決める方法がある。それはまた紹介するわ。100%効果でるまでやり続けられるし

でも一番いいのはとりあえず、投稿した順番にまずはチェックするのがいいよ。そうすることで、上でも書いたけど削除したり、まとめたりして、記事数が減るからサイトの濃度が上がる。

人気の記事は定期的にチェックしてリライトしています。あと超流入が多かったワードの記事が検索順位下がって、同頑張ってもあがらないなら、その記事は捨てる。引き際が肝心。でもただ捨てるだけじゃなくて、捨て方もあるのでそれもまたそのうち書く

まとめ

こやって書いてきて結局タイトルと内容が乖離してるんだよね。でもそれでいいんですよ。タイトルや内容を書き直せるのがブログのいいところです。

あと基本的にamazonのアフィリエイトは貼らない。無駄クリックいらないし、余分な外部に出すリンクを設置したりアフィ広告貼りまくるとSEO上良くないから。

あ!あと普通にレビュー書くときに内容変えずにコンバージョンあげる単純な方法があるからそれもそのうち書く。セミナーようにまとめてくれって依頼を貰ってるんだけどめんどくさいんだよなあ~

とりあえず1記事でどれぐらい売れるかの目安としてよんでもらえばOKです。

あと誤字脱字が多いですが、SEO上良くないと思いますがそこはもうしょうがないので諦めてます。。。。。。

あなたにおすすめのSEO記事