読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分の中で超話題の『アユネノヌミレ』知ってる?

seo

アユネ法案の内容とアユネノムミレの効果

日本で6歳まで若返ることができる薬が完成した。その名も『アユネノヌミレ』これで日本の超高齢化社会と完全に終わった超少子化の日本を一挙に救うことができる。しかし、年金制度はどうなるのかなどの問題が発生。日本政府はこの薬を使うために制定した通称『アユネ法案』これをきっかけに日本全体が恐怖が訪れる

アユネ法案の内容とアユネノムミレの効果について

アユネ法案内容
・年金をもらうか、年金や最低限の財産だけを残し若返るか
・財産は国庫に入る

アユネノヌミレを使った場合
・選挙権がなくなる
・生活保護や障害年金などの保証は使えない
・国民健康保険制度は3割引きとなる
・安楽死が認められる
・国民年金の代わりに次世代年金税を支払いが発生する
※次世代年金税とは次世代の年金に補填されるための税金である
・アユネ使用証の携帯の義務付け

アユネノヌミレ薬の効果について
・6歳まで若返り寿命は65歳まで
・使用は1回限り
・記憶はそのまま残る
・6歳時の体に戻るため怪我や病気などは6歳時の状態に戻る

アユネ法案が施行されてからの日本は・・・

多くの老人は年金をもらう代わりに当然のごとく、アユネノヌミレの使用を求めた。国の財政は回復し、選挙権は薬を使用していない若者だけとなり、政治は若者向けの政策が多くなった。歴史の教科書に乗っていた日本の高度経済成長期というものが起きて日本は潤ったかのように見えた。

しかし、やがて日本の若者が2つに分かれ始めたのである。アユネ使用者をアユネ人、純粋の若者を生粋人と呼びの衝突が起きはじめる。

アユネ人には選挙権がなく、若者向けの政策はすべて日本人の若者の生粋人向けの政策ばかり担ったためである。

ただ、アユネ人は記憶がそのままのため強くてニューゲーム状態。就職などで当初は非常に優位を極めた。しかし、記憶はそのままのため、過去に老害と呼ばれていた彼らは、定年までに培ったプライドと頑固さが災いし、懸念されだしたのである。どんどん待遇が悪くなるアユネ人は行動に出る。

今までの知識と人脈を使い生粋人に対抗するアユネ人達、自分たちの権利を守るために政治を利用する生粋人達。政治戦争から武力戦争になるまではそう時間はかからなかった。

さらにはアユネノムミレに隠された効果が露呈され、日本全体が恐怖に震える

若さとは一体何なのか、幸せや寿命はお金で買えるのか。

こんなかんじの内容です。1時間ぐらいでまとめてみましたが、現代社会の問題点を真っ向から切った作品です。SEO記事ばかりだったので真逆の記事を書いてみました。この意味がわかった人はぜひブックマークかシェアをお願いします。