読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学歴で悩んでる人へ就活や転職は経験とやる気で人生を逆転できる

就職・転職 考え方 仕事

学歴社会と言われています。Fランクだからいいところに就職できない。低学歴だから就職できない。周りに刷り込まれて育った学生時代。当然就職は自分の大学や高校や専門学校に合わせて選んだと思います。でもチャレンジすれば人生は変わる

学歴よりも自分が何をやってきたか誇りに思う経験を

自分なんかは受かりっこない。そう思って最初から諦めて、学歴にコンプレックスを持って、超大手企業の合同説明会やインターンも場違いだなっと思って参加しない。

それってもったいなくないですか?確かに新卒は学歴社会です。でも確率は低いけど、履歴書を送るチャンスは誰にでもあります。

周りからは絶対に無理、その学歴じゃ時間の無駄だから、手堅く就職活動したほうがいいっていいますよね。笑われたりしますよね。ありえないって。

どんなに努力してもダメなのか?チャンスはないのか?家庭の事情でお金がなくて大学を諦めた人や学費が安い大学を選んだ人、自分がより専門的な勉強をしたいから専門学校を選んだ人。

そんな人が一流大学の人たちと同じ会社を目指すことは無理ですか?

そんなことは無いです。出来ない中で、自分の夢や目標をもって努力していればそれは経験として自分の中に貯まっていきます。面接で必ず聞かれる自己PR。これって大学名と比べて大学名のほうが大事ですか?違いますよね。

履歴書も自己PRも自分が生きてきた中で何を考えて何が得意で何が出来なくてどうやって生きてきたかを伝える場所なんですよ

数年前までは自分は大学費用を高校で貯金風呂なしアパートに住んでた

商業高校だったけど、就職せず。東京にでて大学の肩書が欲しくて推薦でFランだけど東京の大学に行きました。友達は高校で一流企業に入っていきました。商業高校って地味に大手に入りやすいんですよ。

でも大学に行きました。就職活動の自己PRは家の事情と、このご時世に風呂なしアパート自腹で学費と生活費を払っていたこと。そんな話を伝えると。伝わるものです。

こいつ、本当に自分で結果出してきたんだなって。その時思ったんですよ。学歴じゃなくて経験のほうが大事なんだって。

そして映画が好きすぎて、アメリカの給料の上げ方は転職だ!っと本気にして転職するときは給料のいいところにする。大手に行くと決めました。

スキルさえあれば学歴は関係ない転職は大学を見ない

新卒の就活は結構大変でした。いろいろありました。うまくいきませんでした。でもあるとき、「年をとってから営業はやるものじゃない。」そう年上の人に言われました。じゃあ年をとる前に営業をやろう。そして楽天が出来上がった頃。ITベンチャーで企画営業をやりました。そこではIT企画営業からITコンサルティングに変わりました。そして企画マーケティングになったつもりがwebディレクターになっていました。そして、気がついたら人事になってます。

経験を積むと、おもしろいもので大学名よりも仕事でどんな結果をだしたか、どんな困難を乗り越えたかを見てもらえるようになりました。

世の中の90%以上は中小企業です。だからこと、転職の時は面接する企業は知らない会社ばかりなんですよね。だからこそ余計、業務経験を求めて、面接した人が会社でどうやって働いてもらえるかをみる。

この時も仕事しながら資格の勉強をして毎年資格をとってました。いろいろありますが、企業に合わせて資格をかき分けました。

新しい知識を得るために普段から勉強しているというアピールにもなります。そんなことをやりながら転職を何度かしました。

大手に入りたいなら面接じゃないプレゼンをすること

好きな会社が大手だった。知っている会社のサービスが好きだったから。ずっと使っているサービスだったから。だからこそ、自分の強みと大手でどうやって活かせるかプレゼンしました。

面接ではありません。プレゼンをするんです。自分の時間とスキルがその企業にとってどれぐらい役に立つかプレゼンして買ってもらうんです。

自分の場合はパワポで資料を作って面接に持って行ったり、面接の会議室にホワイトボードがあったら、それを使って実際に書いて説明したりしました。

どうせ落ちるなら、働いている会社の商品もアピールして売上につながればいいなと思ってやってました。

これはかなり効果があって、パワポの資料を作っていけば、口下手でも説明できるし、イラスト等があるから面接官が理解してもらいやすいんですよね。

面接官とかもやったりしたことも多いですが、こんなことやる人いないし、こんなことやる人いないよって企業の面接官に言われます。

パワポの資料作れます。プレゼン得意です。っていうより、面接で実際にプレゼンしちゃえばスキルわかってもらえますよね。こいつ提案力あるわって。

営業やコンサルティング、webディレクターやデザイナーなど非常に効果的です。

SEや技術屋、開発などのシステムエンジニアやプログラマーは実際にPCやタブレットを持ち込んで作ったものを見て触ってもらえばいいんです。

面接は座って答えなきゃいけないってことはないんですから。

そんなことしてたらFランから大手にそして外資系へ

こんなことしてたらFランから大手企業の自分の好きな会社に入れました。うつ病で辞めることになったけどね。今は転職して外資系で働いています。

理由は外資系に入って英語漬けの会社に行きたかったから。

外資系はいいですよ。正社員とか派遣とか契約社員とかの区別がないし、だれが正社員か派遣かわからないしみんなに平等。

外資系に入りたかったのは英語が話せるようになりたいからって書きましたが、英語は中学1年生で挫折しましたので英検4級です。でも英語をマスターしたいなら大手の外資に入ったほうがいいわって思ったので受けました。

世の中恐ろしいですよね。英語力0の人間が外資系の会社に入っちゃうなんて。そして海外と何度かメールやり取りしましたが、何とかなりました。google先生の翻訳のおかげで。

今後は海外に住みたいなって思ってます

英語が喋れないけど、パック旅行が嫌なので普通にガイド無しでアメリカ行ったら何とかなりました。タイもタイ語がわけがわからないけど前日に会話の本を買っていったら何とかなりました。

ようするに世の中、やりたいって思って、経験しちゃえばなんとかなるんですよね。その世界に飛び込む最初の勇気を踏み出せばいいんです。

学歴で悩んで大手を受けないというんじゃなくて、どうせ落とされるなら受けちゃおう!くらいの気持ちで受けるなら本気でぶつかればいいんですよ。

大手の面接官の話や新卒の就職ならグループ面接や合同説明会などで頭のいい人達の自己PRを盗めるチャンスがあるんですから。こういうのも経験して、すごいな。。それに比べて自分なんかって思わず。すごいな!これいただき!!という発想になりましょう。

まとめ

なんか適当に勢いで書いたから何書いてるかわからんけれど、ようするに学歴で悩むのは時間の無駄。どうせならあたって砕けて、砕ける前に相手のノウハウを盗もうぜということです。

ちなみに転職はDODAを使って1回50万~100万給料が増えました。大手にも入れました。俺なんかでいいの?っていう大手をたくさん紹介してくれます。無料で登録できるので言ってみるといいと思います。興味がある人ようにリンク貼っておきます。ハロワやリクナビNEXTは転職するとき使いません。時間の無駄ですからね。ハローワークは失業保険のために使いましたが

こんな記事も書いてます。