読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

牛丼屋で食べる人は底辺じゃなく心が裕福な人じゃないか

考え方

牛丼屋=底辺みたいな風潮があります。良くネタで書かれたりしていますよね。でもちょっとそれ違うんじゃね。もしかして底辺かどうかはわからないけど、心が裕福な人なんじゃないかなって思ったんですよ。

牛丼屋でごちそうさまをいう人が圧倒的に多い

ファーストフードやイタリアンレストランのランチで働いたり、夜の居酒屋やワインバーで働いたりしました。でもごちそうさまってあまり聞かなかったんですよね。

単価が安いお店からワインバーのような高級店まで幅広く働きましたが、あまり変わりませんでした。これ不思議なんですよね。

ワインバーかなり高くて高級なお客さんが多かったんですよ。サービス料もあるし、サービスして当然なんですけどね。常連のお客さんを作るのが結構得意でそういう人は「またくるね」とか「ごちそうさま」とかいってくれるけれど、他のお客さんって言わないんですよ。

不思議だなぁ~って思いました。でも何故か、牛丼屋にいくとほとんどのお客さんが先にお金払って食い逃げするわけでもないのにごちそうさまって言って出ていきますよね。

あれ不思議なんですよ。なぜか圧倒的に多いんですよ

牛丼屋に行くお客さんは意外と品がいいんじゃないか?

まあいただきますは聞いたこと無いけれど、きっと心のなかでは言っているのかな?何でだろう。まじめに生きていて最低限のマナーをしっかり守って生きているってことだよね。

そう思ったらもしかしたら、底辺じゃなくて、心が裕福な余裕がある人なんじゃないかって思ったんですよ。

仕事で忙しくて時間がない中ご飯を食べる。それを可能にしてくれる牛丼屋さん。あとは立ち食いそば屋さんとかもそうかも。

たったひとことだけど、ごちそうさまっていい言葉だなって改めて思ったわけですよ。

もしかしたら1人で寂しいからいっちゃうのかもしれないですね。

牛丼屋で食べる人まとめ

挨拶はコミュニケーションの基本です。それが出来るのは大事なことですね。ごちそうさまもお金を払ってるんだからじゃなくて、食べれることに感謝を込めていってみたらどうでしょう。

1人じゃなく家族と食べたり、好きな人や友達と食べるときには外食でもしっかり頂きますからすたーとしてみませんか

 

吉野家 牛丼の具 冷凍 135g×10個入り

吉野家 牛丼の具 冷凍 135g×10個入り

 

 

 考え方に関する記事はこちら