読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

転職エージェントの評判と口コミ年収100万UPの実体験談

転職エージェント 就職・転職 転職サイトまとめ

転職エージェントの評判や口コミが気になるを使うたびに給料が50~100万増えてさらに中小企業から大手IT企業に入社しました。その時の転職エージェントはリクルートエージェントでした。別の時の転職はDODAでした。これも大手がっつり給料アップ。その時の経験談や評判などを紹介していきます。

転職エージェントの評判がいいのは大手案件をたくさん紹介

当然中小も紹介してくれるけど、学歴関係なく、現職の会社の規模も関係なく自分の今までの経歴にあった会社を紹介してくれます。

普通、Fラン中小企業とかだと、みんなが知っている大手の会社なんか入れるわけないって思いますよね。自分は会社の業績とか。家の事情とかいろいろありまして、転職活動をしましたが大手なんてまったく考えていませんでした。だって入れるなんて思ってなかったし。

結果、社名は言えませんがこれを読んでいる人が使ったことがある、もしくは知っている会社に転職しました。それは転職エージェントの評判が良いリクルートエージェントのおかげでした。

他にもDODAやJACなどの大手転職エージェントを使って選考が進んでいました。こっちも大手の会社を紹介してもらって進んでいきました。すげーな転職エージェント。大体1回の転職で10社ぐらいの転職エージェントに登録しています。まあ過去のデータが残っているので職務経歴書と履歴書を更新するだけという簡単なお話。

まずどんな学歴や会社の人も自分でリクナビNEXTやハローワークだけで探さずにまずは転職エージェントに登録することをおすすめします。無料でリクナビとかに出てこない大手求人に応募できるなんて最高すぎるでしょ。

転職エージェントに登録し面談でその場で数十件の企業を紹介される

基本的には転職エージェントに登録すると面談があります。そこで自分のやりたいことや今までにやった仕事の内容やこれからのキャリアやどんな仕事につきたいか優先したいのは給料か残業時間か休みかやりがいか、などを1時間かけて話し合います。

事前に履歴書や職務経歴書などはネット経由で送っておくので職務経歴書の書き方や修正ポイントのアドバイスなどももらえます。

そうすると大体20~30件ほど希望にあった非公開の求人情報を紹介してくれます。めっちゃ便利ですよ。私の給料低すぎ!?じゃないですけど、もっと給料もらえる会社ありますので高く狙って行きましょう。とアドバイスされます。

年齢と経験をベースに、転職エージェントが紹介している実績から給料の適正値を提案してくれて、転職するなら給料も下げるんじゃなくて上げていきましょう!とアドバイスしてくれるのは心強い。

転職エージェントは履歴書と職務経歴書を書かなくていい

リクルートエージェントもDODAなどはその転職エージェントに履歴書と職務経歴書を登録します。そのデータを使って各企業に応募してくれるので履歴書を書く必要が無いんです。めっちゃ簡単でしょ。

そして、紹介してくれる求人はネットで管理できて、応募したい求人にボタンを押して応募する。を押していけばいいだけです。これだけで1ヶ月もあれば100件以上余裕で書類選考してもらえます。

求人はメールで担当者が選んで送ってくれるので基本応募したいものばかりなのです。ほぼ毎日、数件の求人案件がメールで連絡が入ります。

書類選考の通過率はだいたいどの転職エージェントも同じようなデータを出していて30%ぐらいです。内定が撮れるまでに応募する会社数は30件程度です。

これを1人でリクナビNEXTとかマイナビとか使って、履歴書書いて送ってってやってたら30件数応募するだけでも1ヶ月以上かかりますよね。マジ不毛な時間です。

聞きにくい残業時間や有給の取得や給料交渉全部やってくれる

個人で転職活動していると、面接で聞きにくいのが残業時間と有給が取れるか休日出勤はどれぐらい有るか。あとは給料の交渉ですよね。これ全部専任の担当者が全部やってくれます。とくに給料は担当者が相場をわかっているので下手に下にでるのではなくて上にでてしっかり給料をもらうことが出来ます。

入社時に給料が低いとなかなか昇給は難しいので、給料は転職時に上げていかないと今の時代上がりません。転職するときは絶対に給料を増やす!という意志で望むことが大事です。面接が進めば最後は給料交渉で内定出るか出ないだけなのでその時にお互い調整すればいいわけなのです。

そして希望年収は高いほうが、前向きな転職だと思われます。自分のスキルを伸ばしたい、もっと条件のいい会社で働きたいっていうのが単純にお金で伝わりますからね。

だからこそ、給料は下手に下げて提示すると前の会社で何か合ったのかなとか勘ぐられるので下げて提示するの早めておきましょう。

ライフワークバランスを考えてとか別の理由があって、しっかり説明できれば給料下がってもいいと思いますし。やりたい仕事ができるなら多少下がってもなどでもいいと思います。

企業面接で聞かれること質問も事前に教えてくれる

転職エージェントは面接を受けた人に対してどんな質問を受けたか全てノウハウとして企業ごとに蓄積しています。そのためどんな質問がされるのか、事前に知ることができるので対策が取りやすいです。

さらに面接官の印象やどんなタイプの人が面接に通りやすいかなどのアドバイスももらえるので、それに合わせて結論から完結に話したり、情熱重視で話したりなどの戦略を取ることが出来ます。

相手の好みに合わせて面接が受けれるのは非常にいいですよね。どんな人なのかわかっていれば面接の不安もなくなります。

転職エージェントの評判の強みは一人じゃないと思えること不安じゃない

転職活動は1人で孤独なものだと思っていませんか?リクルートエージェントやDODAは専任の担当者がつきます。そのため就職活動の最初から最後までずっと同じ人と悩みやどんな会社がいいかを共有できます。

転職は現在の会社の人に相談できないし、本当に孤独ですが、愚痴をこぼせる人になってくれたり、応援してくれたり、一緒に喜んでくれたり本当に頼もしいです。就職活動を乗り越えるためにも無料なのでぜひ登録して自分にあった会社を見つけてくださいね。

ちなみに今の会社はDODAで転職しました。本当にいい会社を紹介してくれて良かったです。ありがとうぅ!そんなわけで転職に悩んでる人は登録をして話をきいてみるだけでもいいと思います。

自分の市場価値がわかりますし。世の中って学歴だけじゃなくて経験で判断してくれるんだと勇気がわきますので。

リクルートエージェントとDODAの2つは絶対に登録した方がいい

転職エージェントは持ってる求人案件は被ってたりしますが、当然それぞれ独占契約の企業もあります。そのため転職エージェントはたくさん登録した方がいいです。あと業界専門の転職エージェントも多いのでそっちもあわせて登録した方がいいです。

実は結構裏ワザですが、大手だと片方の転職エージェントで落とされても別の転職エージェント経由で申し込むと人事担当が違ったりするので書類選考で落とされても、別会社経由で書類審査通ったりします。なのでしれっと応募するのがおすすめ。

リクルートエージェントとDODAのどっちに登録したらいいの?と聞かれた時の回答は、東京なら両方とも東京駅を挟んでオフィスがあるから両方いったほうが楽です。

詳細はこちらの記事でまとめています。

給料が1番増えて中小企業から大手に入社させてくれたのはリクルートでした。とにかくリクルートから登録するのがお勧めです。

まあ東京で登録する人はどちらも東京駅のそばにあるので同時に登録して、面談の日を同じ日にすれば楽ちんですよ。

就職活動・転職活動に関連する記事