読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日記ブログをコンテンツに変える5つのライティング方法

ライティング ブログ運営

日記ブログを毎日更新してもアクセスが増えない。そんな悩みを抱えているブロガーさんが多いと思います。みんなみたいに面白い記事が書けない。人のためになる記事が書けない。そんなことないですよ。ちょっと意識を変えて記事を書けばコンテンツに早変わり

日記ブログは体験談コンテンツ喜怒哀楽の感情を書こう

日記ブログってその人が日々感じたことを書き続けているブログですよね。なんとなくただ書いているだけじゃもったいないです。

そこに、感じたこと喜怒哀楽を追加していこう。例えばこの記事を書いている日曜日何をしたか。

一言で言うと1日寝ていた。

これに感情を入れていきましょう

平日の仕事が大変で休みになると1日寝てしまう。でも寝るのが大好きだからいいんですよね。でもちょっと反省。みんな遊んだり楽しんでるんだろうなぁ~っと思いつつ、それでもインドア派だから布団のもふもふ感がたまらない。だらけている自分にちょっと悲しくなったけれど。それでもいいよね。

こうなるとちょっと書いてる人の気持ちがわかりますよね。さらにステップアップしていきましょう。

日記の続きにメリットとデメリットを続きに書いてみよう

1日寝ているデメリットは洗濯とお掃除をサボっちゃうことですね。わかっているんだけど一人暮らしだと自分のことだけやってればいいからいいんです!結局、起きてから洗濯しましたけどね。

メリットは無駄なお金を使わないことです。引きこもりバンザイ!貯まるよ!貯金が貯まるよ!

まとめと目標を書いてみよう

1日寝てみた結果。お金は使わない。これは本当に良いことだね。でも洗濯は午前中干したほうが気持ちがいいので、月に1回ぐらいは仕事と同じ時間に起きて洗濯と布団を干して気持よく生活できるようにしよう。

ここまで書くとちょっと日記がコンテンツっぽくなりますよね。まず最初はこれぐらいを目指して書いていくといいです。慣れたらもうちょっと記事っぽく書いていくためのステップに進みましょう。

読者視点を意識して問いかけを入れると自然と回答もかけるように

仕事で疲れて休日は1日寝て終わってしまう人は多いのではないでしょうか。実際自分も寝て1日終わってしまいます。

掃除洗濯などやるべきことは休みの日でもあるのに。今回はインドアで寝るのが趣味な人も、さすがに土日連続で寝てしまうと後悔が生まれます。そんな後悔を振り払うために1日寝て過ごすことの罪悪感を無くす方法とメリットを紹介します。

完全に休むぞモードの準備をしておけば後悔がなくなる

  • 金曜の夜に土日の食事を買い込んでおく
  • 金曜の夜に掃除洗濯を終わらせておく

これをやっておけば、土日はぐっすり寝てられます。もう何もしなくていいんだ~っと幸せ気分で寝ることが出来ます。

これは仕事モードでいる金曜の夜にやっておくと面倒臭がらずにやっておくことが出来ます。

休みはとにかく休む。これを徹底するためには前日の準備が必要なのです。

こんなかんじで問いかけモードを入れると自然とその問いかけに対しての回答もブログに書くことが出来ます。

今後の目標なども書いておくと次の記事ネタになる

普通に記事を書いて終わってしまうのはもったいないです。記事の最後に今後の目標や紹介したい内容を書いておきましょう。

実際にブログを書いていると、これ紹介したいなでも今回の記事と関係ないなって事ありますよね。

それを最後に今後の目標や次回は、と言った形で予告を残しておくんです。そうすると気になる人は読者登録などしてくれるし、自分自身が次どんなことを書こうかなって思ったときに、悩まなくていいわけです。

例えば、寝て過ごす1日を朝からカフェに行って過ごす生活に切り替えたい。とか書いておけば、実際にやるだけで日記ブログが実際にそれに向けてやる体験談コンテンツになりますよね。

  • 朝早く起きる方法をいろいろ試した
  • なぜ朝からカフェに行きたくなったか

こういう切り口で記事が書けるわけです。

そんなわけで日記ブログをコンテンツに変えるライティング方法

  • 喜怒哀楽を加えよう
  • メリット・デメリットを書いてみよう
  • 今後の目標や紹介したい内容を書いておこう
  • 最後にまとめを書いてみよう

これらをやるだけで最初1日寝てたという記事がだいぶ膨らみましたよね。特別なことをしなくても普通にあなたの日記ブログがコンテンツに早変わりしてアクセスアップしていきますよ。

この記事を書こうと思ったのは日記ブログってアクセス稼げないっていうのをちらっとどこかで見かけたので、とりあえず書こうかなと思って日記ブログをコンテンツにする方法というタイトルだけ思いついて勢いで書きました。