読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワークライフバランスの意味は毎日定時で帰ることではない

仕事 考え方

定時で帰って自分の時間を毎日作ることをワークバランスだと考えていたら間違えています。定義としては仕事と生活の調和で、両立するということです。そんなお話をしていきます。

就職転職の質問でワークライフバランスが増えている

いろんな会社の人事の人達と話をしていると、最近はワークライフバランスはどうですか?という質問が増えていること。まあ、これってぶっちゃけ『残業時間』が多いか聞いているんですよね。横文字って便利ですね。

実際問題、過労死や働き過ぎでうつ病になる人や、生活を犠牲にしてまで働いている人もいるし。働くために生きているみたいな状態だなぁって思っていた時期も自分にも有りました。できれば残業なんてしないでさっさと定時で帰って好きなことしたいですよね。でもワークライフバランスって定時で毎日変えることではないんですよ

忙しい時は残業をして暇な時はさっさと帰る全体平均で考える

仕事には繁忙期もあれば閑散期もあります。例えば、12月や1月の年末年始はクリスマスやお正月で小売店やデパートが大繁盛して大忙しです。

2月は確定申告で税務署は忙しいし、5月はゴールデンウィークで観光地は忙しいし、6月のジューン・ブライドで結婚式場は忙しい。まあいろいろ季節や職種によって忙しい時期は変わってきますよね。

それをワークライフバランスを大事にしたいから絶対残業はしません。暇な時も忙しい時も定時で絶対帰ります。ではバランスも何もないですよね。バランスをとるというのは左右に揺れて倒れないようにすることです。

仕事と生活の時間を固定することはバランスをとるとは言わないですよね。ワークライフフィックスとでもいうのかな。

忙しい時は体を壊さない程度に残業をして、普段は出来る限り無駄なく働いて定時を目指して、トータルで考えることが大事です。

うつ病になって体を壊して引っ越したりしたりして心療内科の先生やカウンセラーが変わりましたが、どの先生もできれば決まった時間で帰ることが一番いいけれど、ワークライフバランスはどんな仕事でも忙しい時もあるし、絶対に残業しないではなくて、忙しい時は残業もすることも大事だよ。無茶はしちゃダメだけどね。と言われました。

そりゃそうだけど現実問題無理だよそんなの!って諦めるより、忙しい時は残業して、普段はとにかく早く帰ろう。そんな仕事につこうと思って転職しました。人事にキャリアチェンジして今は新卒シーズンなので人事は忙しい時期です。

もしもワークライフバランスをとにかく早く帰ると頑固だったらきっと辛い思いで働いていたと思います。でも今は忙しい時期だからみんなで乗り越えましょうね。と言い合って他の人が忙しかったら手伝ってから帰るほうがストレスがないなぁって思えるようになりました。

もしも、仕事と生活を逆に考えたら絶対に定時で帰る代わり、絶対に遅刻も突発的なことでも休みませんみたいなものだよなぁ。どっちも持ちつ持たれつがバランスってもんですね。

でも今日労働基準法改正案が閣議決定!残業代ゼロに!?

1075万円以上の研究開発や金融関係の為替ディーラーやアナリスト、コンサルタントなど専門分野に特化人達が残業代ゼロになる労働基準法改正案が閣議で決まりました。

ちなみにこれは高度プロフェッショナル制度やホワイトカラーエグゼンプションといわれたります。

この研究開発の中にIT関係の開発者って入るんですかね。PM・SE・プログラマーどこまでですか。企画職もコンサルティングしますよね。これも対象ですか。おっかねぇ~。どうなるんだろう。

まあしっかりした会社なら残業代は出すんだろうね。出しちゃいけないわけじゃないんだから。これを勘違いした経営者が年収関係なく残業代は出さなくていいんだ!!とかいいそうで怖い。

国会で通るまではわかりませんがどうなることやら。平均給与は500万いかないので超える人は大変だなぁ~って思ってたらなし崩しでどんどん下がってきそうですよね。

ちょっと暗くなってきたからまとめよう

まとめワークライフバランスは残業をしないことではない

日本人は働き過ぎだから、みんなが残業しないで帰るぞ!!ぐらい言ってもいいと思いますが、やっぱり忙しい時は忙しいものですよ。自分が休みの時に誰かが忙しく働いてくれるから楽しめることってあるじゃないですか。

もしも、医者がワークライフバランスが大事なので絶対に定時で帰ります。と言い出したら?電車やバスの運転手が天候や交通事情で遅れているのにアナウンスで定時なので帰ります。お客様は代わりの運転手がくるまで待っていてください。となったら?

本当に極端な話ですけれど、忙しい時はイヤダイヤダ思いながら働くより、さっさと帰るために片付けるぞって思って働いたほうがいいですよ。

早く帰りたいなら別の仕事に転職するとか全然別の仕事をやってみるとか、雨風しのげて質素に健康に働ける仕事を探してみてもいいじゃないですか。

理想論かもしれないけれど、現状を変えることには不安はつきものですよ。自分はもう辛い思いをしていい給料もらうくらいなら、給料が格段に下がったけれど自分は今のほうが幸せですわ。最悪もう最低賃金のバイトでもいいやって思ってたぐらいですもの。

病気で仕事を失う恐怖に比べたら働けていいなって思います。

過去は変えられないけど、行動すれば今と未来は変えられますよ。

相変わらずまとめが長い。

あなたにおすすめの仕事や考え方の記事