読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

外資系は仕事メールの仕方が効率的すぎて英語便利だなと感じた

仕事 英語

日本の仕事のメールって無駄に長いですよね。要点が出てくるまでの話が長い。日本語は動詞が最後にくるから、結論も最後になりやすい。その分英語のメールは結論が先に来るんですかね。

日本企業から外資系に転職して感じたメール文化の違い

日本の企業だと社内メールは次のようになりますよね。

●●さん

おつかれさまです。▲▲です。

先日お願いしました件ですが・・・・・・以下略

どうぞよろしくお願いします。

これが外資系だとこんな感じ

●●さん

・・・・・・をお願いします。

▲▲

まとめると次のようになります。

  • 誰宛か
  • 依頼内容
  • 送信者名

余分なかしこまった文章とかが無いんですよ。これ慣れると本当に楽です。メール全体の分量が減るので、返信が早くなります。レスが多い内容の場合、名前すらなくなりますね。上司と部下関係なく。チャットかよ!みたいな感じになります。

日本人は細かいところまで気を使って文章を考えますが、そんな時間本当にもったいないですよね。端的に書くのが楽すぎて、日本人って本当にメール無駄が多いなぁ~これはメール処理しているだけで仕事の時間が奪われていくと感じました。

海外の担当者とgoogle翻訳を使ってなんとか英語のやりとりしますが、やっぱり送られてくる英語メールは本当にシンプルです。

こんなかんじでいいんだなぁ~そしてフランクな感じなのでむしろ日本より丁寧というか親しみがあります。

外資系のメールは効率的で英語が使えたらもっと楽しそうまとめ

英語が喋れず、書けずですが、なんとか外資系で生きています。とりあえずなんとなくゆっくり聞き取れるとか辞書を見ながらなら読める感じです。英語への抵抗がなくなりました。まあ、なんでも習うより慣れろですね。

英語って便利だなー!効率的だなぁ~っとあらためて思いました。ぜひ、社内メールを使うときには、いちいちお疲れ様です。▲▲です。とか書かずに、要件だけ淡々と書くことを意識してやってみるといいですよ。

まあ最初すごい抵抗がありましたが。自分の常識にとらわれない考え方って大事ですね。

あなたにおすすめの仕事に関する記事