読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

道端に溶けたアイスクリームが落ちているのをみると涙がでる

考え方

夏、みんなのちょっとした時間を彩るカラフルなアイスクリーム。幸せな時間と笑顔をくれるアイスクリーム。溶けたアイスクリームが道端に落ちている

誰が買ってくれて誰が落とし誰といたのアイスクリーム

観光名所も近い。そんな道端を歩いていると時折見かけるコーンと溶けたアイスクリームの後、その姿をみると胸が苦しくなる。

カップルで彼女が落としたのかな?それならきっと彼氏が食べてるアイスクリームを分けてくれるよね。それなら、おっちょこちょいだなぁ~っで、むしろ笑いになるかな。

お父さんやお母さんと子供の家族で、子供だけ食べてたアイスクリームだったら。子供はショックだろうな。

両親はまた買ってあげるからっていうんだろうけれど、子供にとっては、自分で気軽には買えない両親からの特別なアイスクリームだから、悲しくて泣いちゃうんだろうな。両親は困った顔をして抱きしめてあげるんだろうな。

子供はごめんなさい。ごめんなさいって謝って泣いちゃうんだろうなぁ。悪気がないのにそう思うと悲しいなぁ。

兄妹で夏休みにおじいちゃんやおばあちゃんからお小遣いを貰ってアイスでも買っておいでって言われて、嬉しそうにアイスクリームを買いに行って、手をつなぎながらお店に行くんだ。

そして、買って食べながら家に向かう兄妹は、妹が転んでアイスを落としちゃったんだ。お兄ちゃんは妹の心配とアイスの心配をするけれど、アイスはもうドロドロで食べられない。

泣く妹にアイスをあげようとするけれど、これじゃないとやだぁあ!ってだだをコネてお兄ちゃんを困らせちゃうんだ。

そして、距離をおいて家に帰るんだ。そして、お兄ちゃんはおじいちゃんとおばあちゃんに、その話をしてる最中に泣き出しちゃうんだ。

僕はどうすればよかったの?僕もアイスを落とせばよかったの?教えてって泣いちゃうんだ。

そして、おばあちゃんがお兄ちゃんを抱きしめて、おじいちゃんは妹のところにお話を行くんだ。そうするとお兄ちゃんにひどいことを言っちゃって、って泣いている妹とお話をするんだ。

結局、妹はお兄ちゃんにごめんねをして仲直りするんだ。

そして、お母さんとお父さんに内緒だよって言って、4人でこっそりまたアイスを買いに行くんだ。1日に2回もアイスを食べると怒られちゃうからって。

誰が落としたかわからないアイスクリームをみると、誰が落としてその後どうなったのかなぁって思うと、つい想像して悲しくなってしまう。

アイスクリームは椅子に座ってテーブルで食べて欲しいな。