読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

有給休暇届け取得の理由に私用を止めてパワハラを防ぐ

仕事

有給休暇を取得する際に届け出に私用によりと書くと思いますが、ブラック企業や上司は細かい理由を聞いてくるパワハラをしてくるので別の理由で対策しよう

有給休暇の理由はプライベートで個人的な理由によりで

有給休暇取得届けに理由を書く欄を設けることは違法ではありません。旅行とかで事故があった場合に、出社しなかった時に連絡を取れるようにしたい人もいるでしょう。

でも殆どの人が『私用により』を当たり前のように使いますよね。これが定番化しすぎているので気軽にパワハラ上司が理由を聞いて来て、承認しないようにしますよね。それを回避するためには定番の『私用により』を書いちゃダメなんです。ではどうするか、個人情報にうるさい時代をしっかり行きましょう。例えばこんな感じ

  • 個人的でプライベートな理由により
  • 繊細なプライベートな理由により
  • 個人的なプライバシーな理由により

結局書いている内容は私用によりと同じなんですが、横文字を使って書くと、ちょっと緊急度があがりますよね。理由を口頭で聞かれても、ちょっとプライベートな理由なのでお話することが出来ません。で行きましょう。

もし突っ込まれたら、解決して気持ちが落ち着いたらお話します。あまり聞かないでください。で乗り越えましょう。さすがにここまで言われたら、突っ込んでくる上司は少ないはずです。

それでも突っ込んでくるパワハラ上司対策

まあパワハラ上司の場合は更に突っ込んでくることも多いですが。そしたら分かりました。では辛いですが諦めます。はぁ終わったなぁ。

そして1ヶ月ぐらいぼっちでご飯をして、仕事以外で誰とも会話もせず、笑顔を出さず、上司に話を振られても、端的に答え、大丈夫か?相談にのるぞっと言われても、はぁまぁもう終わったことですし。取り返しつかないですから。じわじわ相手のメンタルを削りにいきましょう。

そして周りに心配されたら、申請した有給が取れたら違ったんだけどねぇ。個人的なことだから聞かれても答えたくなくて、諦めたんだ。。。っと言ってまわれば、これで周りを味方につけることが出来ます。

こういうのは情報戦なので、弱いものをみると周りは見方になってくれます。ここまでは実は、下地を作りで、本命の有給取得の時にはすんなり通るようになっていると思います。

有給を取るためにそこまでしなきゃいけないの?っと思いますが、ブラック企業やブラック上司の場合、これぐらいやって上司を孤島にしてしまえばいいんですよ。

そしてそんな会社の場合はさっさと見切りをつけて転職活動しましょう。休む下地が整ったら、午前半休とか2時間だけとかで休みを取りやすくなっていると思うので、面接時間も確保できると思います。

諦めずに情報戦と知略を尽くして、休めるようにしましょう。

あなたにおすすめの仕事に関する記事