読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英語のリスニング教材おすすめduoを通勤通学で聞くだけ

英語

英語のリスニング向上教材おすすめduoを通勤通学で聞くだけ

TOEIC対策で英語のリスニング力をアップさせるためにやっていることはduoを通勤の電車で聞くだけです。外資系企業に入ってこればっかりやってます。

リスニング力をあげたいならDUOで英語を聞くこと

TOEICの受験勉強で大事なヒアリング力を上げるためにやっていることは通勤退勤時の電車で英語リスニング教材のduoを聞くだけです。なぜduoをひたすら聞くのか、いろんな資格を取得しましたが、一番効率がいいのが1つの教材を繰り返しやることです。

そこで、英語のリスニング教材はduoと決めて、意味がわからなくても、とにかく単語を全て聞き取れるレベルまでは繰り返し聞くことで、英語が聞き取れる耳になっていきます。

英語が聞き取れたら、自然に何を言っているか興味が出てきます。この単語の意味が知りたい。あれ?知ってる単語が聞き取れるぞ。そうなってからduoの本を読んで意味を調べればいいんです。

勉強や知識は興味を持った時に1番覚えることができます。だからこそ、最初はとにかく聞き流し、英語に慣れることが大事、そこから興味を持ったら単語を調べる事で効率よく単語の意味も覚える事が出来ます。

日本語だって知らない言葉を聞いてから意味を知る

日本語だって、わからない難しい言葉は最初言われても聞き取れないですよね。「聞き取れなかったのでもう一回教えてください。」となります。

聞いて、意味がわからなければ教えてもらう。普通の流れです。なぜ、英語の勉強になると黙々と単語帳から始めるのでしょう。

外人でも英語は喋れて書けない人がおおい世界だから、とりあえずヒアリングからやればいいじゃん!と思ったわけですね。もちろん英単語の勉強もしてますが、英語はリスニング教材を主軸に単語を勉強しているかんじです。

英語のリスニング教材はduoでTOEIC対策

毎日DUOを流して聞いているだけでヒアリング力がかなりアップしています。聞き取れる単語数も増えてきました。外資系で働いていてネイティブな日本人上司もduoはおすすめと言ってました。

ぜひ、duoのCDをiPhoneなどのスマホに入れて聞き流して見てください。そして、duoのテキストで確認すれば効率よく単語も勉強できます。ちなみに間違えてテキスト2冊買ってた。。。

以前、英語のニュースアプリでヒアリングを勉強したりもしていますが、こちらはよく使わられる単語や最新の単語を覚えるために使っています。リスニング専用というわけではありませんが、2分ほどのニュースが英語で聞けて、英文で読めて日本語訳もかいてあるのでオススメです。

できるなら英会話をやるのがいいですね。とにかく安くて無料体験できるものを集めてみました。

DMM英会話の評判と体験レッスン講師評価など勢いでやってみたので紹介

オンライン英会話13社比較して25回無料で英語レッスンを受ける方法

あなたにおすすめの英語勉強法記事