読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事のやりがいモチベーションを感じる5つの時と対処法

仕事

仕事のやりがいモチベーションを感じる5つの時と対処法

あなたの仕事のやりがいはなんですか?ついついマンネリ化している仕事に対して見つめてみて仕事のモチベーションを探してみましょう。嫌なことも仕事のやりがいになります。

1番仕事のやりがいがあるのは給料が増えること

どんなに綺麗なことを言ってもお金がないとやっぱり将来は不安です。給料が増えることはかなりのモチベーションになりますよね。

でも、最近はなかなか収入が増えないんですよね。長く働いても給料が増えるどころかボーナスがでない会社も増えています。

これはモチベーションが下がりますよね。仕事を長続きする。お金があれば安心して生活できる。結婚もしやすいし、子供も我慢しなくていい。

1日の半分近くを出勤の支度から仕事と通勤で使うほどです。お給料はかなり大事です。

もし頑張っても給料が増えないなら他のモチベーションを探すか、転職したほうがいいですね。

上司からいい評価を得ることも仕事のやりがい

お金も大事だけど、やっぱり人から評価されること褒められることは嬉しいですよね。正当に評価されれば給料だって増えるのに!って繋がりますし。給料が増えなくても、いい上司だと、理解してくれて困った時も助けてくれる。

仕事を評価してくれるということは、その上司が素敵な上司ってことですよね!素敵な上司になるために、しっかり部下を褒めて嘘偽りなく接しましょう。

顧客から感謝されるありがとうは嬉しい

仕事で嬉しいのがありがとうっと言われることです。人から感謝されるのは本当にモチベーションが上がります。この仕事しててよかったなぁ。大変だけど感謝してくれる人がいるから続けられるということもおおいです。

看護師や看護婦、介護士や警察官や消防官に自衛隊。みんなが本当に困ってる時に助けに現れるヒーローみたいにはなれないけれど、一般企業の事務などでも時々ありますよね。

営業などは顧客がいるからいいですが、内勤は決まった人とのやりとりでモチベーションが下がり気味の時もあります。周りの人はありがとうを率先して使いましょう。

みんなすみませんばかり言ってませんか?お願いしてやってくれたらありがとうっていうんですよ。これだけで社内の雰囲気が変わります。みんなのモチベーションがあがります。

同僚や部下から頼りにされる

同僚に頼りにされるのは嬉しい。あの人との仕事なら安心だ!そう言われたらもうやるしかないっしょ!ってテンションが上がりますよね。

新卒社員が入った時は先輩になった!助けてあげたい!って思いますよね。やけに張り切ってしまいます。

でも、いつの間にか、そんなの自分でやれよ!自分で考えろよって突き放してしまうそんな時ありませんか?

新しい同僚や後輩や部下からができた時の張り切っていた自分を思い出してください。きっと思い出せばたすけてやるかー!ってなります。助けていけば、喜んでくれます。それがあなたのモチベーションに繋がりますし、評価にもつながりますよ

新しい仕事を任されるとやりがいアップ

新しい仕事は自分が今まで積み重ねてきた仕事の結果が認められたことです。忙しいと、もう新しい仕事できないよ!ってなりますよね。ルーチンの仕事をしていると、新しい仕事を任されると不安になることもあります。

でも、あなたが会社に貢献して、存在感がでてきて、この人なら大丈夫だ!やってくれる!と頼られている証拠です。

もし、新しい仕事はが任されたら、一度考えてみましょう。

  • 任されたと思えば嬉しい
  • 押し付けられたと思えば辛い

たったこの違いです。ぜひ考え方を変えてみましょう。新しい仕事が来るたびにやりがいを感じられるようになりますよ。

まとめ仕事のやりがいモチベーション

仕事のやりがいには給料や評価、同僚や部下に頼られる、お客さんに感謝される、新しい仕事を任せてもらえる。

様々ありますが、どれも前向きに行動して、ポジティブに生きていけば叶います。逆に人の悪口や文句ばかりを言っていると評価は下がりますよ。

嫌なら転職。でも転職しても同じことがあるかもしれない。そうなる前に、まずはポジティブに人を助ける感謝するという当たり前だけどなかなかできていないことからはじめてみませんか?

あなたにおすすめの仕事記事