読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログを書く人の不安を吹き飛ばすための10の質問

考え方 ブログ運営

ブログを書く人の不安を吹き飛ばすための10の質問

ブログを書いていて長続きがしない、アクセスがアップしない、楽しんでもらえているかなどいろんな不安や疑問などがあると思います。そこでブログを書く人が不安になった時に初心に立ち返るために10の質問を作りました。

この質問の目的はブログで行き詰まった時の自分への支え

ブログを書いていてモチベーションに繋がりやすいのはアクセス数だと思います。でもアクセスが増えないと書いていて意味があるのかな?時事ネタに走ったほうがいいのかな?

炎上系の記事を書いてアクセスを稼いだほうがいいのかな?とかブログを始めた時の気持ちとだんだんブレてきてしまいます。

アクセス数はポイントを押さえていればついてきます。よく記事を毎日更新することだったり、SEOのテクニックなどがありますが、SEOではなくてもっと基本的で大事なポイントを質問形式にまとめました。

自分が悩んだ時や、記事を書くときにこの質問を答えておけばスランプから脱出することが出来ます。

質問形式ですが、これを答えていけばあなたのブログ自体のコンセプトや目的にもつながりますのでどこかにメモをしておいたり、ブログで書いておくと良いですよ。

ブログを書く人の不安を吹き飛ばすための10の質問

それでは10の質問を紹介していきます。

  1. なぜブログを書こうと思いましたか?
  2. ブログをどんな人に読んでもらいたいですか?
  3. 読んだ人にどうなって欲しいですか?
  4. 自分はどう成長したいですか?
  5. ブログが軌道に乗って調子に乗った自分に伝えたいことは?
  6. うまくいかなくて凹んでいる自分に対して伝えたいことは?
  7. ブログ以外に大切なことや大切にしたいことは?
  8. 人生でチャレンジしたいことは?
  9. ブログを書いていて嬉しかったことは何ですか?
  10. ブログを書いちゃダメな日があったら何をしますか?

まとめこの記事で伝えたいこと

ブログで試行錯誤するのは楽しいけれど、いつもうまくいくとは限らないし、書きたくない日だってありますよね。

そんな時、自分自身で自分を叱ったり起こったり励ましたり、気分転換の方法を勧めたり。そんなことをしてほしいなと思うんです。

人の意見は素直に受け入れられないけれど、自分自身の言葉は素直に受け止めることが出来ます。

ブログにかぎらず仕事や人生には良い時も悪い時もあります。そんな時に一度立ち止まって振り返るタイミングに使ってほしいなと思います。

あなたにおすすめの記事