読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

外注ライターを使ってブログで稼ぐ方法とランサーズの評判

ブログ運営 お金・マネー・節約 ライティング

外注ライターを使ってブログで稼ぐ方法とランサーズの評判

ブログで稼ぎたい!アドセンスやアフィリエイトで稼ぎたいそんな人に初めて外注ライターをランサーズやクラウドワークスなどで失敗しない方法を紹介します。

なぜランサーズやクラウドワークスで外注ライターを使うのが不安か

初めてクラウドソーシングのランサーズやクラウドワークスで外注ライターを雇いたいけど発注できない理由としては次のようなことをあなたは思っています。

  • 外注ライターを使ってもコピペの文章が納品されないか
  • 質の低い文章が納品されたらどうしよう
  • 外注ライターを使って損をしたくない

コピペ文章で炎上したくないし、使えない文章が納品されて払ったお金を損したくない。

変な外注ライターにあたってやり取りに時間をかけたくない。こんな不安があると思います。逆に言えば変な発注する人もいますけどね。

自分も初めてランサーズ使うときは不安でした。でもうさもふは複数サイト運用しているので外注ライターさんを使わないと手が回りません。

では初めて使った時の条件などをご紹介します。

ランサーズやクラウドワークスを使う時はブログで稼いでから

いきなり外注ライターをつかってアフィリエイトサイトを作ったりアドセンスサイトを作ったりすると間違いなく失敗します。

大事なことは自分がライターとして記事をたくさん書いてどんな記事が人気が出るか、売り上げが上がるかなどを実際に体験する必要があります。

そこで実際にブログで稼げるまで自分でやります。

いくらぐらい稼げればいいのか?と思いますよね。

月に1000円稼げるようになるまではせめて我慢しましょう。月に1000円稼げればランサーズやクラウドワークスに全額使っても数件記事を依頼できます。

大事なのはブログで稼いだりサイトで稼いだ利益だけで運用することです。

お金を稼ぐ以上に大切なことは損をしないことです。資産がマイナスになるようなことをしないことが大事です。

ランサーズのライターの評判を気にせずリライト前提で依頼する

最初は投資できるお金は少ないです。でも安すぎる案件ではいいものが上がってこない不安があると思います。

そこで安く発注するかわりにコピペ禁止以外の条件を書かないことがだいじです。そして、その上がってきた記事はリライトして書き直すことを大前提にしてください。

自分が書く時間の短縮と他の人が書くヒントをそこから得るのです。

だから内容は気にしない。使える部分は使うぐらいの気持ちでいましょう。

外注ライターを時給で考え簡単に書ける内容で提案

外注ライターに発注するときは、1文字1円などのボリュームで考えるよりも、その案件がライターが1時間で時給いくらになるかを考えて発注することが大事です。

では具体的にどんなように出せばいいのか。

初めて出すなら100円で400〜500文字ぐらいで依頼しましょう。これを見ると安すぎると思う人もいると思います。

がっちり調べて書くなら安いですよね。でも5分ぐらいで書ける内容なら悪くない条件です。

例えばランサーズの評判を調べたい時や外注ライターを使って稼いでいる人などの情報を記事にしたい時にランサーズやクラウドワークスに依頼するとしましょう。

  • ランサーズでどんな風に案件を探していますか?
  • ランサーズの評判を教えてください
  • どんなライティングの依頼が好きですか?
  • ランサーズであった嫌なことを教えてください
  • 外注ライターで稼ぐコツを教えてください

条件はコピペはしないでください。これだけでいいんです。これならランサーズを使ってる人ならすぐ書けるし、気楽な気分でかけます。

逆に、1文字10円だとした場合に400文字だとします。4000円ですよね。医学の専門的で最先端の技術及び研究結果についてまとめてください。といったものだった場合に美味しいお仕事だと思えるでしょうか?

専門性が必要で難易度が高いといったものの場合、調査などで非常に時間がかかりますし、書くのも非常に大変です。

極端な話ですが、1文字いくらで考えるよりも、この仕事を受けてくれる人が時給でいくら稼げるかを考えて発注することが大事です。

それに合わせて、その専門性に対してプラスアルファスキル料を払うわけです。

誰でもライティングできて、なにも考えずにすぐに作業が取り掛かれる案件は安くてもすぐに終わるので十分需要があるのです。

外注ライターも発注元も最初はクラウドソーシングの初心者

安い料金で発注している人が悪い、安い料金で受注する人が悪いなど言われていますが、受注する方も発注する方も最初は初心者です。

  • 発注側は相場がどれぐらいか調査するために安い金額で出す
  • ライター側は初心者なのでかんたんで責任が低い慣れるための案件をやる

このように最初はライターも発注会社も初心者なのでまずは試しに出してみる。書いてみるという事が必要なのです。

だからこそライター側も発注側も経験を積むために安いところから始めてスキルアップをしていくのです。

ライターはみんながやらないような仕事もまずはライターとしての経験や実績を積み上げることができます。やった仕事の件数は実績になります。いろんな情報収集の仕方はノウハウが溜まっていきます。

そうすることでいろんなジャンルの記事をかけるようになります。

発注企業などは単価が安すぎて集まらない。もっといい記事を書いてもらうためにはどうしたらいいか、単価はどれぐらいが適正価格か、値段を上げてもいい記事が上がってこない時のノウハウが蓄積していきます。

このように最初は安い単価からお互い初めて、少しずつランサーズやクラウドワークスの使い方をレベルアップしていくわけです。

ブログもそうですよね。いきなりすごいアクセスを稼げて利益が出せる記事が書け人は殆どいません。

しかし、数をこなしていい記事を書いていこうと思えばスキルアップして稼げるようになるのです。さいしょはどんなものも慣れるしかないわけです。

ちなみに自分はライターとして経歴をガッツリ書き込んでいるので、ほとんど実績がなくても1文字3円以上の非公開依頼ランサーズで来たりします。でも自分用に書いたほうが稼げるんですよね。。。

だからライターをやる人は少しずつ実績を作りながらプロフィールも更新していきましょう。

まとめ外注ライターを使ってブログで稼ぐ方法はまずは簡単な内容で

とにかく簡単でリライト前提で書いてもらいましょう。100円で500文字ぐらいのタスクで誰でも書けるだろうけど、自分で書くのがめんどくさい自分はターゲットと違うと思うと思うような案件を出していきましょう。ほぼ間違いなく受注してくれう初心者ライターさんはいます。

自分は人気のライターさんが気分転換か知りませんが書いてくれたりします。ランサーズ素敵最高!

もちろんある程度慣れてきたら単価を上げていって、リライトをしなくてもいいようになっていけば記事を量産して外注だけでアフィリエイトサイトやブログなどで稼げるようになります。

でも最初の1歩が大事です。踏み出すこと。実際に使ってみること。

お金持ちになる人はやると思ったらすぐ行動する人です。自分も人と話をしていて、ビジネスになりそうなことがある場合は、いつ合う?とスケジュールをすぐ決めますし、すぐにお金を動かします。

この記事を読んで今度やってみたいなって思った人は、きっと稼げないでしょう。試しに100円で記事を発注してみるか!って思った人は稼ぐチャンスが開きます。

あなたは稼ぐ人ですか?言い訳を言いながらやらない人ですか?

興味があったらランサーズを使ってみてくださいな。

ランサーズの公式サイトはこちら

あなたにおすすめのブログで稼ぐ記事