女性新入社員の身だしなみ気をつけないと他の女子を敵に

女性新入社員の身だしなみ気をつけないと他の女子を敵に

学生時代派手な物が好きだったという人は「どこまでなら許されるだろう?」また、大人しい目が好きだったという人は「どのくらいお化粧などをしたらいいのだろう?」と疑問に思うところでしょう。

そこで、新社会人女性向けの身だしなみについてご紹介します!

女性のおしゃれはどこまでやっていいか悩む

新社会人として働く時は不安な事だらけですよね。特に、「女性の場合はオシャレにも気を使いたい。でもどこまでオッケーなんだろう?」と考えてしまうものです。

あまり堅すぎるのも就活生みたいで違和感があるし、かと言って入社早々目をつけられてしまうのも辛いものです。

ノーメイクは非常識?女性社員は化粧が大変

社会人になると、ノーメイクは非常識と見なされます。しかし、濃いメイクは職場には老若男女様々な先輩方がいますので万人ウケするとは言えません。まず、ベースメイクです。

化粧下地は薄く塗っておくと頻繁に化粧直しをしなくても崩れにくくなるので仕事に行く時は塗っておくと楽です。

そして、ファンデーションは必須です。ファンデーションも塗りすぎは崩れやすくなりますので、自然に肌に馴染むようにつけましょう。清潔感をだすために必要に応じてクマを消したりニキビ跡などをコンシーラーでカバーすると尚いいです。

最後にチークで血色をよくします。こめかみから鼻の方に向かって薄くつけます。カラーは明るすぎないコーラル系が好ましいです。

目元のメイクは眉や髪の色に合わせよう

次に目元のメイクです。眉は髪の色に合わせて書きましょう。眉もボサボサだと清潔感がなくなるので、あらかじめ剃る・切るなどして整えておくと書きやすいです。

次にアイシャドウは、ブラウン系が無難です。あまり濃くなりすぎないようボカしましょう。アイライナーは目のキワだけにします。

目尻ラインや目頭切開ラインを入れすぎるとやりすぎという印象になります。下のラインも目尻から三分の一までにとどめましょう。そして睫毛をビューラーで上げてマスカラを塗ります。

マツエクは、取れかけている時にマツエクだと分かりますし、あまり良く思わない女性上司などもいますので、はじめは避けるのが無難です。

口紅よりもリップがおすすめ控えめな身だしなみ

乾燥のない健康的なリップにするため下地やリップクリームなどを使用すると綺麗に塗れます。

カラーはなるべく肌馴染みのいい色です。人それぞれの肌の色により、顔映りのいいカラーは違います。

肌馴染みがいいリップの中でも顔映りを意識して選びます。ただし光沢やラメの強いものは控えましょう。社会人の基本メイクです。

女性社員のスーツは黒が無難でかっこいい

スーツ出勤の場合は、黒・グレー・濃紺などの落ち着いたカラーを選びましょう。業界によってはグレーや紺色NGという所もありますので、職場で実際働いている人を見てから買い足すことをお勧めします。

インナーは襟付きのシャツがはじめは無難です。カットソーが許されている場合は、白など薄く清潔感のあるカラーが新社会人の間は好ましいです。

スカートは膝の隠れるものが好ましいです。シワのできる生地のものはアイロン掛け必須です。

また、足元はベージュのストッキングに5センチヒール以内の黒パンプスが好印象です。様子見期間は就活生のときの靴でいいでしょう。

新入社員のオフィスカジュアルは露出が少ないものを

オフィスカジュアルの場合は、明確な基準がなく難しいものですが、デニムなどのカジュアル過ぎるもの・露出度が高いもの・色が派手なもの・袖のないもの・素足・サンダルやミュール・柄物は避けると無難です。

オフィスカジュアルの場合特に職場ごとに暗黙の了解がある場合が多いので、様子見をしてから買い足しましょう。新社会人期間は先輩女性よりも目立ってしまわないようにすることが大切です。

こちらもストッキングは必須で5センチ以内の黒・ベージュなどのパンプスが好ましいでしょう。

カバンやアクセサリーの小物はどうすればいいの?

鞄は非常に目につきやすいため、黒っぽくあまり装飾をされていないシンプルな物を選ぶと好印象です。

営業職などで、お客様のところに行く鞄としても派手な色の鞄やパッと見てブランド品だと分かるようなものは避けておいた方が好印象です。

アクセサリーは結婚指輪以外は禁止というところもありますし、ネックレスのみ可能というところも多いです。

ネックレスのみ可能の場合でも、派手な飾りがついたネックレスではなく、細いチェーンでワンポイントだけ小さい飾りがついたものにしましょう。

ブレスレットやおしゃれ用の指輪などは避けるといいです。

女性の手の身だしなみのネイルはシンプルに清潔感を出す

清潔感をだすために、長すぎる爪はよくありません。長くても5ミリ以上伸びたら切るようにしましょう。

そのため、自由に切れないジェルネイルなどは新社会人としては好ましくないです。透明のマニキュアなどは爪に清潔感がでて綺麗です。色物のマニキュアは、肌馴染みのいい薄ピンクにとどめます。

女性社員は意外とカラーリングしているけれど新入社員は黒で

こちらは職場により、はじめから明確に決められている場合が多いようです。染髪禁止の場合は、カラーはできません。

学生時代明るいカラーリングをしている場合は、早めから暗く染めておくと、不自然な墨のような黒染めにならず自然な頭髪になれます。

7トーンまで可能という会社も多いようですが、こちらもはじめはきちんと守りましょう。中には髪の明るい先輩もいるかもしれませんが、新社会人であまり明るいカラーリングは印象がよくありません。

香水はつけてもいいの?まずは汗のケアで臭くならないように

女性であれば香りも気にしますよね。しかし、職場には色んな人がいます。自分はいい香りだと思っても他人の鼻には悪臭にすらなり得ます。どうしても振りたい場合も、微量にとどめましょう。また、香りに関しては、香水で後からつけた不自然な匂いよりも、汗などのケアをしておくことが大事です。いい香りでいる事より、臭くないようにいる事に気を使いましょう。

新入社員の女性の身だしなみまとめ

いかがでしょうか?新社会人になると、身だしなみもいままでとは違うものが求められ、慣れるまでは面倒かもしれませんが、やはり身だしなみを理由に職場で嫌われないことが大切です。

中にはポーチがショッキングピンクであることに腹を立ててしまう上司や、メガネケースにラインストーンで装飾があったことに反感をもつ上司、というように今までは考えられなかったことに気分を損ねる人もいるものです。

万人ウケする無難なスタイルでいることが好ましいでしょう。特に、新社会人の間は様子見期間だと思って、個性を出すことよりも、先ず職場に溶け込むことに注力して見てくださいね!!

あなたにおすすめの記事