転職したいができない30代が会社や仕事を辞めたい理由とは?

転職したいができない30代が会社や仕事を辞めたい理由とは?

まじめな人ほど仕事にお金に結婚や家族。様々な悩みが30代で増えていきます。それを解決するには転職をスルのが良いかもしれない。そんな悩みを持っている人へのおすすめアドバイス

まずはどんな悩みがあるか紹介します。

30代で仕事をやめたいて転職したい理由は仕事の環境

新卒でずっと働いている人、2~3回転職した人。いろんな方がいますが、やはり30代になって仕事をやめたい転職したいと思う人は今の仕事に不満があるからです。

仕事に刺激がない。毎日同じような生活をしている。キャリアアップが見込めない。昇給などもあまりしない。
このように、ただ職場と家の往復になり、今後の人生が不安になる。

今の会社に自分はいらない?中途採用される若手のできる20代や30代

企業は大きくなっていて新卒や転職してくる20代の若手や30代がは入社してくる。今まで頑張って会社を支えてきたのに、できる社員が入社してきてどんどん他の人に仕事を奪われている気がする。

今の会社に自分はいらないんじゃないかそう感じますよね。

人の入れ替えが激しい。自分がいつの間にか古株になってしまっている。

転職してきた人のほうが給料が多かったなんてことも多い現状。

転職してきた人が上司になり、自分は昇給できない。出世できない給料が上がらないなら辞めたい。

彼女が奥さんが転職に反対する30代ですぐ辞めたらどうするの?

よくあるのが結婚する予定の彼女や既に結婚している奥さんが転職に反対する。転職して失敗したらどうするの?長続きしなかったらどうするの?

今の会社で頑張ってきたからもったいない。そんな理由で転職を反対されてしまうのです。

30代で仕事が辛いから辞めたいなんていいづらいしカッコ悪い。だから余計に泣き言を言えない。

就職氷河期だったから転職することが大変だったまわりからも止められたりするので、なかなか転職がむずかしい。

体に疲れが残り健康面が不安になる30代転職して楽をしたい

今の会社が辛い、仕事も辛い、健康診断の尿検査に引っかかったり、バリウム検査でいのポリープなどの疑いがある。

残業が辛い早く帰れる仕事をしたい。給料は現状維持か下がってもいいんだけど。

っという不安が出たりしますよね。自分も胃のポリープの疑いがあり1年間の経過観測なので心配になります。

健康面の不安が少しずつ出てくる30代だからこそ今の過酷な会社を辞めて転職したいと考えるのは当たり前のことなのです。

30代で転職したいけど悩みが多く転職で失敗できない

結婚や老後の事を考えると転職で失敗ができない。もし転職して今以上に合わない会社だったら悲惨すぎる。転職で給料を下げたくない。

そんな思いがあって転職する勇気がない。

就職活動を何ヶ月もできない。気力が持たない。

20代の頃は自分だけの責任で生きていけばよかった

20代のころは仕事に夢があったり、スキルアップがあったけど今はない。淡々と働いている自分が転職したいけれど、そんな自分が転職できるのか不安でしょうがない。

あなたもその1人で辛いでしょう。

初めての転職や何度か転職した人は、30代で転職が厳しいんじゃないかと自分で自分を追い込んでしまいます。

30代で転職できない人は大きな失敗をしたことがない

高校受験や大学受験も大きな失敗をせず、第1志望じゃなくても第2希望で入学。就職もなんとかできた。

浪人したことがある、就活で失敗したことがある人は、大きな人生の分岐点に出会って今後の人生を1度考えています。フリーターをしながら仕事を探さなきゃ浪人しなきゃなど。

一度失敗したからこそ、転職を経の勇気が踏み出せる。

しかし、30代で転職ができない踏み切れない人は、大きな失敗をしたくないと考えと思って踏み出せない。

本気で今の仕事が失敗したと思っていたら転職活動ができますからね。

転職活動は無料でできる!なぜそのチャンスを使わないのか

20代でも30代でも40代50代60代でも何歳でも転職活動は無料でできます。転職サイトも転職エージェントも登録できますし紹介してくれます。

悩んで答えが堂々巡りすることは、行動して抜け出さなければいけないのです。

「でも、だって、だから」っという言葉を使い無料のチャンスを潰していくわけです。

自分の人生を左右する1回しか選べない自分で高校や大学を決められたのに、なぜ、何度もチャンスがある転職という選択肢を使わないのですか?

しらないと転職は時間がかかる!知ってると1~3ヶ月で決まる

確かに転職活動をする時間は必要です。なかなか時間が取れないでしょう。学生時代あんなに毎日面接や履歴書を書いて非常に大変でしたよね。

だからこそ、気軽に転職ができると思えない。そして転職の情報すら集めようとしない。だからあなたは転職ができない。

でも実際に転職活動は1~3ヶ月で終わります。

転職サイトを使うと時間がかかりますが、転職エージェントを使えば3ヶ月以内にほぼ決まります。

実際にリクルートエージェントは転職のサポートは3ヶ月以内と区切っています。なぜなら本気でやればその期間で転職ができるから。

DODAやJACリクルートメントなども3ヶ月です。

20代30代の転職に強く人気急上昇中はマイナビエージェントです

本気でやれば決まります。

初めての転職のる人職務経歴書に準備に時間がかかる?

では、転職しようと思ったら履歴書や職務経歴書作らないとって思いますよね。大変なイメージがあります。

履歴書はパソコンでエクセルやワードのテンプレートを使えば10分程度で完成

大変だなと思うのが、職務経歴書。

転職エージェントでは業種職種別の特化した転職率があがる職務経歴書のテンプレートが準備されています。

その内容を書き換えるだけで、内定率が高い職務経歴書が完成します。

書いた職務経歴書をさらにアドバイスをしてくれる

様々な職務経歴書をみると、1部上場で働いていて、学歴も高くいのでスキルが高そうでも、書類審査を通せない人がたくさんいます。

もっとこうしてくれれば、人事として書類選考を通せるのに!っともどかしくなります。

ヒアリングして、書き直せば絶対に通るだろうと思う人達がいるのにもったいない。

自分のスキルをしっかり書面で表現できないのは、客観的に人を判断できない

30代40代とキャリアアップして人をマネジメントする立場になったときに使えない人材とみなされてしまうのです。

そう思われないためにも、作成した職務経歴書を人事と直接やり取りしている転職のプロの転職エージェントに職務経歴書を見てアドバイスを貰うことが必要なのです。

資格の勉強をやみくもに勉強するよりも学校に通って、わからないところを質問したほうが合格がしやすいですよね。

傾向と対策をとる。転職でも同じなのです。

30代で転職して給料を上げておかないと40代50代が辛い

転職するときは給料のベースアップを狙って転職するか、キャリアアップのためにするか、ワークライフバランスするか、様々な理由があります。

どんな理由でも30代で給料を一気に上げておかないと、40代で転職するときに、給与の交渉が難しくなるのです。

子供が中学生や高校生や大学生になっていくのにお金は必要です。その際に現状の給料が少ないと足元を見られてしまいます。

100万円給料がアップしたとしても、実は転職後の会社では安い方だった!なんてよく話。

ワークライフバランスを整えるために多少給料が下がってもいいので転職したい、そんなときに、現状の給料が安いと、生活がきつくなりすぎます。30代でたくさんもらっておけば、50万ぐらい下がっても、年収ベースで見れば十分余裕がある。

年齢が上がれば上がるほど給料アップが難しくなるどころか、転職が難しくなってしまいます。30代でできるだけ貯金を作り、老後のリストラリスクなどをカバーしておくことが大事です。

まとめ30代の転職は40代50代への準備

30代は給料アップがしやすく、転職がとてもしやすい好条件の年齢です。このタイミングを逃せば、40代50代で転職して給料アップが難しくなってきます。

結婚や出産・子育て、老後の心配など様々な不安がありますが、その不安を支えてくれる1つはやっぱりお金です。

給料が高くて時間があればもっと安心ができます。ぜひ30代を不安で過ごすことがないようにしてください。

あなたにおすすめの記事