読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三十路男性は偉そうな悪あがきせず30代で素敵になる方法

ライフハック・便利

三十路男性は偉そうな悪あがきではなく30代で素敵になる方法

30歳の三十路男性は悪あがきで態度だけ偉そうになってはいけません。30代は男性にとっては貴重な年代です。仕事に部下ができたりキャリアチェンジのために転職したり、結婚している人は子供が出来たり。そんな30代の過ごし方

三十路男性は悪あがきで偉そうするのは不安が募るから

30歳は人生の節目です。誕生日を迎えるとみんなに三十路男子だね!三十路女子だね!って言われますね。誕生日プレゼントで冗談で味噌を送られたりしますね。※同僚は実際に貰ってました。

急に今後の人生に不安を持つようになり、30代40代今後の人生に急に不安になります。そうすると、どうしたらいいのかわからずに悪あがきしてしまいます。無駄な努力をして貴重な最初の30歳三十路を偉そうに去勢をはって生きても仕方がありません。成長をすることを意識しましょう。

では実際に三十路で偉そうにするのではなく成長をするためにどうすればいいのか

三十路男性が偉そうに悪あがきをしてしまう悩みとは

悪あがきとは、やらなくてもいいことを焦っていろいろと試すことです。なぜ悪あがきをしてしまうのか、それは環境にあります。ではどんなことが焦りをうんでしまうのか。具体的な悩みを上げてみましょう。

  • 付き合っている彼女と結婚するか
  • 結婚していて子作りをするか
  • 子供のための良い教育に悩む
  • 貯金はどうするか老後の生活どうしよう
  • 部下が出来てどんな上司になり教育すればいいのか
  • 仕事を転職してキャリアチェンジすべきかどうか
  • 親の介護はどうすればいいのか

20代で社会に出て仕事を始めた時は、今の仕事を頑張っていこう、素敵な彼女や結婚ができればいいな。と夢をどのように実現していけばいいのか。楽しさがあります。

しかし三十路を迎えると現実を直視しなければいけません。この焦りに巻き込まれていろいろと始めてしまうことで負の連鎖を産んでしまいます。だからこそ三十路で偉そうにしてしまうのです。

30歳だと同窓会などなどの集まりにいって、みんなの仕事や生活を聞いて余計焦ってしまいます。30歳の記念の同窓会があったりしますしね。

三十路男性は偉そうに同窓会で振る舞ってしまいます。見えを貼りたくなるのは仕方がありません。しかし、本来の目的は豊かな生活をすることが大事です。

ではどうすればいいのか。素敵な生活を考えていきましょう。

三十路から偉そうにせず見栄を捨てることで大事なものがみえる

悪あがきをせずキリの良い三十路で見栄を捨てて考えることが必要です。自分にできること、現実をしっかり見つめることが大事です。といっても何をすればいいかわかりませんよね。そこでやるべきことを具体的な例を上げてみましょう。

  • 自分の仕事のキャリア職務経歴書を更新
  • 自分のダメなところをいいところ書き上げてみる

この2つをやってみましょう。

なぜ自分の仕事のキャリア職務経歴書を更新するのか

今後の自分のやるべきことや目標を作るときに、自分が今までやってきたことを振り返ることが必要です。仕事のキャリアや仕事でどんなスキルを身につけたかを自己分析することが大事です。

これをすることで、無駄に資格の勉強を始めたり、焦って転職することを防ぎます。まず現実と直面する。自分の成長を実感する。そうすることで、何をすべきかが見えてきます。

給料を増やしたい、キャリアチェンジしたい、キャリアアップしたい。そんな焦りを防ぐことが出来ます。周りに振り回されることを防ぐことが出来ます。

他人は他人、自分は自分。見栄をはらずに偉そうにせずに、コツコツと自分が何ができるかを考えることが出来ますね。

自分は定期定期に職務経歴書を更新しています。自分の成長を確認して、仕事で培っている経験から今後はどうなっていくかが見えますし、自分の目標と異なっていたら早い段階から修正することが出来ます。

なぜ自分のダメなところいいところを書き上げてみるのか

20代までは自分の長所を伸ばしまくって行けばいいんですよね。スキルは突出していたほうが、キャリアを積み重ねていくのにいいし、転職するときも有利です。

しかし、自分のできるところだけを自慢する三十路男性で偉そうにしているのはかっこ悪いだけでなく、勘違いしてしまいます。

自分のダメなところと見つめなおすことで、反省すべき点としっかり向きあうことが大事です。年をとるとどんどん頑固になり人の意見が聞けなくなります。そうならないためにも自分のダメな部分を書き出すことが大事です。

自分のいいところもしっかり書き出しましょう。褒めるべきところはしっかり把握する。書いてみるとそうでもないかなっておもったり、調子にのってるかなと感じることもあります。

文字に起こすことで客観的に受け入れることが出来ます。自分で気がつけるところはしっかり直していくきっかけづくりになります。

部下や上司はもちろん恋人や奥さんからより好かれるために

せっかく作った自分のダメなところを部下や上司、恋人や奥さんに見せてたり、話をしてみましょう。悩みを人に話すことで、相手は信頼されていると感じるのでこれだけで好かれるきっかけになります。

そして、自分がダメだと思っていた部分が実は好感が持たれていたり、逆に自分がいいと思っていたところがだめだったりします。

ここまでやると、自分の姿が客観的に浮き彫りになり、自分の目指すところが見えてきます。

部下や上司に対しての仕事の姿勢、恋人や奥さんへの普段の接し方の良し悪し。をしっかり把握して良い部分は伸ばし、悪い部分は直していきましょう。三十路男性は偉そうにせず謙虚になりましょうね。人の痛みがわかる経験もしてきて、これからどうすればいいか悩む時期ですから

30代から素敵に過ごすためには健康第一を

スキルアップやキャリアチェンジもいいですが、とにかく健康を意識していきましょう。不摂生をしていても大丈夫なのは若さがあるからです。

試しに、前屈やアキレス腱のストレッチ、両手を背中の後ろで合わせられるかなどをしてみましょう。子供の頃よりできなくなっていると思います。

関節の柔軟性でさえ簡単に衰えているのがわかります。体は仕事をするのも恋愛をするのも一番大事なことです。健康には特に気を使いましょう。

体重は普通でも中性脂肪でお腹がぽっこり、お酒の飲み過ぎで肝臓の数値が悪い。ストレスが体を悪くしていきます。とにかく健康を第一に考えて行きましょう。内臓疾患や精神疾患は簡単に治りません。

すべてを失っちゃいますよ。三十路男性で偉そうにして自分の体は自分がいちばんわかってるとか言っていると痛い目を見ますよ。

お酒もタバコも控えましょう。禁酒禁煙でお金も貯まりますしね。

素敵に過ごすためには身だしなみとまずは軽い運動を

いきなり健康を大事にって言われても困りますよね。身だしなみもどうすればいいかわかりませんよね。そんな人は2つを気をつけてみましょう。

  • 髪型を短髪にして爽やかに
  • ジムよりもまずは一駅歩く階段を使う

身だしなみって考えだすとたいへんですよね。でもシンプルに髪型を短髪にしていれば爽やかに見えます。ワイシャツをアイロンかけたり、するのは大変かと思いますが、髪型を短くきるのは1000円カットとかにいけばいいのですぐ出来ます。

ジムもお金を払っても長続きしなければ意味がありません。ちょっと意識して一駅歩いてみたり、階段を使うようにすれば自然と運動する習慣がつきます。

外見はわかりやすい変化です。健康的になるために身だしなみや体型をかっこ良くするという意識で始めることでもいいですよ。

三十路男性は偉そうな悪あがきではなく30代で素敵になる方法

30歳の誕生日をこれから迎える人、もう迎えた人さまざまいると思いますが、三十路男性は偉そうな悪あがきをせず見栄をはらずに自分を素直に見なおして素敵になれるように意識しましょう。

  • 見栄を捨てる
  • 職務経歴書を作ってキャリアを見つめる
  • 自分のいいところと悪いところを自分と周りと共有する
  • 健康に気をつける
  • 身だしなみと軽い運動を始める

こういうことに意識して素敵な40代を目指して生きていきましょう。

あなたにおすすめの記事