読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【企画】マーケティングの基本AIDMAアイドマで稼ぐ【その4】

ブログ運営

マーケティングの基本AIDMAアイドマで稼ぐ

マーケティングの基本AIDMAアイドマっていいます。ネットビジネスが始まってAISASアイザスという言葉もありますが、しっかりネットで稼ぐならAIDMAを意識したほうがいいです。前回の最後に5ページ作れという宿題も出していましたがその理由も

初めての人はこちらの記事からどうぞ

【企画】稼ぎたいならクレジットカードに関するページを作れ【その1】

AIDMAアイドマとAISASアイザスはマーケティング用語の基本

AIDMAはマーケティングの基本用語の各頭文字をとったものです。

  • Attention:注目
  • Interest:興味や関心
  • Desire:欲求→Search:検索
  • Memory:記憶
  • Action:行動→Share:口コミや情報共有

どういうことかというと、ある商品に注目して、興味や関心を持って、欲しいなって思い、記憶に残って考える、実際に買っちゃう。という流れです。

AISASアイザスは簡単に言うと興味を持ったらもう調べちゃうググっちゃうんですよね。そして最後は行動の部分が買って口コミに変わる。

AISASって検索とシェアに置き換わっちゃってるので、欲しいって欲求と購入って行動をあまり意識していないから個人的に好きじゃない。稼ぐためには行動させることが大事なんだからね。

AIDMAにあった5ページ作り購入までの気持ちを育てる

楽天の長いページなどはAIDMAを1ページで完結させています。これはなぜか?すでにある程度見込み客の囲い込みができているからです。

メルマガユーザーや楽天市場に来ているユーザーなど購買意欲が高いユーザー何ですよね。それを実際にやっぱり欲しいと思わせるために長いページを作る。

しかし、ブログやアフィリエイトや自社サイトなどで稼ぐためには検索経由のユーザーが多いんです。そのため、AIDMAの全てに対応するページを作る必要があります。

検索から来たユーザーはなにも知らないでこんな商品やサービスあったんだ!という注目を持たせる必要があるユーザーから、すぐに欲しいというユーザーまで様々です。

だからこそ、それぞれのユーザーにあったページを準備しておくんです。

注目から購入するまでの流れを物語にしてつながった関連するページを作りユーザーの気持ちを育てるわけです。

物語のあるページにリライトするか内部リンクを貼る

アクセスが多いけれど、稼げないというECサイト運営やブログ運営の人たちは物語のあるページになってますか?

アクセスが多いページがAIDMAでどのポジションにあるか考えてみましょう。もしも、そのページが注目を浴びるだけのページで実際に購入したいという動機付けにつなげるページでなければ、そのページだけで購入までさせるページにリライトするか、新しくそこから購入に繋がる物語のページを作りましょう。

点で繋がっていないページ同士を内部リンクさせてつなげてコンバージョンにつなげるということも大事です。

もしも、前回のページで特定ジャンルで5ページ作れという宿題でこの部分を意識していなければそれをやるだけで稼げるようになりますよ。

内部リンクはSEOのためじゃなく、物語を作るためのものです。ユーザーメリットのためです。

まとめマーケティングの基本AIDMAアイドマで稼ぐ

ユーザーの心理にあったターゲットページを作ることが大事。そして、必要に応じてリライトや内部リンクを貼りましょう。これをやるだけで今まで全く売れなかったページが稼げるページになります。

それでは実際にやってみてください。リライトと内部リンクをやりましょう。

次回はたくさんあるページから実際に物語を作るためのページの探し方優先順位の付け方を紹介します。