読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英語の接続詞の使い方にもルールがある知らなかった

英語

接続詞の使い方がわかると英語がもっとわかるようになる

英語の接続詞ってどうやって使うのかなぁルールってあるのかなー!っと悩んでいましたが、かんたんなルールがありました。中学で習うんでしょうけど、全然習った記憶が無いぐらいに英語が嫌いでした。

英語の接続詞とはどんなものがあるの?

中学校で習う英語の接続詞を少し一覧にしてみました。これ以外にもありますが、とりあえずそういえばあったなぁぐらいに眺めてください。

  • after:~のあとで
  • also:~もまた
  • although:であるが
  • as:~のように
  • because:なぜなら
  • before:~の前に
  • but :しかし
  • except:~を除いて
  • for:~ために
  • however:にもかかわらず
  • if:~ならば
  • like:~のように
  • nor :~もまた~ない
  • now:~であるからには
  • once:~すると
  • only:~してしまえば

英語の接続詞一般的な使い方は?

まず、英語の接続詞ってなんだ?って人に向けて説明します。自分もわからなくて混乱していたんですけどね。

簡単にいうと、文章と文章を繋げるものです。英語だと『メインの文章+接続詞+補足する文章』となります。

She is quiet because he is sleeping
彼女は彼が寝ているから静かだ
こんな感じになりましね。

接続詞の後ろは主語と動詞が基本的

文章を繋げるときは接続詞が使えますが、接続詞の後ろは主語+動詞になります。これを覚えておくと、かんたんに文章をつなげることが出来ますね。

でもorとかandの前後は名詞だったり形容詞だったりします。何かを比較したり、一緒にしたりするときは主語+動詞じゃなくなったりします。

あまり細かいことを考えだすとキリがないですが、接続詞を使って文章を繋げたいときは、接続詞+主語+動詞の3つのセットで使うんだな~程度に覚えておけばいいと思います。

これを知ってから、ちょっと英語日記の表現力がアップしました。英語を書いたり読んだりするときは、接続詞を意識して文章を区切ってみると読み書きしやすいですね。

英語の接続詞の使い方

  • 接続詞は文字通り2つの文章をつなげる後ろは補足や理由
  • 接続詞の後ろは主語+動詞が基本

この2つをとりあえず覚えておきましょう。色々例外はあるものですが、基本の基をしっていればあとから応用できますものね。こうやってちょっとずつ勉強して成長していくのであります。