読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英語の勉強は文法からではなく英会話から始める方が身につく

英語

英語の勉強は文法からではなく英会話から始める方が身につく

英語の勉強をしたいというとすぐに英文法と英単語からやれっていいますよね。ではなぜ中学高校で英語を勉強して使えるようにならないのか?その理由をお答えします。

英文法と英単語をの勉強は手段であって目的ではない

まず例から始めます。あなたが好きなスポーツを思い出してみてください。

友人にスポーツを教えてって言われたら何から教えますか?

例えば、あなたが得意なのがマラソンだとします。マラソンしたいんだけどって相談されたとしたら何からやるでしょうか?

マラソン入門の本を購入させて、それを全部理解させてから走らせますか?必要なユニフォームや筋トレの方法やフォームなどを教えて体を作ってから走らせますか?

それとも走りながら教えますか?

普通に考えたらせっかく興味を持ってくれたんだから嫌いにならないようにまずやってみようか!から始めると思います。

英語も同じです。目的は英語学者になるためではなく、英語を話せるようになる。読める聞けるようになることです。

外国人の友達が欲しいから英語をやりたい。海外旅行で使いたいから英語を勉強したい。その根本にあるのはコミュニケーションを取るために必要だから英語を学びたいということです。。

決して使わない単語を大量に覚えることではありません。英文法を正確に正しく使うことでもありません。

もちろん長期的な視点でみたら英文法を覚える必要はあります。しかし、長続きしなければ意味がありません。

英語を話せるようになりたいなら海外に住んだほうがいい

よくききませんか?1番は英語を早く学ぶためには海外にいったほうがいい。外国人の恋人を作ったほうがいい。

それはなぜか、追い込まれたり、実際に使って体験したほうが記憶に残るからです。

であれば、座学でひたすら文法と単語を勉強するよりも話してしまったほうが良いんです。

英語を使って外国人と話すことです。そのためにはいきなり英会話から始めてしまった方が日常で使う定型文や外国人と話すことになれるから理解が早いんです。

中学1年ぐらいの単語と旅行英語の本があれば海外旅行はできる

正直学校の英語はbe動詞で挫折して嫌になりました。それでも日本人がいるところに行きたくないし、団体ツアーはいやだったので、海外旅行は団体ツアーではなく個人ツアーでいきました。

さらに英語のしゃべれない人達だけで何度かいったことありますが、旅行で使う英会話の本だけで楽しく過ごせました。

必要最低限の単語は本に載っているし、テンパると相手が理解しようとしてくれるのでどうとでもなります。

アメリカ人とかは優しいし、英語が通じないアジア圏とかも行きましたが、何とかなりました。

要するに必要最低限な意思疎通はその場面にあった英単語や英文集、さらに英語以外でもその国でよく使う単語集と例文集ががあれば乗り越えられるんです。気合と根性です。

大変かもしれないけれど、思い出になるし、自分の言葉が伝わるんだ!って自信につながります。

いきなりオンライン英会話を始めるのがおすすめ

わけがわからない。単語もわからない。それでもオンライン英会話をおすすめします。

理由は英文法や英単語ができるようになってからと思っているといつまでも始められないからです。

それができてれば中学高校の授業で使いこなせるようになっているんです。

使えないのは勉強方法が間違っているからです。同じことをまた繰り返しても意味がありません。

今では5000円で1ヶ月毎日オンライン英会話できる時代ですし、何冊もテキスト買うなら、オンライン英会話の無料教材をひたすらやるのがおすすめです。

テンパりながらやるので、英語耳にもなるし、しゃべる力も身につくし、読む力も身につきます。

近道かどうかはわからないでも楽しく続けられる勉強方法が一番

どんなに近道でも途中でやめたら振り出しです。最初からやり直し。遠回りでも自分が楽しく諦めずに進んでいければゴールに辿り着きます。

今と昔では勉強環境が全く違います。より時代にあった自分にあった方法を探してみてください。

わざわざ苦しい思いをして勉強なんてしなくて良いんですよ。でも暗記などはついてまわるけれどね。それでも自分の好きな歌は暗記できたりしますよね。

英語だって好きな歌を聞き続ければ自然に聞き取れるようになって覚えますよ。気になったら歌詞だって調べるだろうし。

そういう楽しさを忘れずに勉強をして欲しいと思います。

やってから悩む。新しいことやチャレンジする事はそのほうが軌道修正がしやすいですよ。

あなたにおすすめの英語記事