読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファイナンシャルプランナーの求人の種類や難易度FPをお勧めする理由

仕事の種類 資格 仕事

ファイナンシャルプランナーの求人の種類や難易度FPをお勧めする理由

ファイナンシャルプランナー通称FPの資格は金融や不動産に銀行保険など様々な仕事に転職ができるおすすめの資格です。さらに自分の生活にも役に立つので今回はFPの資格についてご紹介

ファイナンシャル・プランナーという資格とは

ファイナンシャル・プランナーは、6つの分野を取り扱うありとあらゆるお金のエキスパートです。

  • ライフプランニングと資金計画
  • 金融資産運用
  • タックスプランニング
  • リスク管理
  • 不動産
  • 相続・事業継承

幅広い範囲を扱うFP資格は取得することでいろいろな活用することができます。金融関係のほか、不動産会社、保険会社、住宅メーカーなど様々は業種で求められる資格なのです。

そのため、金融・保険・不動産業界などでの就職・転職に有利になるだけでなく、自分自身のライフプランニングに活かせるので、年金・税金・資産運用・不動産・相続・保険など、日常生活にも役に立つ資格なのです。

FP資格がおすすめなのは仕事でも自分の生活にも役に立つ

FPが扱う内容は生活に密着したものがたくさんあります。保険や住宅ローン、教育費、貯蓄や投資、年金や老後の暮らしなど日々の暮らしから将来までお金の疑問を解決することができます。

仕事でもFP知識は大いに活用することができます。

銀行や保険、証券などの金融業界、住宅メーカーや、不動産業界では、業務上でFPの知識が役に立つことがしばしばあります。有資格者は社内での自己アピール材料にすることもできますし、これらの業界へ就職・転職を希望している方はFP資格を持っていれば、即戦力としての採用の可能性も高くなることでしょう。さらには、独立開業という選択肢もあります。

FPの知識があれば様々な業種や職種に転職が出来る

FPの知識が求められる業界は、金融・不動産・保険・住宅メーカーなど様々です。

入社後FP資格の取得を推奨する企業も多いため、入社前に取っておくことでアピールにつながります。

また、保険会社は金融機関などでは、保険・金融商品の販売や資産設計の提案などをすることが日常の業務です。

FPの知識があれば、幅広い提案や商品の販売が可能になります。また、一般企業の総務・人事・経理分野なども基本的なFP知識がある人を求めています。

FPとダブルライセンスで仕事の専門性が高まり信頼度UP

宅地建物取引士とFPでは、不動産の営業と、不動産購入後の住宅ローンについてのアドバイスもできます。家族構成、お子さんの教育資金などを考慮下上で、将来の暮らし方を予測しながら資金計画のアドバイスができるという利点があり、お客様からは非常に信頼されます。

社会保険労務士とFPでは、年金制度の相談業務をしながら、資産設計の提案をすることができます。年金の相談を受けながら、計画的なライフプランの提案までできることになります。これは相談者からしてみても大変助かることです。

行政書士とFPでは、「まちの身近な法律家」といわれる行政書士ですが、たくさんの業務の中で、近年相談件数が増えてきているのが「相続」に関する相談だといわれています。高齢化社会が進む今、贈与や相続といった法律的なコンサルティングができるようになるのが強みです。

そのほかにも、税理士とFP資格では、税務相談や深刻の書類作成などから資産運用についてのアドバイスまで幅広く行えます。

ファイナンシャルプランナーの活躍の場は多岐に渡る

預貯金取扱金融機関(銀行、信用金庫、信用組合、農協など)、郵便局、保険会社、保険代理店、証券会社、クレジット会社、不動産会社、建設会社などに勤務されている方がFPの資格を取得されているそうです。

また、総務、経理、営業担当者、IT会社の金融システム担当でFPの知識が役に立っており、そのような業種の企業がFPの有資格者を募集することも多いようです。

また、預貯金取扱金融機関や保険会社ではFP資格の取得が推奨されていたり、昇格・昇給と関連付けもあるようで、金融機関や保険会社への就職でFPの資格は評価されることがわかります。

募集内容で見ると、銀行、証券会社、保険会社、保険代理店、コンサルティング会社の募集で、職種は営業職(アドバイサー、コンサルト)や営業アシスタントが多いようです。

年収は、企業に社員として働いているFPの場合は会社の給与体系に従うことになりますが、資格を得ることで年収に反映していることもあるようです。

独立しているFPの年収は、ほとんどが、FPの資格と他の資格をもって仕事をしているダブルライセンスで業務をしています。数万円から成功している方で数千万円までとなっているようです。

ファイナンシャルプランナーをおすすめする資格の種類

FPの資格を持つと企業からは昇格や昇給に関連付けられたり、同じ金融商品を勧めてもFPの知識を持つことで信用度があがり、相談者に合ったものを提供できるようになることがわかりました。

FPの資格は1級から3級まであり、金融財政事情研究会または日本FP協会のどちらかが実施する、FP技能検定を受検して合格すると1~3級FP技能士(国家資格)を取得できます。

そのほかにも民間資格であるAFP・CFPがあります。AFPが2級FP技能士とCFPが1級FP技能士とほぼ同等の水準ですが、AFP・CFPには資格の有効期限があり、認定後に定められる継続教育期間に単位を取得する必要があります。

CFP資格試験に合格すると、認定研修と通算実務経験3年の要件をみたせばCFP資格が与えられ、世界標準資格として国際的に通用する資格になります。

2級FP技能検定には受検資格がありますが、日本FP協会が認定するAFP認定研修を修了すれば3級の資格や実務経験がなくても、誰でも受検することができます。

ここまでFPについて詳しく調べてきましたが、これから転職する人もまた受検にチャレンジして資格取得を目指す人もこのFPの資格は仕事にも、自身の生活にも必要なもとであるので取得しておきたい資格です。

ファイナンシャルプランナーの資格は金融関係のお仕事につくと資格補助がでたり、仕事で会社のお金で受験ができたりするので、FP取得前でも気になる業界に転職してしまってから勉強するのも効率的です。

あなたにおすすめの記事