読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面接の逆質問で就職活動の最終面接で失敗しない方法

就職・転職

面接の逆質問で就職活動の最終面接で失敗しない方法

落ちるか合格するかを左右する、面接の最後に逆に質問はありますか。この内容で就活や転職活動が失敗に終わるケースがあります。面接官に嫌われる質問好かれる質問とは

面接の逆質問は就活や転職希望者の本音を引き出すため

転職や就職活動はかなりの会社の面接を受けるので、面接に慣れてきます。

自己PRや基本的な質問の受け答えはテンプレート的に暗記してスラスラしゃべることができます。

面接官はテンプレート的な受け答えは、他の候補者で散々聞き慣れているので、すぐにばれます。

キラキラした金メッキで飾った量産型の質問者から、本当に入社させて大丈夫か、戦力になるか、いい人材でも、この会社にあっているかをしっかり見分けなければなりません。

そこで、面接の逆質問を最後にさせるわけです。

ハリボテの城か本物の城かを見分けるわけですね

その業種や職種について逆質問する人は面接で落とされる

業界研究や職種については、就職したいならすでに知っていて当然なのです。

なぜその会社なのか、業界なのか、職種なのかを調べた上で面接を望んでいるわけです。

選考が進んでいる会社のホームページを見れば、その会社の業界での強みだけでなく、業種や職種について書かれています。

しっかり企業のサイトを全ページチェックしておけば、当たり前の質問はしないんです。IRや新着情報などをしっかりチェックして当たり前のことを聞かないようにしましょう。

お互いに面接官にとってもあなたにとっても当たり前の質問で面接時間を無駄にしてしまいます。自分がその会社に入っても大丈夫かどうかを明確にする前に面接がおわってしまいます。

自分の入社後のキャリアが想像できる逆質問を最終面接や社長に聞く

新卒の場合は特にそうですが、入社後かなりの長い時間をその会社で過ごすことになります。

転職するにしても、数年同じ会社で働くことになります。いままでバイトなどで働いてきた経験があっても、それ以上の年数で毎日平日働くことになります。

そうなった場合、自分がどうなりたいか、自分がどう成長できるかを確認することが大事です。

たとえば次のような質問を逆に面接官に投げかけます。

  • 尊敬できる同僚はどのような方ですか?
  • 成長するためにはで普段から意識していること社内で行っていることは?
  • 意思決定のスピードはどの程度かかりますか?

社内にいるこの人はすごい!っと思われる人はどのような人なのかを聞くことで、どのような人が求められているかわかります。

成長するために自由参加でで勉強会などを開いている会社などもあります。福利厚生として、業務に必要な資格補助や図書費などが出る会社もあります。

仕事で経験を積むだけでは限界がありますので、会社としてキャリア形成のサポートが有るかはきっちり確認しておくといいですね。

意思決定のスピードに対して、承認者が多ければ多いほど、無駄なやり直しが多くなります。上下の縦割りの会社だと意思決定が遅くなるので、スピードが落ち、結果、仕事のムダが増えてきます。

意思決定が早ければ、すぐに早いという回答が出てきますが、悩む場合は、古い体質の会社かもしれません。

このように、自分がどうなりたいか、どう成長したいかを意識した質問をすることで、人間関係はいいんだけど、会社の体制にあわないというミスマッチがなくなります。

最終面接の逆質問は簡潔に無駄に長話をしない

最終面接は役員や社長などが出てきます。彼らは、1時間あたり1万円以上の人もいます。非常に高級な1時間の面接時間をもらっているわけです。

社長に自分をアピールしたいから、ついつい自己PRもまぜて、長話になってしまいます。

その結果、この新卒や候補者は話が長くて的を得ないな。となってしまいます。

とにかく簡潔に、質問を明確にして、スピーディーに解決していきましょう。そのためには、しっかりとした会社の調査が必要です。

社訓や会社概要などをしっかりチェックしておき、その会社はなにを目指しているのかをしっかり理解し、自分がその会社の方針にあっているかの確認をする場所だと思って最終面接に望みましょう。

あなたにおすすめの記事