読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海外ドラマおすすめ厳選15面白いのであなたのランキング1位になるはず

ランキング ライフハック・便利 お金・マネー・節約

海外ドラマおすすめ厳選15タイトルあなたのランキング1位になるはず

海外ドラマを毎日見ていますが、そこでおすすめの海外ドラマを紹介します。恋愛物やゾンビものミステリーにサスペンスに医療系や犯罪捜査。女性に人気の作品までこれだけ押さえておけばOKというものばかりです。

並び順は海外ドラマランキング的な意味でも並べていますが、是非身て欲しいものとかはあえて最初に持ってきてたりします。ようするに全部おすすめだよって話です。

動画サイトのHuluやU-nextで無料で見れたり、アマゾンで中古で1000とかで安く売っているので、レンタルするより安く見れますよ。

24トゥエンティフォーはジャックバウアーでお馴染みの海外ドラマ

24(トゥエンティフォー)は、24時間に起きた事件を毎回1時間づつに分けて24回に仕立てたアメリカのドラマです。

シーズン1(24回)ごとに完結するスタイルで、シーズン8がファイナルシーズンでしたが、あまりにも人気があったためリブ・アナザ・デイというシーズン9まで放送されています。

物語のスジは、アメリカの政府機関であるCTU(テロ対策ユニット:架空の組織です)の捜査官ジャック・バウワーが、家族や仲間との友情を交えながら、テロリストたちと対決していく作品です。物語のテンポが非常に早く、アメリカの大統領選挙で黒人大統領候補のデイビットパーマーの暗殺が計画されています。それと同時にジャックの家族に起こる事件。この作品には、家族愛や夫婦愛、仲間との友情などヒューマニズムにもとづいた描写も多く、そこが24トゥエンティフォーの人気になっているのではないでしょうか。

といいつつ、人間不信になるランキング1位の海外ドラマだと思っているので24をみたらなにを信じていいかわからなくなる!!

個人的にはシーズン3から登場する人物が大好き!絶対にはまるのでレンタルするならまとめてです。

LOSTロストはサバイバルミステリーの海外ドラマ

『LOST』は2004年から2010年までアメリカで放映されていた、大人気サバイバルミステリードラマです。全部でシーズン6まであり、アメリカだけでなく世界中で人気となりました。

監督のJ・J・エイブラムスは、スター・トレックやスター・ウォーズも手掛けるなど、SF作品にも定評があります。

飛行機が無人島に墜落してそこから生き延びるサバイバルなのですが、常識ではありえないことが起きたり、島にさまざまな秘密があります。

実はシーズン1で1回見るのをやめたんですが、やっぱり見てみようと思って見たらドハマりしました。

それだけに、シーズン1からシーズン6までの作品は全て繋がりがあっていかに謎をや伏線が展開していくのか、視聴者の心をガッチリとつかむ脚本となっています。また、シーズン毎に出演者の人気もどんどん高まりました。

主役ジャック・シェパードを演じるのは、マシュー・フォックス、ヒロインのケイトにエヴァンジェリン・リリー、そして主役に押されぬ人気を確立したのは、一癖ある役回りのソーヤーを演じるジョシュ・ホロウェイです。

その他にも大勢の出演者がいますが、ひとりひとりにスポットを当てる演出となっているため、それぞれのキャラが見事に際立つ作品です。

個人的に好きなのはソーヤーです。嫌われ役の人物なので嫌いな人はきっと好きにならないと思いますが、そこがかっこいい!!!っとこんな男になってみたい!男性の心をガッツリキャッチするキャラだと思います。

ゴシップガールはセレブ高校生たちの人間海外ドラマ

ブレイク・ライブリー演じるセリーナとレイトン・ミースター演じるブレアの話し言葉や服装、またお互いをイニシャルで呼び合うことが話題となったドラマです。

正体不明で「ゴシップガール」と名乗る人物がインターネット上にゴシップをどんどんと投稿して、人間達がそれに振り回されながら話が進んでいくというのがとても面白い。タイトルだけ見ると政治系のドラマだと思っちゃって見てない人も多いかも。

レギュラー、準レギュラーも人数が多い群像劇的なものがたり

後から魅力的になってくる登場人物も多いです。私のオススメのキャラクターはエド・ウェストウィック演じるチャック・バスです。初回の登場シーンでは本当に嫌な奴ですが、回を重ねるごとに情に厚いところや繊細さを見せるので最終シーズンでは大好きなキャラクターでした。もちろん、最終回では「ゴシップガール」の正体も判明します。あっと驚くような展開に、見ていて「えー!」っと言ってしまうこと間違いなしです。

モダンファミリーはコメディー海外ドラマ

現在シーズン7が米国で放送中のファミリー系ドラマ、モダン・ファミリー

モダン・ファミリーの名が示すように、現代の家族像をユーモアに、そして時には感動的に語る人気の海外コメディーシーリーズ。

登場人物が、まるで取材を受けているかのようにカメラに向かって話しかける手法はアメリカのコメディードラマで流行っていますね。面白いです、ぶっちゃけトークが。

メインで登場する家族は、60代の金持ち社長が再婚した、子連れの若いコロンビア人妻。

社長の娘には優しい旦那さんがいて、この2人にはお年頃の子供が3人います。社長のもう1人の子供はゲイで、旦那さんと共にベトナム人の少女を養子に迎えています。

これが近年のアメリカ社会ではリアルな家族の形ということで、ストーリーはコメディータッチで描かれていますが、共感できる点が多いのが人気の理由です。

とにかくセリフも面白いし、それぞれのキャラクターが濃くて最高。私はシリーズを見続けているので、どのキャラクターにもとても愛着がわいています。

特に社長の娘と結婚したフィル・ダンフィーが情けないんだけどどこまでも前向きで、本当におもしろい!この俳優さんは、間の取り方とか表情で笑わせるのが上手です。もう画面に出てくるだけで笑える!

毎週ドタバタしてるんだけど「今週も何をやらかしてくれるんだろう」と思いながら最初から最後まで大笑いしながら家族で見れる海外ドラマです。

セックスアンドザシティはアラフォー女性の日常ドラマ

sex and the cityはニューヨークに住む女性四人の赤裸々な恋愛話、友情などリアリティあるアラフォー女性の日常生活を描いています。

フリーライターのキャリー、弁護士のミランダ、PR会社勤務のサマンサ、美術館で働くシャーロット。年齢も性格もバラバラの四人ですが、集まるといつもガールズトークに花を咲かせます。ニューヨークが舞台なだけあってお洒落なカフェやファッションも魅力です。

恋多き女たちが生々しい恋愛ライフから性生活まであっけらかんと話し合うのもこのドラマの醍醐味です。実生活で女子たちが話してる会話そのもののようで、リアリティ溢れています。

キャリアに悩んだり、独身でいることの焦りや将来の不安など、四人それぞれ悩みながら前向きに生きていく姿勢は、女性なら誰しも共感できるところがあるはずです。

いくつになっても女友達っていいなと思える、そして恋がしたくなる、そんな女子力アップしてしまうストーリーです。

HEROESヒーローズは超能力に苦悩するSF海外ドラマ

主人公クレアベネットはチアガールをしている向光性です。でも普通の高校生ではなかったのです。不思議な不死身に力を持つクレアはある時飛び降りるという実験をします。

そしてクレアの他にもそれぞれ不思議な力を持つ人達が、この力は何なのか何の為なのか、模索しながらやっていきます。そして、能力者が関わったり悪い奴が出てきたり、色々な真実が見えてくなかで目的を見つけて世界を救うというテーマです。

そのキーパーソンとなるのがクレアです。クレアの可愛さと神秘的さ、強さが魅力です。

他にも個性的な様々な能力者が出てきて、とても面白いです。時間も過去に戻ったり未来の話が出てきたり、ちょっと難しい部分もありますが、次がきてになる海外ドラマでした。

そして、能力者同士の意外な関係など真実がだんだんと明らかになっていくのも予想外ではっとさせられます。このドラマにはたくさんのキャラクターが出てくるので飽きることなく楽しめます。現実離れした世界に引き込まれます。

Dr.HOUSEドクターハウスはガンコな爺な医療系海外ドラマ

「Dr.HOUSE」の主人公ハウスは、ほとんどクールに、時に頑固に振る舞いますが、医師の顔になると、中はとても熱く、人間味のある優しいキャラクターです。

彼の元で働く医師たちは、ハウスが一見冷たい判断をし、なぜだと問いながら、強引に進めるハウスの計画を実行しますが、フィナーレになると全員その判断に納得する。

私も納得する。最初のなぜからだんだん分かっていく過程と、彼の頭のクールさがやみつきになります。

1話完結型がほとんどで、ストーリーの中で毎回ハウスが医療用語を使ってサクサクと患者の病気を判断し、周りの医師たちに少しづつ何故そういう判断になるのかを話していき、徐々に周りの反応が冷たいものから理解を示していく展開がおもしろい。

医療物語なので、患者の病気を治すのがメインだが、その患者の抱える個人的な問題や、その家族の問題も解決したり、たまに彼らを冷たく躾けたりするところも、彼ならではのキャラクターだからこそできることだと思う。

冷たいが、実は中身は熱い、ツンデレ医師のストーリーな海外ドラマです。

BONESボーンズは法医学を利用した犯罪捜査の海外ドラマ

ワシントンDCにあるジェファソニアン博物館勤務で人骨の専門家の法人類学者テンペランス・ブレナン博士がFBI捜査官シーリー・ブース捜査官に殺人事件解決のために操作協力を依頼されます。

ブレナン博士は空手で鍛えた強くて美しい外見と、論理的で専門的な話方をする個性的な天才キャラクターとして登場し、ブース捜査官は対照的なキャラクターとして描かれてます。

軍隊で兵士として活躍していた体育会系男性で、ブレナン博士の天才ゆえに欠如した一般常識をしばしば補い彼女の専門的な判断や見識から捜査し事件を解決。

また、ブレナン博士が勤務するジェファソニアン博物館では、賢く論理的な天才達が各々の研究を行ってます。

ブース捜査官は彼ら天才達を皮肉をこめて「スクインツ」と呼ぶびます。しかし、ブレナン博士の助手で天才のザックとは、相性が悪く、ザックからの好意を煙たがり、ザックが難しい話をブース捜査官に話しかけないように男は話をしない事で信頼や友情を示すと嘘をつき、ザックは友情と思い込み、ブース捜査官に話しかけないというからまwり。

天才な博士達の純粋さが面白く描かれていて。他にも個性的な天才として、セレブ出身で虫や泥の専門家のホッチンズ博士と、頭蓋骨から似顔絵作成を行うアーティストのアンジェラと個性的なキャラクターばかり。1話完結で楽しみやすい海外ドラマで、2016年の時点でまだシリーズの続編が続いており、アメリカはもちろん、日本でも大人気です。

Gleeグリーは青春系学園音楽の海外ドラマ

私がおすすめする海外ドラマは「glee」というドラマです。かつて合唱部で活躍していた教師のシュー先生が、再び「グリークラブ(合唱部)」を設立し、部員のフィンやレイチェル、クイン、カートたちと奮闘するお話です。

このドラマの魅力はまず、名曲のカバー力にあると思います。ビートルズやレディーガガなどの有名アーティストの曲をカバーしているのですが、本家に引けを取らない素晴らしいパフォーマンスを見せてくれるところが魅力的だと思います。

そして、それぞれのキャストの人間模様が見ていてとても面白く、特に主人公のレイチェルとフィンはお互い何度もぶつかり合いながら愛を深めていて、登場人物になったような気持ちで感情移入できるところも魅力。

また、フィン役のコーリーとレイチェル役のリアは実際プライベートでも交際していたこともあり、2人のシーンがリアルでとっても自然に見えるところも素敵でした。でも実は、フィン役のコーリーは数年前に亡くなってしまったんです。グリーのメンバーでも実際に追悼コンサートなどをして、グリーにかけがえのないコーリーを悼む姿もありました。

デスパレートな妻たちはアラフォーお金持ちの海外ドラマ

デスパレートな妻たちとは、閑静な住宅街に住む、ご近所で友人であるブリー、スーザン、ガブリエル、リネットの四人の女性が主人公のドラマです。シーズン8で最終話を迎えています。

アメリカの高級住宅街で起きる、普通じゃない出来事ばかりで目が離せない。

登場人物も入れ替わりが多いですが、個性溢れるキャラクターばかりで見ていて飽きません。絵本作家のスーザンや完璧主義のお嬢様のプリーに、トップモデルのガブリエや男性が大好きなイーディのアラフォー主婦の4人が繰り広げるストーリーです。

他人からは幸せに見える家庭でも、家庭の中には様々な問題があり、みんな笑顔で隠しているだけという、誰もが少なからず共感できるところがあると思います。

また、家族のあり方、夫婦のあり方、友達のあり方など、考えさせられる場面がたくさんあります。そして大人になってから、四人のように本気でぶつかれ、喧嘩でき、本気で笑い合える友達っていいなと思えます。

女同士の見栄や意地の張り合いなど、リアルなアラフォー主婦たちが繰り広げる様々なドラマから目が離せなくなります。サスペンスあり、ロマンスあり、家族愛ありの盛りだくさんすぎるドラマです。

クリミナルマインドは犯罪心理学を使った海外ドラマ

シリアルキラー(連続殺人犯)の犯行をプロファイリングで犯人像を示し、捜査するFBIのチーム(BAU)のドラマ、『クリミナルマインド』はとにかくお薦めです。

よく考え込まれたストーリは毎回映画を見ているような気分になれる程です。根本的にはシリアルキラーを題材にした作品なので、死が付き物で苦手な人もいるかもしれませんが、ほとんど一話で犯人逮捕までいきつき解決するのですっきりと終了します。

登場人物も魅力的で、チームリーダー、アーロン・ホッチナーは冷静沈着で揺るぎのない安定感。博士号を持つ天才、スペンサー・リードは天才ゆえに変人的な部分があったり。

何よりもナイスガイな黒人捜査官デレク・モーガンと分析官のペネロープ・ガルシアのコミカルなやり取りも魅力。

ストーリーやテーマは重く暗い内容が多いのですが、登場人物は明るく、またプライベートでは普通の人と同じように悩んだりしていて身近に感じられます。

この作品の程のクオリティは残念ながら日本のドラマなかなか作り出せないと思わさせられます。それぐらいの海外ドラマです。

プリズンブレイクは監獄脱獄の逃走系海外ドラマ

私は、プリズンブレイクを知り合いから勧めてもらい、非常に面白くドハマリしてしまい一気に見てしまいました。

主人公のスコフィールドの頭の良さと、ドラマのハラハラドキドキ感が非常によく、あっという間に見終えてしまいます。

まるで、ジェットコースターに乗ってるかのような気持ちでした。シーズン1では、題名の通り、プリズンブレイク、脱獄がメインで主人公のスコフィールドの頭の良さに脅かされるシーズンです。そして、ハラハラ感も非常に大きく私はシーズン1が一番お気に入りです。

シーズン2は、題名からは少し離れ、逃走?とでも名前をつけるべきではないのかというほど、題名から離れてしまいましたが、こちらもスリル満点です。仲間との裏切りや助け合い、そんな友情を見てるのもまた楽しいものです。
ただの脱獄ドラマではなく、友、そして仲間その中で繰り広げる裏切りと、助け合いのストーリーが非常に面白いです。是非おすすめのの海外ドラマです。

適役の看守ベリックが良い味出してたり、よくあるアメリカの刑務所でのボスのセオドア・バッグウェルの吹き替えが若本さんでめっちゃ面白い。これは日本語翻訳版を1回見て欲しい海外ドラマ。ホント笑える。

シャーロックはシャーロック・ホームズの現代版海外ドラマ

アカデミー主演男優賞を受賞したベネディクト・カンバーバッチがシャーロック・ホームズを演じたことで話題を集めました。

舞台が21世紀に設定されているのでホームズがインターネットやスマートフォンを使って捜査したり、犯人からの連絡もデジタルを使っており、原作よりもスピード感があります。特にホームズが発信するメールはすごく速いスピードで打ち込まれていて、そういったところでもホームズの人間離れした能力を感じることができます。

ジョン・ワトソンを演じたマーティン・フリーマンも様々なところで高評価を受けている俳優なので、この二人のやりとりは何度見ても秀逸です。

もちろん原作に重きを置いているので、ホームズ好きには馴染みの深いストーリーであり、犯人や依頼人ですが、解決までの進み方にデジタル機器が大きく関わってくるので全く違っていて、話を知り尽くしているという人でも十分に楽しむことができます。

1話1話が少し長いので、じっくりと腰を据えて短編映画を見るつもりで見るとより楽しめル海外ドラマです。

メンタリストはシリアスだけど面白い犯罪捜査の海外ドラマ

一話完結で見やすいミステリーの海外ドラマ。その中でも、少し切り口の違う「メンタリスト」はサイモン・ベイカー演じるパトリック・ジェーンが人の行動や仕草を見ながら事件を解決していくので、私自身も出演者と一緒になって「なんで分かったの?」と言ってしまうような驚きがあります。

ジェーンの憂いのある性格をサイモン・ベイカーが見事に演じていてどんなに規則違反をしても憎めない人物として描かれています。

1話目から登場するジェーンの天敵、レッド・ジョンの正体はシーズン6の途中で判明しますが、その後も話は続き、最終的にはシーズン7まで製作されました。

見ているドラマのあらすじを自分で確認するために、Wikipediaを利用している人もいるでしょうが、残念なことに、Wikipediaにレッド・ジョンの正体が乗ってしまっていますので、ネタバレをしたくなければ見ないように気をつける必要があります。ジェーンの上司と言う立場のロビン・タニー演じるテレサ・リズボンも女性ならではの可愛らしさを見せて、お気に入りのキャラクターです。

ウォーキングデッドはゾンビ系海外ドラマ

大人気シリーズのウォーキングデッド、今一番ハマっている海外ドラマです。

ジャンルでいうとゾンビホラーになりますが、平和だった日常がある日を境に一転してしまい、死体がゾンビになってしまうという現象が起こります。生存者とゾンビの戦いが始まり、主人公で警察官のリックを中心に、この奇妙な現実と向き合っていく過程を描いています。

登場人物が非常に多く、また入れ替わりも激しいので少し混乱してしまいますが、主要人物たち、一人一人の複雑な人間模様なども描かれています。

普通の暮らしが一転してサバイバルのような生活になり、最初は皆戸惑うのですが、ゾンビと戦いながら、野外生活を送っていく中で登場人物たちがどんどんワイルドに、たくましくなっていくところも見所です。

また、極限生活を送っていく中で剥き出しになる人間の嫌らしさや、弱さによって争いもあるのですが、それと同じくらい助け合ったり支え合うという人間の良さも描かれていきます。ハラハラする場面も多く、どんどん続きが観たくなるドラマです。

ゾンビよりも人間ドラマ中心なのでゾンビが苦手な人でも楽しめます。

まとめ海外ドラマはシーズンが長いのでかなり楽しめる

海外ドラマは日本のドラマと違って1シーズン24話で何シーズンもやります。だからずっと長く楽しめます。

シーズンが長くなると中だるみしちゃうのが海外ドラマでダメなところでもありますが、シーズンが長いものはやはりそれだけ人気があって面白いんですよね。

1つの作品にハマったらレンタル数本しておけばよかった!!ってなって悔しくなることも多いです。

だから海外ドラマをレンタルするときは必ずシーズン1の1巻と2巻まとめて数本してました。

今は映画やドラマやアニメの動画配信サイトのHuluを契約して見ています。月1000円なので安いし、毎日1本見てるので十分元をとっています。

ここに上げた作品はこの記事を書いている時点で全て配信されています。

2週間無料でみれるので試しに登録してみてはどうでしょうか。他にもU-nextでも同様に配信されているので気になる方を試しに使ってみては?

ネットならレンタルしにいかなくていいし、貸出中はないし、返す手間もないから楽でいいですよ。月額固定なのでかなり節約できます。

DVDをレンタルしてみたい人やツタヤやゲオが好きな人は、ネットで借りて、ポストに届く宅配レンタルが30日無料サービスがありますので、ぜひこの2つを使って無料で海外ドラマを楽しんでください。

あなたにおすすめの記事