読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一般職と総合職の違いと選び方

仕事の種類 就職・転職 仕事 ビジネスマナー

一般職と総合職の違いと選び方

就職活動で求人内容の一般事務と総合職との違いついてわからない。いざ入社してみて初めて職種の中身や待遇面で異なることを理解したという人も!そこで、一般事務と総合職とな違いについて、紹介をしたいと思います。

ぜひ、就職してから後悔して仕事が嫌になり、せっかく苦労して入社試験をパスしたのにも関わらず、退職しないように事前に理解しましょう。

一般事務とは主に転勤や人事異動がない職種

一般事務職についてですが、やはり読んで字のごとく、企業における事務を実施する職種となります。

例えば、ドキュメント作成、管理、会計、発注、精算処理といった、企業を運営する上で必要な事務処理を遅滞なく、正確性を持って実施する職種です。

この遅滞なく、正確性を持って、というのが鍵になりますが、事務職は事務ができて当たり前としてみられます。

つまりミスは事務職として致命的になります。また、場合によっては来訪されたお客様への案内や、お茶出しといった対応や雑用処理もあります。

女性が多い部署だとイメージする人も多い

一方、一般的な概念として一般事務職の転勤、人事異動はありませんので、転勤を避けたい場合や、同じ部署で長く働きたい場合にはよいと思います。

しかしながら、人事面においては、事務ができて当たり前という概念が根強いため、評価されにくい職種であることと、昇給があっても頻度や額が少ないことがいえます。

総合職については転勤や営業など様々な仕事の移動がある仕事

一方、総合職ですが、字のごとく、総合的に、一種のマルチプレイヤーとして企業を先導していく役割の職種であり、将来有望な人材が集まりやすい職種といえます。
例えば、企業における部署間の異動を通じて、企業の商いを把握し、提案活動や企業間の調整をしながら物事を進めていく必要があります。

また、仕事の分野においても、一般事務のような浅く、狭くではなく、深く、広くというイメージがあります。

くわえて、人事異動が頻繁で、転勤も多くなる可能性はありますので、それらを避けたい場合には総合職は向いていないかもしれません。

上昇志向でキャリアアップの男性女性が多い

自分の視野を広げ、知識を深め、それを武器に成長していきたいと考えている方や、自分の仕事が目に見える形で成果にしたい方、さらにグローバルな世界で、他国の企業と仕事をしたい、という方は総合職が向いていると考えます。

グローバルな世界はすでに到来し、企業においてもグローバル対応をしていかねば生き残ることができない時代になっています。このような状況においては、総合職であるがゆえにグローバル企業との仕事もできるのです。

もちろん、仕事に対する対価は一般事務職と比較すると全く異なり、一般的には待遇は良いと思います。また、人事的な評価においても、評価基準も一般事務職とでは全く異なりますので、成果主義の評価をしやすい職種であるといえますので、頑張って成果を出した分、評価がされやすい職種です。

一般職と総合職どっちがいいの?

企業によっては一般事務と総合職の処遇は同等とされている場合もあると思いますので、求人案内や人事の部署にあらかじめ確認をしてください。

経験上で一般事務と総合職は、総合職の方が自分が扱えるフィールドは広いですし、自分で考えて行動し、企業を動かしていくこともができますので、やりがいを持って仕事に励むことができます。

一般事務は事務ができて当たり前、という概念があり、やらされ感がある仕事の内容が多いと思います。コツコツした仕事やきっちり仕事をこなしたい。裏方向きの人にはピッタリの仕事です。

実は縁の下の力持ちの仕事なんですよね。

一般職と総合職の違いと選び方

一般事務と総合職の職種を選ぶ際には自分がどういう仕事がしたいのかが重要であり、それが職種選択の基準になりますので、しっかりした考えを持って職種を選んでみてください。

仕事を選ぶのは自分自身です。企業に就職して自分が何をしていきたいのか、どう成長していきたいかをきちんと理解したうえで、就職活動をしてみて下さい。最近の企業における離職率が高いのも、事前にどういう仕事をしていきたいかのビジョンが見えていない方が多いのが原因ととらえています。

苦労して就職活動をしたことが水の泡にならないように、自分自身のビジョンをしっかりと持っていきましょう。

あなたにおすすめの記事