MIIDAS(ミーダス)の評判は書類選考100%通過の転職サイト

f:id:dougacc:20170727200400j:plain

就職氷河期で辛かった人に使ってほしい。あなたの適性年収がわかる転職アプリのMIIDAS(ミーダス)は、100%書類選考通過かつ99%で面接確約がきまったオファーメールが届く。毎月8000人が登録する転職サイトです。

あなたの想定オファー年収はMIIDASでオファーされた金額を基に表示されるので、もし50万以上金額が高かったら即転職をおすすめします。

5分ほどで確認ができるのでお試しでやってみるといいですよ。

MIIDAS(ミーダス)公式サイト

就職氷河期の人におすすめしたいMIIDAS(ミーダス)の評判の高さ

就職氷河期や新卒で就職活動した人ならわかると思います。100社エントリーは当たり前と言われた時代に就職した人。上手く就職できなくて、フリーターになってしまって卒業してから就職したという人。

そういう経験をしていると、転職なんで怖くてできないですよね。だってかんたんに書類選考が通ると思いませんもん。

あと、当時焦って就職して、今あまり給料が増えていない。なぜか後輩のほうが給料が高い。就職バブルの新卒羨ましいと思いますよね。

もっとキャリアや能力にあった適正な給料が欲しい。でも無理かなっと諦めてる人。客観的に自分の年収を評価できるサービスを使いましょう

実は、MIIDAS(ミーダス)なら100%書類選考が通るんです。

MIIDAS(ミーダス)はなぜ100%で書類選考するのか

企業が必要な転職希望者を探して、直接オファーメールを送ってくれる。だからこそ100%書類選考通過なんですよね。

転職サイトでの書類通過率は約10%なので、MIIDASを使わないで面接をするためには10社履歴書を送らなければなりません。コレはきつい。

そして、ミーダスの特徴として、転職希望者が来たオファーから希望企業を選ぶだけという贅沢なサービスです。

MIIDASは実は転職サイトですが、ただ自分の職務経歴と経歴を登録するだけ。自分で企業を探す必要が無いんです。

自分で企業に応募する必要がない。というよりも応募できないんですよね。じゃあ登録しただけでまったくオファーが来ない人もいるんじゃないかなって思いますよね。

MIIDAS(ミーダス)に登録すると99%オファーが届く

ほぼ間違いなく、確実に登録したら企業からオファーが届きます。面接ができないということがあるのは1%ぐらいの確率です。

これは実際にMIIDASが公表している数字です。

登録完了した直後、約3人に2人が面接オファーが届く

ミーダスに毎月8000人も登録する人気の理由は、登録完了後の直後に面接確約オファーが届くからです。

大手転職サイトのリクナビやDODAやマイナビなどでは考えられません。

ここがMIIDAS(ミーダス)の評価が高く口コミおすすめされて登録する人が多い理由です。

多い人で登録直後100通以上の面接確約オファーが届く

多い人でミーダスならいきなり100社と面接ができてしまうわけです。
書類選考を通過するために何十通もエントリーして、お祈りメールをもらうのは実際につらいですよね。新卒で就職活動した人、就職氷河期の人は経験してきて辛かったですよね

もうあんな思いはしたくない、だから転職なんて考えられない。。。

転職エージェントなら、企業へのエントリーは紹介された企業に「応募する・しない」の返事だけなので、数日で100社程度エントリーできるので30件ほど。

転職サイトで転職した人は転職エージェントすごい楽だわ!って思いますが、それ以上のかんたんさがあります。

極論、登録してその日に面接をして、内定が貰えてしまうというすごいサービスなんですよね。

実際にどれぐらいの頻度でオファーが届くの?2~3日に1社

初日に大量にオファーをもらった後はメールが来ないんじゃないの?安心してください。スキルにもよりますが、大体2~3日に1社の割合で面接確約オファーが届きます。

このペースでいけば、1ヶ月で10社~15社程度面接ができますよね。

初回にもし100通のオファーが届いたら、1ヶ月で115社!

これすごくないですか。メルマガとかじゃないんですよ。面接確約のオファーなんですよ。

登録して何社ぐらいで転職が決まりますか?4社受けると1社決まる!

大体一時選考通過率か25%なので4社面接受けると1社決まります。

普通に考えたら、書類選考の通過率がこれぐらいなので、非常に簡単に転職ができますよね。

1ヶ月で10~15社の面接確定していたら、1ヶ月で大体2~4件ぐらいの内定がもらえる計算になります。

5分で登録して、1ヵ月後には転職できてると思ったらわくわくしませんか。

想定年収はMIIDASの人が実際にオファーされた金額

f:id:dougacc:20170727200844j:plain

年収の評価サイトなどほかにもありますが、ミーダスの評判がいい理由は、ミーダスに登録されている7万人の中からあなたと同じような経歴・スキル・キャリアの人が、オファーされた年収を表示しています。

もしも、MIIDASに登録して現在の年収よりも50~100万違うなら転職したほうがいいです。

この想定年収オファーの表示は自分の一定の年収の指標になるので、ほかの転職サイトや転職エージェントを使う際に、最低希望年収の提示をする際に便利です。

自分の中で適正年収の根拠として使えますからね。自分の安売りはやめましょう。

ミーダスの求人は希望条件順に並ぶ他社は広告費順

f:id:dougacc:20170727201011j:plain

多くの転職サイトは広告の料金順に並んでいます。

しかし、ミーダスは希望条件順に表示されます。

他社の求人の表示順について説明しましょう

転職サイトの検索結果は企業の広告費順に並んでいます。といっても、完全に値段順ではなくて、たとえば広告掲載枠の大きさL・M・Sといった感じでグループ分けされています。

例えばリクナビやDODAなどの大手転職サイトでエリアで検索しますよね。私の場合は東京なので東京で検索してみます。

プロフィールで希望の職種を設定していても、検索で出てくるのは、まず不動産や建築業界などの営業です。営業は対象外なので希望に合いません。

わざわざもう一度検索条件に希望職種をいれて検索しなければいけません。

でもやっぱり出てくる不動産業界こんどは職種はあっていますが。

ページを次に進めていくと広告枠が小さくなり、やっといろんな業界の職種が出てくるんですよね。

不動産業界を探しているなら良いですが、そうでない人には時間の無駄です。

上からあなたの希望にあっているので面接も上から受けていけばいい

しかし、ミーダスなら掲載順が希望する条件順に並ぶので、上からあなたにおすすめの求人企業が表示されるんです。

上から順にあなたの条件にあった企業が表示されるので、わざわざ探す手間が省けますし、面接を受ける順番も上から優先していけば最短で内定確定して転職ができるはずです。

ミーダスはなんと日経新聞の有料情報が無料で見れる

有料サービスの日経新聞社の業界レポートの日経バリューサーチの情報を無料で閲覧できる。

面接対策って大変ですよね。業界の調査とかも大変です。でも、この日経バリューサーチを企業分析に使えば、これから面接を受ける企業の業界情報や競合情報をまとめたレポートを閲覧することができます。

競合他社についての情報をしっかり把握しているかどうかは、面接の基本です。これができているかいないかで面接の合否が決まります。

転職サイトでこの情報が閲覧できるのはMIIDASだけで、本来この情報を閲覧するためにはお金がかかってしまいますが、その契約金額もMIIDASが負担していますので完全無料です。

ミーダスの評判デメリットは自分から応募できない

サービス上仕方がないのですが、企業からのスカウトを待つだけなので、こちらから希望の企業に応募することができません。

しかし、逆に考えれば、書類通過率100%なのでわざわざ自分から応募する必要がありません。無駄な時間を過ごさなくてすみます。
忙しくて転職活動できない人は、自分で探す時間がない。だからこそ、デメリットがメリットになるのです。

ここを勘違いして評判が悪いという口コミもあるようですが、使い方の問題ですね。

ミーダスの評判まとめ面接確率99%がおすすめ

とにかく1番おすすめしたいのは登録しただけで99%面接が確約してしまうというすごいサービスです。

年収表示も、登録者7万人のデータからあなたに似ている人がどれだけ実際に年収のオファーを受けたかをベースに算出されているので給料が人より少ないと思っていれば、アップがほぼ間違いなく狙えるはず!

本当に転職したいなら、5分で登録できてすぐ面接ができるミーダスを使わない理由はありません。

もっと素早く、効率よく転職したいなら、同じ会社が提供する業界2位のDODAと転職エージェントのリクルートエージェントも登録するのは転職業界の常識です。

MIIDAS(ミーダス)公式サイト