読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

転職に役立つ資格17紹介します就職に有利な資格を取ろう

就職・転職

f:id:dougacc:20160322211614j:plain

英語のTOEICや英検に金融系のFPや日商簿記2級に不動産で必要な宅建に医療事務などさまざまな基本的な資格からちょっとレベルの高い資格まで揃えましたのでぜひご覧ください。転職に有利になる資格がきっとあるはず

TOEICと中国語検定のセットで外国語の仕事に転職有利

転職に有利な資格をあげるとすれば、TOEICと中国語検定。日本における人口の減少や不況から、これからますます企業は、国際化の波にのまれて合併化します。

楽天やユニクロなど、すでに公用語が英語となっています。さらにこのような企業が増えるはずですし、上司が外人ということも珍しくなくなるでしょう。

実際、リーマンショック後にビジネスマンに英語力を求める企業が急増しています。それだけ、海外市場に目を向けているという証拠です。

上記の理由から、TOEICは転職する上で必須のスキルになります。ちなみにTOEICは、ビジネスでよく使われる単語や、フレーズ、文書のやりとりなどが問題にあって、比較的すぐにビジネスに活かすことができます。

TOEIC以外に中国語検定もオススメします。英語だけでしたらできる人は多いです。中国人による爆買という言葉が流行りましたが、人口14億と言われる中国人のニーズが将来、いやが上にも高まります。

日本の老舗のシャープが中国企業に買収されたように、これからこのような動きは加速します。中国語ができたら、職種にもよりますが、相当有利です。

社会人として見直す英検はスピーキングとヒアリング力の資格

転職のために受ける英語の資格としてはTOEICがありますが、オフィシャルではスコアが通用するのは2年間が一般的です。また、履歴書に書けるレベルだと650点からです。

そしてTOEICの弱点といえばTOEICのスコアが高くても「TOEIC用の勉強をしたんでしょ?」などと言われたりします。実際に喋れるかどうかは別だよねと突っ込まれたり。

そこで英検の資格も合わせて勉強すれば、揺るぎない英語力の裏付けになり、また英検には一度合格してしまえば一生ものの資格です。

英検は2次試験として英語での面接があります。読み書きとリスニングだけではなく、スピーキングの能力が試されます。ここで英語で会話もできるというアピールが可能です。また、英検については、特に1級では語彙の豊富さが求められ、実力の証明になります。

不動産業界に転職するのであれば宅建士が有利

不動産業界で欠かせない資格といえば宅建士です。宅建士は不動産を買う際に必ず重要説明事項を説明したり、契約書の作成をする必要があり、不動産業界にとっては宅建士の資格がある人を最優先で採用することが多いです。

また、5人に1人は宅建士が必要で宅建士の資格があると不動産業界に転職したいと思っている人にとっては転職しやすい資格になります。

しかも宅建士の受験資格は無く、宅建士の試験に合格して必要な講習(登録実務講習)を受講して必要な手続きをして宅建士の資格を得ることができます。

また、もともと不動産業界にいた人であれば宅建士の受験前に登録講習を受講しておくと免除される科目があるので、受講しておくとより宅建士の合格に有利になります。

また、不動産業界に転職を考えていない人でも宅建士の資格が生かされる場合もあります。

例えば資格予備校の講師がその一つで、その資格予備校が宅建士を扱っている学校であれば宅建士の講師としての転職も可能性があります。

宅地建物取引士の難易度や不動産業の求人について

日商簿記2級は会計士や税理士を目指す人に有利な資格

日商簿記2級が役立つ理由は、この資格は会計資格の登竜門的存在です。試験内容は仕訳や精算表の作成など経理や会計業務では必須の内容になっています。初学者でも時間をかければそれほど難関な資格ではありません。合格率は回によって異なりますがだいたい20%くらいです。

この資格を取得することで転職できる求人の数が圧倒的に増えます。実際にリクナビネクストなどの転職サイトで資格で検索したところこの日商簿記2級の求人が最も多かったです。特に経理や財務系の仕事では圧倒的な需要がありました。

また日商簿記2級を学ぶことで企業を取り巻くお金の流れを理解することができるため、どのようなサラリーマンにとっても知ってて損はない知識です。

営業系の仕事から経理の仕事へ転職したい人などにおすすめの資格です。

ファイナンシャルプランナーは経理や事務に保険の転職に役立つ資格

経理や事務の転職でしたら、ファイナンシャルプランナーの資格であれば有利です。保険系や金融系の昇進の条件にFP2級が条件だったりしますからね。

ファイナンシャルプランナーでしたら、金融機関、保険会社、会社の経理などで活躍できると思います。

税金や相続の一般的な知識も身につくので転職後も新しい業務をわりと抵抗なく進めることができました。

また、ファイナンシャルプランナーは全体的な金融商品の知識、タックスプランニング、住宅についての基本的なことも網羅していますので、会社のお金のだいたいの流れなども決算書や金銭出納帳、帳簿などを見て把握することができます。

堅いイメージの資格なので、持っているというだけでちょっとした安心感や信頼感という印象もありそうです。

また、世間話で他の人の家計の相談にものったりもできます。税金面でも法改正があったりしますので、その点を十分に注意すれば転職にも私生活にも役立てられる資格だと思います。

年々受験者は増えています。ファイナンシャルプランナーは、金融業界に勤める人にとっては必須な資格となりつつあります。

個人資産をトータルでアドバイスできるだけでなく、将来独立開業できる資格として、人気があります。最近では、不動産業などに携わる方や転職を考えている人にも人気があります。

なぜなら、住宅購入に対して、資産計画や住宅ローンの借入、返済や売買などのアドバイスする上で必要な資格となっています。

3級であれば、金融業界に勤務していなくても、受験可能です。転職活動中の人だけでなく、就職活動中の大学生も受験しています。

ファイナンシャルプランナーの求人の種類や難易度FPをお勧めする理由

文部省認定の秘書技能検定はビジネスマナーに役立つ資格

秘書検定は、事務関係のお仕事につく可能性がある方は、ぜひ取るべきだと思います。
3級でもかまいません。ビジネスに役立ちます。

社会人としての常識がいっぱいつまっているので、実務に大変役立ちます。電話の取り方から、上司とのやり取りの方法、冠婚葬祭なども含めてOLとしてのキャリアを証明する証になると思います。

秘書になりたい人、秘書としてのキャリアを積む人おすすめの資格です。。お仕事の内容は、一般事務、営業事務とさほど変わりませんが、待遇と仕事内容は他の事務と比べるとハードなものが少ないように感じます。

ちなみに、とても簡単に取れます。3級は6割合格。ほぼ誰でも取れます。2級もひたすら参考書を読むだけで、計算や難しい用語などもありません。準1級は、面接があるので一度秘書のお仕事をされてみた方が取りやすいと思います。一般事務のお仕事をされている方はお仕事の幅が広がりますから、ぜひ取る事をお勧めします。

中学校や高等学校教員免許で教育系の就職に役立つ

中学校か高等学校の教員免許は、教育業界で転職する際には非常に有利になる資格です。まず、教員免許を持たない限りは教員になることはできません。逆に言えば、教員免許を取得しておけば、教育業界を渡り歩くことができます。

実際、色々な学校で非常勤講師として渡り歩いている人もいますし、学校から学校への転職も当たり前に行われています。

また、教員免許は公的な資格ですので、塾や教育に関連するNPO団体は有資格者を優先して採用します。

教員の資格を持っている人がいる=教育に関連する十分な質が確保されている団体であることをアピールできるからです。塾やNPO教育団体からのニーズは安定してあるといえるでしょう。

さらに、教員免許を持っていることで、代替教員として市町村に登録できる場合があります。これも教員免許を持っていないと登録すらできないので、教員免許は転職口を広げる役割を果たすと言えるでしょう。

以上のように、教員免許を持つことは教員・塾やNPO・代替教員と3つの転職口を確保するとともに、転職を有利にする道具としても機能するのです。

デザイナーなど異業種に転職する際に役立つ色彩検定の資格

DTPデザイナー、グラフィックデザイナー、WEBデザイナー、インテリアコーディネーターはもちろんのこと、さまざまな職種で一応取得しておくと若干ですが、有利に働くことがあります。

カラーコーディネートはいろいろと役立つ場面が多々ありますが、色彩検定の2級・3級クラスならさほど難易度も高くないところが魅力的です。

スキルの欄「イラストレーター、フォトショップ、インデザインが使えます」だけよりも、プラスアルファに色彩検定であれば、理論付けて配色を整えますので、クライアントや自社営業マン等を説得させやすい要素になります。例え、異業種に色やデザインなどの会社に転職する際には役に立つことは間違いないと思います。

情報処理技術者試験ITパスポート試験はパソコンの基礎を学べる

直接的な作業能力の証明になるものではないですが、IT系の国家資格の中で一番取得しやすく初心者も取得が可能なIT関連資格です。

内容はITの知識でけではなく、財務、法務、経営戦略など経営全般に関する基本、システム開発、プロジェクトマネジメントなどIT管理に関する基本、ネットワーク、セキュリティ、データベースなどIT技術に関する基本などが盛り込まれています。

現在の高度情報化社会では、コンピュータを操作できるだけなく、情報処理についての正しい知識・能力も必要とされています。

基本的なITの知識は今後は必須スキルのひとつです。ITの専門職の転職なのには通じないレベルですが、基本知識の証明には充分な効果があると思われます。

また、国家資格であり認知度も高いのでITパスポート資格と合わせて、入門的な内容なので受験制限は特になく、誰でも受験することができます。

試験のレベルは、市販のテキストなどを利用して独学でチャンレンジすることも可能なレベル、通学やセミナーを受けなくても合格することは充分に可能。持っていて損はない国家資格です。

国家資格の基本情報技術者はIT業界の転職で資格手当も

国家資格の情報処理技術者試験の中の一つに『基本情報技術者』というものがあります。

プログラマー・システムエンジニアなどIT関連の職業につく際に、この資格を持っていると基本的なIT関連の知識・教養があると認識され転職に有利です。

特にあまり業務経験がない20代の転職者にとっては、企業側からすると業務経験がなくてもこの資格があるだけで全然変わります。

入社後に資格を取らせることを目標としている会社も多く、新卒者との差別化を図る意味でも有利な資格といえます。

難易度ですが、合格率だけをみると20%前後と低く感じますが、実際はそれほど難易度は高くないと思います。人によっては実際3か月程度の勉強で取得することができます。

何より、資格をとることで基本的な知識が身につくため、業務においても活かすことできます。

危険物取扱者乙種4類は塗装会社や運転手などに役立つ資格

危険物取扱者乙種4類(乙4)の資格はガソリンやトルエンなどの消防法上で定められている引火液体物(第4類)についてのみ、取り扱うことや立ち会い監督が出来る国家資格です。

危険物取扱者乙種4類があれば、ガソリンスタンドや塗料を扱う会社や塗装を請け負う会社への転職や就職に有利です。

資格手当が付くため、給料アップも期待出来ます。

さらに、大型自動車免許を持っていれば、タンクローリーの運転手として活躍することも可能です。

危険物乙4は都道府県によって異なりますが、年に数回試験があるので、試験に合格するチャンスが多いのも魅力です。

今住んでいる都道府県以外の試験も受けることが出来ます。合格率は40%前後です。働きながら独学で取得することが可能です。

危険物取扱者は甲・乙・丙の3種類あり、乙種だけ第1から6種まで分かれています。危険物乙4取得後、他の乙類の資格を取得もしくは一定の実務経験があれば、上位資格である甲種の受験資格を得ることが出来ます。

スキルアップも出来ますし、転職や就職の際にアピールも出来るのでおすすめです。

いつの時代も人手不足の看護師資格はすぐに転職ができる

いつの時代も不足で悩まされているのが看護師資格です。最近では高校を卒業し自ら男性が看護師を目指す人も増えています。

診療報酬の改定もあり7対1の看護師確保の為に何処の病院も募集は年中あります。在宅での看護も増えている中、看護師の働く場所は多様に増えていっています。

病院、クリニック、訪問看護、デイサービスや施設、検診、イベントでの看護業務等色々です。

その為、看護師が勤務する所は比較的看護師が勤めたい所を選べる状態になっています。また、雇用形態は常勤勤務だけではなく、アルバイト、パート、派遣という形もあります。

訪問看護業務は看護師が開業し運営する事も可能な仕事です。

一言に看護師と言ってもその後の経験や勉強の仕方、免許により専門的に特化していきます。

有名な物では保険師資格を取得したり、助産師の取得です。他にも病院やクリニックでの現場での勤務だけでなく看護学校での教師になる場合もあれば、認定看護師を取得しその科の専門になる事もあります。

看護師資格を取得した後に専門性を磨く事で貴重な存在に育っていく事も可能です。

医療事務管理士で人気の医療事務に!

医療事務管理士を取得することで、一般事務から医療事務に転職することが可能です。

医療事務は今人気の職業です。人気のため応募者もかなり多いため医療系の事務は、まず医療事務の資格を持っていないとなかなか受かりません。

ですが、資格さえ持っていれば総合病院やクリニック、眼科耳鼻科等どこの病院で働くにも役に立ちます。

短期の医療事務講座を受講して、働きながらなら約半年程度あれば資格を取得し、転職先も見つけることも可能です。

通信講座もあるので、勉強は初めやすいし転職を考える場合にも自分のペースで勉強を進めることができます。

人気のためテキスト等も本屋に行けばたくさん置いてあり、専門的ですが医療機関で働いたことがなくても、取得しやすい資格だと思います。

医療事務は、子供を持つ主婦の方もたくさん活躍している仕事です。結婚、出産後もずっと安定した病院の仕事を続けていける、医療事務は女性におすすめの資格です。

ITエンジニア向けの転職に役立つLPICで給料アップ

LPICはLinuxというOSの技術者認定の資格です。全世界で同一内容の試験を受験できることもあり、知名度も非常に高いです。

技術レベルに応じてレベル1~レベル3までの3段階の認定があり、転職者が自分の技術レベルを客観的に示すことができるため、大変有用です。

LPICは知識を暗記するだけでは取得は難しく、PC上でタイピングも必要なので、実機の操作を伴う勉強が必要です。

Linuxは操作には専門知識が要求されますが、エンジニアによって使用する領域が異なります。

基盤系であれば、Linuxの導入~構築の知識が必要ですし、開発系であればプロセスの表示やパフォーマンスの確認など、必要となるスキルは一致しません。

構築後には操作権限を限定してそれぞれの担当に渡すのが通常なので、ただのLinuxユーザだとroot権限の操作経験はないのが普通です。

上記の理由から、面接官が経歴書や短い面接だけで技術レベルを判断するのはとても難しいのです。

よくある「Linuxの基本的な操作はできますか?」という質問では、どの部分の基本操作ができるのかわかりません。

しかし、LPICを取得していれば、どの範囲の知識を習得しているのかは可視化されます。幅広いエンジニアが使用するLinuxだからこそ、LPICは重宝される資格です。

SAP認定コンサルタントは年収1000万も目指せる

SAP認定コンサルタントは、ERPや会計システムの導入コンサルタントやシステムエンジニアの仕事の機会を増やす資格です。

一昔前に大手企業を中心にERP導入ブームがありましたが、現在その見直しをされるプロジェクトが企業様で立ち上がっております。

ERP関連のプロジェクトの立ち上がり状況を見ると、そのプロジェクト数から、SAPは王道であり続けていることにかわりはありません。

一昔前は月額単価が200万円/月の報酬も期待できるバブル状態でしたが、さすがにそこまでの過熱ぶりはありませんが、単価が100万円/月の報酬が得られる状況です。

SAPとは、億単位の金額規模の投資をして導入したERPシステムです。なかなか、現段階で、システムをリプレースという企業判断が下すのは難しく、SAPは今後もERP市場の導入市場において大勢を占めるキーワードです。

会計系導入コンサルタントとしてより有利な条件を求めて転職、あるいはフリーコンサルタントへの転出を考えられている人には、必須の資格です。

今SAP導入の案件に関与し、認定コンサルタントの資格取得機会に恵まれている人は必ず取得しましょう。ご自身のキャリアアップの手助けになるアイテムとなります。

美容師資格は働く場所が多いし将来性もある

美容師の資格を取ると美容室の中でもスタイリストだけでなくネイリストやスパニスト(ヘッドスパをする人)として働けます。 美容師の資格を取った人でヘアカットやパーマなどが苦手な人はそちらの道もあります。

まつげエクステは美容師の資格がないと出来ませんから雇われでも独立でもどちらでも働く事が出来ます。カツラを扱うお店でも求人が出ている事もあります。

他にはキャバ嬢などのヘアを選任でする仕事なら夜のお店を掛け持ちで働く事も出来ます。こちらはチップやお小遣いなどが貰える事もありますし綺麗なお嬢様、お姉様方との会話も楽しくテンションが高めで仕事が出来ます。

写真館でも美容師を雇っている所が多いです。特に子どもとママの衣装の着付けが出来ると着付けとヘアメイクで給料やバイト、パート代が高めです。結婚式場や結婚式をやっているホテルなどでも働けます。

ひとくくりに美容師といっても色々な働き方があり、働く場所もあります。

転職を考えるなら美容師として資格をとれば働く場所もたくさんあるし独立する道もあります。通信で学ぶなら美容室で働きながら資格をとる事も出来ます。

年齢制限もないし、資格を取れば定年もありません。近年、まつげエクステが美容師の資格がないと出来なくなったように将来的に美容師の資格があると有利に働ける事が増えてくるのも予想されます。

転職を考えるなら思い切って美容師資格を時間わかけても取得すると未来が開けてくるかもしれません。

機械保全技能士一級クレーン玉掛けは工場勤務に欠かせない資格

機械保全技能士一級は国家資格なので工場勤務をされている方にはとても有利な資格のひとつです。また、クレーンや玉掛け、フォークリフトなども工場ならではの資格で即戦力になるのでかなりおすすめです。

工場に努めている以上、機械のスペシャリストが求められるので機械保全技能士一級はかなり重宝されます。機械の不具合があった場合など自分で率先して今までの知識や経験が最大限に活かされます。

機械保全だけでなくクレーンや玉掛け、フォークリフトを持っていると現場でも活躍出来るのでそれも即戦力には欠かせない資格です。

あくまでも工場勤務の人が有利になる資格ですが工場勤務を希望している方にはぜひおすすめしたい資格です。資格がなくて工場勤務への天職はなかなか難しいものです。

トラックで荷物の運搬にも必ず役に立つので工場関係の配送業にも転職が可能なので転職先は広がります。

まとめ転職に役立つ資格や就職に役立つ資格

よくある日商簿記2級や英検やTOEICだけじゃなく、他にもさまざまなキャリアチェンジや転職の道がひらける資格をまとめて紹介しました。

転職するときは未経験でもいいから新しい仕事をしたい人も多いと思います。その時に役に立つのが資格です。

資格をとって転職をする前に、そもそも実際に自分にどんな仕事があうのかをチェックしてから勉強を始めたほうが効率的です。無料で診断できるサイトもあるのでぜひ利用してみてください。

無料!転職力診断テスト@type公式サイト

あなたにおすすめの記事