リクルートエージェントの評判と求人数は1位でも対応悪いの?

リクルートエージェントの評判と年収を増やした体験談

リクルートエージェントの評判が高いのは転職エージェントで1~2ヶ月という短期で一気に新しい職場を決めれるからです。皆さん複数登録して転職活動をしていると思います。

本気で転職して給料を上げたい人だけにおすすめリクルートエージェント

本気で転職したいと思っていない人は、使わないで欲しい!なぜならこの転職エージェントは1~3ヶ月でしごとがきまるから

リクルートエージェントは非公開求人が1位なので転職エージェントで一番オススメ

求人数が多いからこそあなたにあった仕事がすぐに見つかるんです。

そして給料交渉もガッチリしてくれるので、給料が安い人はかんたんに50万~100万などアップします。給料が高い人はかんたんに1000万を超える人もいます。

だからこそ、本気で転職したい人だけにおすすめしたい

リクルートエージェントは履歴書・職務経歴書がいらず1分で登録できる

転職エージェントって登録がめんどくさそうって思いますよね。そんなことはありません。とてもかんたんなんです。2つのステップで登録ができます。ではその3つのステップをご紹介します

ステップ1:転職希望時期や勤務地・年収を入力する

f:id:dougacc:20171020100547j:plain

まずは、転職に期待することを入力します。と言ってもそんな大げさなことではありません。

 

  • 転職希望時期:すぐにでも、1ヶ月以内、3ヶ月以内、6ヶ月以内、1年以内、未定
  • 希望勤務地
  • 現在の職種:こちらは大カテゴリ>中カテゴリ>小カテゴリ
  • 現在の年収
  • メールドレス

これでステップ1が終わりです

 

ステップ2:簡単なプロフィール情報の入力

こちらでは個人情報と最終学歴や勤続経験などの情報を入力していきます。

まずは個人情報と学歴の入力です

f:id:dougacc:20171020102110j:plain

 

  • 氏名
  • 性別
  • 生年月日
  • 住所
  • 電話番号
  • 最終学歴

 

つぎに転職回数や現在の勤務先等の入力を行います

f:id:dougacc:20171020101349j:plain

 

  • 経験社数
  • 現在の就労状況:在職中、離職中
  • 業種:業種大カテゴリー>業種中カテゴリー>業種小カテゴリー
  • 現在または直前の勤務先
  • 雇用形態
  • 在職期間
  • 英語力
  • 海外赴任経験
  • 語学、資格、学歴等

最近では英語力が求められることも多く、英語に限らず、中国語なども記載したほうが評価が上がります。

 

リクルートエージェントのアドバイザーに絶対に伝えたいことを入力

f:id:dougacc:20171020102757j:plain

転勤や引っ越しができない、残業が少なめ、土日が休みがいい。など給料アップも大事ですが、ワークライフバランスも大事にしたいですよね。ここはかならず入力しておきましょう。

伝えておきたいことをしっかり書くか書かないかで本気度が変わります。

書くことがないと思う人は本気度が足りないので、後回しにされたり、いい仕事を紹介してもらえない可能性があります。

しっかり伝えることで、あなたにマッチした仕事をピンポイントですぐに紹介してもらえます。

実はリクルートエージェントに登録するときに、かんたんにリクナビネクストにも登録できる。

沢山対応できない人はあとから登録でもいいと思います。

登録完了後面談か電話でのやり取り

f:id:dougacc:20171020103325j:plain

これで登録が完了です。とっても簡単です。

転職エージェントは絶対に面談に行かないといけないんじゃないの?ッと思うかもしれませんが、じつは電話面談でも対応してくれるのがリクルートエージェントの強み

支店が遠くて登録面談に行くことが出来ない場合は電話面談も

東京や大阪など都心部では気軽に登録面談に行くことが出来ますが、地方の場合だと、隣の都道府県まで行かないと転職エージェントに登録できない当問題もあります。

そこで諦めて登録できない人も多いですよね。

しかし、実は遠くで直接行けない人の場合は電話での面談をしてくれます。これなら、忙しくて行けない人も電話面談で登録して転職活動をすることが出来ますね。

あくまでも遠方の人なので基本は直接行かなければいけません。ココはまず面談申し込みをして相談するしかないのでまずは申込みをしてみてください。

1ヶ月で仕事が決まるリクルートエージェントが求人数が多い秘密とは

リクルートは新卒のリクナビ、中途採用のリクナビネクストと新卒から中途採用まで国内最大級の知名度を誇る求人サイトを運営しているから。

転職したいと思ったら登録はどこにすればいい?と思った人つぎの2つが上がったと思います。

 

  • リクナビネクスト
  • DODA
  • マイナビ転職

 

DODAは業界で2位の求人数、マイナビは新卒採用でいまやリクナビを抜いて1位の登録数なので知名度も高い。

採用担当の人事も同じで、まずは有名なところから利用するので、単純に求人数がリクルートエージェントが1位になるわけです。

知名度のあるところなら、案件数も多いいし、また安心して利用できることも人気の理由です。

リクルートエージェントは東京大阪はもちろん全国に支店がある

求人数が多くても、転職エージェントって東京だけでしょと思って使わない人もいるんですよね。自分の地元の人達は転職するときはリクナビなどの転職サイトで自分で探す人が多いんです。

でも、リクルートエージェントは最大手だけあって全国に拠点があります。拠点一覧を見てください。本社は東京でそれぞれの支社やオフィスを紹介します。

  • 北海道
  • 東北
  • 東京
  • 西東京
  • 宇都宮
  • 埼玉
  • 千葉
  • 横浜
  • 静岡
  • 名古屋
  • 京都
  • 大阪
  • 神戸
  • 広島
  • 岡山
  • 福岡

 

土日や平日の夜に開催される転職フェアと企業セミナー

仕事が忙しくて、昼間に面接がなかなか受けれない。サービス残業が多くて平日の夜に転職活動ができない。

リクルートエージェントが開催する企業セミナーや転職フェアはなんと平日の夜や土日の休日にも開催されています。

忙しくても転職活動が出来る!というわけです。

転職フェアや企業セミナーって意味あるの?っと思うかもしれません。

実際に職場の上司になる人や同僚の人などが説明に来ることが多いので参加することで自己アピールも出来ます。

同じような条件の人がいた場合、書類選考の際や面接に進んだときにあったことがある場合だと当然わざわざ来てもらった人のほうがいいですよね。

企業が内定を出しても、実は他社に行くことになったということは非常に多いんですだから、内定を出したら絶対に来てくれる人を優先したいですよね。

リクルートエージェントはすぐに転職したい人におすすめ

これは自分が何度か使った感覚で実際に転職して給料が100万クラスで増えたんですけど、とにかく早期で探している人向けという感じですね。

とにかくその人に合っている案件を一気に紹介してそこで、決めてもらうという営業スタイル

リクルートエージェントの面談に行ったその場で、自分の今までの仕事のキャリアとこちらの条件に合ったものを20件ぐらい提案してくれるので、転職前よりも待遇が悪くなるようなものはありません。

人事に転職して感じることは、募集を出すときはすぐに足りない人を確保したいという理由で求人を出すので、いい人がいたら即内定を出して求人活動を終わらせたいんですよね。

特に大手の案件が多い為、当然他の転職エージェントも同様の求人を取り扱ってるわけです。その為すぐにその枠は消えていく。そうなると、応募する求人は減っていくとのです。

とにかくすぐに決めてくれるので1〜2ヶ月以内に絶対に転職先を決めると決めた人向けです。

リクルートエージェントで転職して年収1000万超えた同僚も

自分がはじめて転職エージェントを使って転職した時は、会社の同僚が実際に中小から大手企業に転職したのがきっかけでした。勧められたんですよね。

とにかくキャリアアドバイザーが優秀だから絶対に使って転職した方がいいと言われたのです。

キャリアアドバイザーが面談で転職の目的がはっきり

転職において叶えたいことって最初はわかりませんよね。実際にこれは、転職活動していく中で明確になっていきます。

また、転職活動において、何を大切にしたいのか、明確に話すことができれば、そのままアドバイザーさんに相談し、その上で案件を選んでください。

自分の中で生じている矛盾(目指したいことと、案件を選んでいる条件に相違があったりすると)を指摘してもらえたりするため、転職先を間違えて選んでしまうことも少ないと思います。

また、転職を漠然と考えていて、転職で叶えたいことや大切にしたいことなどは話せる段階には至っていないという場合であっても、自分自身の過去や経歴から、なぜ転職活動を考えるに至ったのかをこまかにヒアリングしてくれる。

その中で、こうしたらどうか、こういうことが大切なことなのではないのか、といった今後に対するアドバイスをいただくこともでき、またもちろん転職時期を含め、転職活動の方法、転職活動についても詳しく聞けるため、今後の参考にもなります。

リクナビエージェントの評判が悪い人という人は担当が合わない

リクルートエージェントのキャリアアドバイザーと面談をしていくと、より自分と社会の自立に貢献できる、貢献性の高い仕事ができること、またその中で貢献のために適切な目標を持ってがんばれる環境を得ることができること、そういった業務環境が得られるかが転職の目的ということがはっきりわかります。

キャリアアドバイザーからは、そのときの状況で、いまいち適切な目標をを持つことができずもやもやしていることを含めて理解していただき、目標をもってがんばれる環境として、こんな案件はどうかとの提案もしてくれる。

また、担当者を変えたいときは、気兼ねなく申し出ることなど、サービスに関わる細かいことも、気さくに説明してくれる。

人間好き嫌いがあります。自分に合わないと思ったらすぐに変えてもらいましょう。

じつは契約社員の求人も多い

正社員だけの転職かと思いきや、契約社員などもあります。自分の好きな働き方を選べます。

契約社員でも給料がめちゃめちゃ高い企業も多いから一概に正社員じゃないとダメと言わなくてもいいですよ。

契約社員から1年後に正社員登用します。という仕事もあるので、働いてみて自分で選ぶという方法もあります。

毎日、かなりの量の紹介があるため、求人内容を確認していくことの大変さはあります。でもこれって嬉しい悲鳴ですよね。給料や待遇がアップする条件の求人を毎日送ってくれるなんて素晴らしい。

普通に転職活動をしていたら給料がせめて同じで待遇が良くなる所が良いなぁぐらいですもんね。

各企業ごとので聞かれる面接の質問を事前に教えてくれる

応募すると、リクルートエージェントのキャリアアドバイザーがその後の進め方のフォローをしてくれます。

具体的にいうと、転職活動における選考が進むと、どんな面接官か、どんな面接の質問がされるか、面接対策について、メールや電話でサポートしてくれます。

そのため非常にリクルートエージェントは内定率が高いんです。

だからといって、選考が進んだから、そこに転職させ用途せずに、選考状況に応じての本人の意志や気持ち、不安を確認してくれます。

対応していただける部分に対しては対応していただき、不安はできるだけつぶしたうえで、選考を進めることができます。

1回転職すると、すぐに転職できないからこそ、しっかりじっくり本人の立場に立って考えてくれる。そんなキャリアアドバイザーだからの評判が良いんでしょうね。

これが他の転職エージェントとの違いで、とある転職エージェントでは、選考が進んだところに対しては、善良で準備できるようサポートしてくれる一方で、選考がうまくいかなかった場合、『今後どうするつもりなんですか?』と冷たく突き放されたりも。

辞退の際にも、嫌な顔が電話の向こうで思い浮かべられるほどの対応だったのに、理由までそんなに確認していただけない、ということがあったため、リクルートエージェントのキャリアアドバイザーさんの質の高さがわかりますよ。

リクルートエージェントの担当からの連絡は即返信

しっかりやってくれるからこそ、転職活動する側は転職エージェントの担当者のモチベーションを上げていい案件を常に紹介してもらう為に、やはり連絡が来たら即返信。

面接後のアンケートにもすぐに回答するというのがポイントです。

転職する意思をきっちり伝えるということは態度や行動で示すということなのですよ。これやらないと紹介が格段に減ります。まぁ、どの転職エージェントでもそうですが。

これは大体、就職活動がほぼ終わりそうになって、決まりそうな転職エージェント以外に連絡をあまり取らなくなるとわかります。

リクナビNEXTに掲載されている求人も紹介可能か聞くこと

リクルートエージェントに登録しながら、リクナビNEXTを使って転職活動をすると思います。大手に転職したいときは、大手はリクナビNEXTの方にも求人を載せているケースも多いです。そして、新着企業などのメールで確認することが出来ます。

そこでリクナビNEXTに登録して、リクルートエージェントの担当者に口利きができるか聞いてみるという技があります。そのために、リクナビNEXTに登録しておくことをおすすめします。

転職が決まったあとのサポートもリクルートエージェントならでは

転職先がきまり、転職先に入社するまでの間も、不安なこと、準備の進め方について、転職活動よりもさらにきめ細やかに声をかけてくださり、入社に対する不安はほとんどなく、入社日を迎えることができます。

キャリアアドバイザーさんが休みの日には、代理の方やアシスタントさんがメールのやり取り、電話のやりとりをしていただけて、本当にぬけもれないサポートを受けることができました。

休みの日は事前に教えてくれるので、電話をかけたら休みですと言われることもありません。こういった細やかさが不満やもやもやをすぐに解消できるサポート体制につながっていると思います。

もしDODAなど他社の転職エージェントと同じ求人を見つけたら

紹介案件は、リクルートエージェントからの案件とほかの転職エージェントからの案件と重なることがよくあります。その時はメインに利用するエージェントをリクルートエージェントにして、まずリクルートエージェントから案件をチェックし、応募してみてください。

そうすることであらゆる案件の中でも、自分の納得する転職先に転職することができます。

リクルートエージェントの評判まとめ

とにかくリクルートエージェントは他の転職エージェントに比べると短期集中タイプの企業なので、すぐに登録して一気に転職活動を勧めるのがおすすめ。悩んでるとずるずる転職できなくなりますからね。

そして複数の転職エージェントにエントリーできるので転職活動は1〜2ヶ月程度で終わるはずですよ。

それでも、転職活動自体は、かなりの労力と時間を割くことになります。仕事をしながらだとなおさらです。それを少しでもラクにするため、また企業情報を得ることに利用したりすると、間違えが極力少ない転職ができると思います。

リクルートエージェントの評判がいいのは、本当に転職前の状況と転職活動において大切にしたかったことを客観的に理解させてくれて、理解してくれるキャリアアドバイザーいてよかったと思います。

きっとあなたも適切な転職先に転職することができると思います。

東京ならDODAとリクルートのビルは東京駅の周りにあるので、有給を使って1日で両方回るのがおすすめです。すぐそばにあるのですよ完全に無料なので使ったほうがいいです。

リクルートエージェントは転職をしまくってる同僚や元同僚は必ず使ってます。あわせてに登録しているのはJACリクルートメントなのでこの2つは登録することをおすすめします。

リクルート公式サイト

あなたにおすすめの記事