読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンガポールの天気予報がずっと雨と雷雨の理由

ライフハック・便利

シンガポールの天気予報がずっと雨と雷雨の理由

シンガポールの週間天気を調べたら雨や曇りに雷雨ばかり!でもがっかりしなくて大丈夫です。安心して旅行に行ける理由を紹介

シンガポールは2〜10月は乾季で、11月〜1月は雨季じゃなかったの?

旅行前にシンガポールの天気予報をみてがっかりしたひとが多いと思います。実際に自分もシンガポールに行く前に天気予報を調べました。晴れの日がなくてがっかりです。

しかし、実際にいってみたら毎日快晴でした。

シンガポールは毎日1〜2時間程度雨が降る

気候自体は日本の夏を想像してください。時々1〜2時間程度雨が降ったりしますよね。シンガポールは毎日、夏みたいなものなので1〜2時間雨が降ります。

実際にシンガポール旅行では毎日雨が降りました。

電車の移動中や夜ホテルに帰ってきた時、観光している時など何度も雨が振りました。

シンガポールに飛行機で着いた時も雨が降ってましたが、喫茶店でお茶をしてたらやみました。

雨が降ったら喫茶店やショッピングモールでお買い物

せっかくの旅行なので雨が降ったら悲しいかもしれませんが、急な雷雨などの場合は、勢いで喫茶店やカフェに入ってまったりするのがおすすめです。

素敵なお店を発見できるチャンスですし、飲んだことない飲み物を飲んでみるのも楽しいですよ。

シンガポールは帽子か折り畳み傘が1本あると便利

雨が降ってもどうしても休まず移動したい人は折り畳み傘が1本あるといいですよ。でも、傘をさしてまで歩いている人はほとんど見ませんでした。

男性は帽子があればそれで十分です。移動中に乾きますしね。

まとめシンガポールの天気予報は気にしない

乾季でも雨季でも短い雨は降ります。乾季なら、すぐに止みますので人によっては傘もいりませんね。自分は必要ありませんでした。

雨季は折り畳み傘があると便利です。

あなたにおすすめの記事