読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スーツのクリーニングの頻度や洗濯タイミングとお手入れ

ライフハック・便利 仕事

スーツのクリーニングの頻度や洗濯タイミングとお手入れ

スーツのクリーニングはどれぐらいの頻度でやればいいか悩みますよね。そこでイメージしやすくスーツを洗うタイミングを紹介

スーツのクリーニングの時期はシーズンに1回程度

スーツは基本的に汗をかきながら着るものではありません。考えてみてください。あなたは冬のコートを月に1回クリーニングに出しますか?

きっとクリーニングに出すタイミングは冬が終わったタイミングだと思います。他にもスプリングコートなども同様ですよね。

スーツのジャケットもアウターなのです。汗をかいて着るものでないんですよね。

だから、コートと同じように季節が変わるごとにシーズン単位で1回クリーニングに出せばいいんです。

汗をかく夏はスーツのためにワイシャツの下に肌着やキャミソールを着る

スーツは汗をかいた時に汗が染み込まないように着るのが大事です。

夏は汗を大量にかくので素肌にワイシャツやキャミソールをきてスーツに汗がうつらないようにしましょう。

もちろんこれはスーツのためじゃなく、汗で背中が透けないようにするためです。汗で濡れてる人を見ると汚らしく見えますよね。

汗を流しながら仕事をする人は全く問題がないんですが、スーツの場合は汗をかきながら仕事をするために作られていないのでしっかり肌着を着ましょう。

スーツの型崩れや汚れは普段のお手入れで防ぎクリーニング代を節約

スーツのお手入れはそんなに難しくありません。しっかりハンガーにかけることが大事です。

型崩れを防いだり干している間にシワが伸びます。逆に適当にハンガーにかけたり椅子にかけておくとシワになるので注意です。

家に帰ってきたらすぐにハンガーに掛けることを習慣化しましょう。慣れれば無意識に書けるようになりますよ。

ハンガーにかけたらすぐにスーツの汚れをブラッシングして落とそう。

毎日の習慣にすると簡単になります。ハンガーにかける、そしてブラッシングして汚れを落とす。

こうすることでほとんどの汚れが落ちて綺麗になります。ブラシで汚れを落としていると落ちない汚れに気がつく時があります。

このような時にクリーニングに出すことを気にすれば良いのです。

スーツは3〜4着を着まわしてクリーニングの頻度を減らす

同じスーツを着続けると当然ながら汚れや傷みが早くなります。

ハンガーにかけておくことでシワが伸びたり型崩れを防ぐ時間がないのでどんどん傷みや汚れが蓄積していきます。

だからこそスーツは3〜4着持っておくもいいのです。若い20代のうちは高いスーツを1着買うよりも安いスーツを複数持っていた方が着まわしてがきくのでオススメです。

もちろん30代や40代の人も安いスーツでかまいません。デパートのセミオーダースーツって意外とと安いんですよ。洋服の青山や青木のとかスーツカンパニーぐらいの値段で買えたりします。

体型が変わらない人はぜひ1着セミオーダースーツの金額をデパートに見に行ってみてくださいな。

スーツをしまうときは必ずクリーニングに出してからじゃないとカビる

カビの元になるのは汗や汚れです。衣替えや機内予定のスーツは必ずクリーニングに出してからしまいましょう。

クリーニングに出してからしまおうと思っていたスーツをそのまま放置してたら凄くカビてクリーニング代が凄く高くなったことがあります。

クリーニングに出してしまえば綺麗になってカビないし、ビニールカバーもつけてくれるからホコリよけにもなります。必ずサボらないようにしっかり管理しましょう。

まとめスーツのクリーニングは1シーズン季節ごと

スーツは数着を着まわして春夏秋冬のシーズンごとにクリーニングに出しましょう。もちろん汚れたらその都度だしましょう。

普段はブラッシングやしっかりハンガーにかけてお手入れをしましょう。ビシっと決めていい仕事しましょうね。

あなたにおすすめの記事