読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

熱中症対策サラリーマン編

仕事 ライフハック・便利

夏のサラリーマン熱中症対策メンズスーツのジャケットは暑い

営業職も経験したので夏のスーツとジャケットの辛さはよくわかります。シャツは半袖でもジャケットと毎日きていなければいけない。そこで、外回りやオフィスでのメンズスーツの暑さや熱中症対策をご紹介

熱中症は体温を上げないようにすることが大事

熱中症の予防には体温を上げない事が大事です。しかし、スーツは必要です。熱中症対策としては、涼しい夏用のビジネススーツとジャケットを着ていても涼しくなる方法を考えることです。

夏用のメンズスーツジャケットは必需品だから安いものを

夏用スーツの男性用ジャケットってすごい薄いんですよね。だからちょっと引っ掛けただけで破れたりしちゃいます。家の鍵や会社の袖机のロッカーキーなどだけでなく。ドアの取っ手などトラップが多いです。

だからこそ、使い捨て感覚で紳士服のコナカや洋服の青山、イオンやはるやまの安いスーツでいいんですよ。安いスーツを数着買って、クリーニングに頻繁に出したほうが、よっぽど清潔感があります。

タオルを濡らして首に巻くとすごく涼しい

これは本当に熱中症に効果があります。冷たい水じゃなくていいんです。水道水でタオルを濡らして、首に巻く。これだけで体温が下がります。水が蒸発する気化熱でクールダウンします。これは本当におすすめ!

ジャケットの内ポケットに保冷剤を入れる

ケーキ屋さんやアイス屋さんで貰えるちっちゃい保冷剤あるじゃないですか。アレをハンドタオルでくるんで、スーパーの小袋に入れてスーツの左右の内ポケットに入れておく。これだけで涼しいですよ。

暑ければ、冷たいものを持ち歩けばいいんですよ。単純な話です。これなら、大量に家の冷蔵庫に眠ってたりしますよね。会社にも冷蔵庫があると思うのでその冷凍庫に入れておけばいいんです。

冷たいジュースやアイスで体を冷やすと腹を壊す

簡単に体を冷やす方法として、冷たいジュースやアイスを食べたり飲んだりするのが早いですが、これやると、お腹壊したり、トイレが近くなります。電車移動中や会議中にお腹が痛くなっても抜け出せなかったり、トイレに言って遅刻しました。とか体調管理ができてないって怒られちゃうので避けたほうがいいです。

糖分のとりすぎで、太るし、生活習慣病や糖尿病などの原因にもなります。まあ飲むなら水が1番ですね。自分は会社の給水器でサーモスの水筒を入れて持ち歩いています。1日たってもぬるくならないので経済的です。

でも汗を書き過ぎたらミネラルの吸収が必要なので、ポカリスエットやアクエリアスなどを飲んでくださいね。

冷却スプレーやコールドスプレーを使って体を冷やす

この際、金に糸目は付けない!保冷剤とか言ってられない!冷却スプレーやコールドスプレーで体に直接吹きかけて涼しくするという方法もあります。軽くて持ち運びができるので便利ですね。保冷剤とセットで使うと効果アップです。

あなたにおすすめの便利ライフハック記事