派遣社員の履歴書と職務経歴書の書き方

派遣社員として働く際には、ただ単に履歴書を書けばよいというものではありません。応募した企業に採用されやすい履歴書の書き方というものが存在します。今回は派遣社員の履歴書と職務経歴書の書き方をご紹介

アルバイト感覚ではだめ派遣社員の履歴書に加え職務経歴書が必要

もちろん、大量募集のアルバイトであれば、頭数を揃えたいという派遣会社側の事情もあり、採用基準が緩いこともあります。

また、時給の低い仕事だと、そもそもやる気さえあれば採用されるといった仕事もあります。

しかし、派遣社員として長くやっていく場合など、履歴書の書き方のせいで損をしてしまうことだってあるのです。では、効果的な職務経歴書や履歴書の書き方とはどのようなものなのでしょうか?

派遣会社の求めている人材を把握し履歴書と職務経歴書を書く

派遣会社側と派遣先会社が必要としているのは、どのような人材かを考えることは大切なことです。

それぞれには集めたい人材の条件があります。その条件に合致していないと、採用は見送りになることがあります。

募集要項を読むと、求める人材について記載していることが多々あります。実際の業務内容に関しても考慮に入れ、どんな人に働いて欲しいのかを分析します。すると、履歴書に何を書けばいいのかが自ずと見えてきます。

必要のないことを減らし必要なことを職歴に書く

例えば、某デパートでの販売員の仕事に応募したとします。その場合、販売員の経験があるならば、職歴にその会社名、仕事内容と期間を記載するべきです。

応募した仕事が販売員なのに、IT系で仕事をしたことがあり、プログラミングができることを訴えても意味はありません。

つまり、その仕事で派遣会社が探している人材に合致した履歴書を作成する必要があります。無論、たくさん書けばいいというものでもありません。

必要のないことを書きすぎると、何を伝えたいのかがわからなくなり、結果、あなたのよさがわからなくなります。

応募する派遣の仕事の就業経験がない場合の履歴書の書き方

たとえば営業事務の派遣のお仕事に応募したいが経験がない。でも大丈夫!

人と話すことが好き。接客や販売の経験があり人見知りはなく、明るく人と会話ができる。

今まで飲食店の仕事をしていたとします。応募した仕事がIT企業の営業事務だったとしたら、今までどのような接客を心がけていたか、ミスをした人のカバーの仕方トラブルやクレームの対処はどのようにしていたかなどを伝えることは可能です。

その仕事で必要とされているのはどんな人物なのかを念頭に置いて、長所、特技や志望動機欄を埋めていきます。履歴書はそれぞれの仕事に合わせて作成するものだということです。

派遣会社に長く雇用される履歴書の書き方

特定の派遣会社で長く仕事をしていきたいのであれば、その会社の強み・特徴を知ることも重要です。

つまり、どういった仕事を多く手掛けているのかということです。もちろん、自分のしたい仕事は何かも考慮する必要があります。

すると、その派遣会社と自分とは相性がよいことを伝えることだって可能になります。

当初は事務の仕事に応募したものの、その派遣会社で紹介可能な経理の仕事もして、さらに専門的な仕事をしてみたいのであれば、経理の経験有無に関しても職歴や自己PR欄などに書いておくとよいでしょう。

事務や総務は意外と仕事の幅が広く、実は営業よりの仕事もしていた、社内の経理の仕事も実はやっていたということもあります。

そうしておくことで、最初に紹介された仕事の契約期間が終わっても、継続して仕事を紹介してもらいやすくなります。

履歴書の写真はどうしたらいいの?

私服で通勤・勤務できる仕事であっても、原則スーツ姿で証明写真は撮影しておくのがベストです。

髪は短く切り、黒く染め、ピアスなども外した状態で撮影します。

スーツ姿であることにより、勤怠を守って真面目に仕事をする人だと思ってもらいやすくなるからです。

また、元々が私服OKの仕事であっても、後々紹介される仕事ではスーツ必須である場合もあります。

その際には、スーツを持っていないのではないかと思われ、紹介さえしてもらえないケースだってありえるからです。

派遣社員に採用される志望動機の書き方

「一生懸命に仕事をするので、宜しくお願いします!」「勤怠には自信があります!」などと言ったことを、志望動機欄や自己PR欄に記載する人がいます。

しかし、これらは書くだけ無駄な事柄だと言わざる負えません。

そもそも勤怠を厳守して、真面目に働くのは社会人として当然のことです。その上で、自分は御社にとってどんなに有益な人材かを伝えるべきです。

自分を採用することで、派遣会社や派遣先にとって、どんなメリットがあるのか。先の営業事務の例を使って書き方の見本を示せば「人と話すことが好きで、目標を追いかけるのがすき、だからこと営業さんと一緒に働ける営業事務員の仕事をやってみたいと常々思っていました。友人からも明るさが取り柄だとよく言われます。また、几帳面な性格で、どんな時でも慌てず冷静に仕事をこなすことができます。私の性格に合った仕事だと思い、この度応募させて頂きました」

と書けば、採用担当者に今回求めている人材だと思ってもらえることでしょう。

自己PR欄でも同様に、派遣会社や派遣先会社が必要としている人物であることを訴えるようにします。

派遣社員の履歴書と職務経歴書は将来性社員を目指すきっかけに

履歴書や矢職務経歴書はは、住民票や戸籍謄本などのように、必要事項を埋めるだけといった機械的なものではありません。

応募する仕事と自分とのマッチングに配慮し、自分を売り込んでいくために使われるツールです。

就業したい仕事に就くために戦略的に使用する道具、だと思っても間違いではありません。まだ学生であれば、正しい履歴書の書き方を理解することで、就活生として就職活動に応用することだって可能です。

あなたにお勧めの記事