MENU

ウズキャリの評判は東京新宿の第二新卒向け転職エージェント

ウズキャリの評判は東京新宿の第二新卒向け転職エージェント

東京の大学に来て就職がなかなか決まらない、フリーターになってしまった人におすすめの東京新宿にある第二新卒向けの転職エージェント!

 ウズキャリ第二新卒の公式サイトを見る

ウズキャリは東京限定で人気がある転職エージェント

求職者のみなさん、ウズキャリという転職エージェントを知っていますか?

まだ知らないという求職者の方はかなり転職活動で損をしている可能性があります。

ウズキャリという転職エージェントは第二新卒の若手人材向けの転職エージェントで今、この世代の転職支援でかなり高い評価を得ている転職エージェントです。

株式会社UZUZという企業が運営しているのですが、本社は東京都新宿区にあります。

東京埼玉千葉の企業だけ紹介しているので、残念ながら今現在は全国展開していません。東京近郊を中心とした小規模の転職エージェントです

ウズキャリを利用する場合は、基本的に東京近郊にお住まいの求職者の方が向いています。

地方から東京に転職したいけどウズキャリに登録できる?

転職や地方や地元に仕事ないという地方在住の方でも、東京近郊を舞台に転職をしたいなら!ウズキャリを利用できます。

地方に在住している求職者の方は、ウズキャリを利用するために登録面談などでわざわざ東京に来なくてもスカイプや電話、メールなどで面談対応してくれます。

ウズキャリは、第二新卒の求職者に特化した転職支援を行う転職エージェントですので、その他の年齢層の求職者の方は、登録できても自分が希望する求人を見つける可能性はあまり高くない注意した方が良いです。

ウズキャリの転職支援サービスはどんな内容?

では具体的にウズキャリを利用した場合、求職者の方はどのような転職支援を受けることができるのか内容をご紹介していきます。

扱う求人を厳選している!

第二新卒の求職者の方は、現職または前職を早期に離職ということが現実にあり、多くの場合、新卒で入社した企業がブラック企業であることが挙げられます。

転職では、まず先に労働環境が劣悪ではない企業を探したいですよね!

このような背景はウズキャリでも理解していて、大手の転職エージェントとの差別化として取り扱う求人の質にこだわり、ブラック企業との取引は行わないよう新規の求人受注で意識しています。

ウズキャリから紹介される求人の大半はホワイト企業の求人です

新卒で入社した企業で痛い目を見てトラウマになっているような求職者の方でも転職後はホワイト企業で働くことを実現することができます。

ただ、注意点は、ウズキャリであっても、扱う求人のすべてがホワイト企業ではありません。 企業が求人を依頼する際に、少し巧妙なテクニックを使いウズキャリに対してブラック企業には見えない対応をすると見抜くことはできません。

なお、ウズキャリでなくても、どの転職エージェントでも実際にその企業で働いたことはありませんので、巧妙なテクニックを使われてしまうと見抜くことはできませんので、ウズキャリの判断がおかしいということではないということは言及しておきます。

スピード感ある転職支援を受けることができる!

転職市場にある求人は生ものです。今日あっても明日にはないということも当然にあります。

ウズキャリではこのような状況を回避するためにフットワーク良く求職者の方の転職支援を行ってくれます。

例えば、登録後の面談日程の調整です。

大手であれば長くて1週間程度経ってからキャリアアドバイザーから電話があるということは珍しくないのですが、

ウズキャリの場合、最短で登録後数分、長くても翌日には電話連絡があります。

求人の紹介においても、新規求人を入手するとすぐにその求人の内容と近い転職希望を持っている求職者の方へメールで連絡し、電話でも詳細を教えてくれます。

第二新卒の求職者の方は、社会人とは言え、まだ経験が浅いため、企業の内容を求人だけで判断することが少し難しい部分があるため、それを回避するために電話にて求人の詳細をレクチャーするようにしています。

このようにフットワークを軽くすることで自社で扱う求人が他社の転職エージェント経由で内定が出て、ウズキャリを利用する求職者の方の転職活動の幅を狭くすることを防いています。

レジュメの添削が充実

小規模の転職エージェントであればレジュメの添削機能はこだわりを持っている転職支援になりますが、ウズキャリは特に優れた添削サービスを提供してくれます。

優れた添削サービスを提供できる理由は、第二新卒の求人に特化した転職エージェントであるため、第二新卒の求職者を企業がどのようなところをポイントとしてどこのあたりを評価するのか過去の実績で把握しているためです。

過去の実績をベースにして、企業がどのようなタイプのレジュメを好むのか、または、好まないのかを理解して、それに合わせて求職者の方へ添削サービスを提供するのです。

一般的に企業の選考フローのなかで最も選考通過率が低いとされる選考は書類選考ですが、その低いという事実はウズキャリを利用することで飛躍的に通過率を上げることができます。

転職活動の鉄板術は、いかに書類選考通過率を上げるかです。 書類選考通過率が上がればそれだけ内定に近づきますし、面接は書類選考ほどの低い通過率ではありませんので、そのことを考えると書類選考通過率が高いウズキャリを利用すると一気に転職成功に近づくということが言えます。

的確なアドバイス!

第二新卒の求職者の多くはブラック企業やそれに近い労働環境を持つ企業で離職するケースが大半ですが、それ以外の場合は、第二新卒の求職者の方に否があることがあります。

その否とは簡単に言いますとわがままです。 自分の思い通りにいかない、上司が嫌い、仕事が辛いというどの企業でもありそうなことで離職をしています。

そのため、企業から第二新卒の求職者の方へのイメージはあまり良くありません。

そこでウズキャリでは、面談などでこのような理由で離職した求職者の方に対して説教まではいきませんが、しっかりと社会の厳しさや自分への甘えの部分を指摘し、転職後に同じような理由で退職しないようアドバイスします。

的確なアドバイスと同時に若手人材の場合、社会人としての基礎行動などのビジネスマナーが欠けていることもあり、このあたりをしっかり身に付けた上で転職活動をしなければ選考に行っても見送りになり自信に繋がらないと考えています。

ウズキャリでは登録者に対して30時間前後の時間を使い、数は少ないながら質の高い求人を紹介し、質の高い転職支援を実現させています。

登録面談やビジネスマナーの教育をしてくれる担当は、ウズキャリで働く現役の人事マンはもちろんのこと、経営者自らが対応することもあります。

内定時の条件交渉が積極的!

企業の選考を受けて内定をもらうとどのような求職者の方でも一安心すると思いますが、どのような条件で転職するのかを忘れてはいけません。

内定後に企業から届くものがオファーレターと言い、転職時の条件が記載されています。 通常の転職エージェントではあまりこの条件交渉を積極的にやってくれないことも。

ウズキャリでは、内定後の条件交渉も積極的に行い、少しでも良い条件で求職者の方が転職できるようにしています。

条件交渉の後はすこし期間を置いて転職になるのですが、転職後も定期的に電話やメールで就業状況の確認をしてくれます。 転職後はまだ慣れず不安が多いなかで、転職後の心のケアも充実しています。

ウズキャリを利用した場合の各選考通過率は?

先述の通り、ウズキャリを利用すると選考通過率が上がるのですが、具体的にどれぐらいの通過率なのかご紹介していきます。

書類選考通過率は驚異の8割超え!

まず、書類選考についてです。 結論から言いますと驚異の8割超えです。

通常は2割あれば良い方と言われる通過率ですが、その4倍の通過率を誇りますので、単純に考えるとウズキャリを利用すれば内定確度が4倍上がるという計算です。

恐らくこの8割という数字はすべての転職エージェントのなかでもトップクラスで、鬼門とも言える書類選考が鬼門ではなくなります。

書類選考は面接とは違い、求職者の方自らが選考の場にいることはできない特殊な性格を持っています。

面接に行かなければ見送られたという実感が沸かないという声が多いのですが、逆を言えば、企業の選考の土俵にすら上がれなかったということでもあります。

ウズキャリであれば、まずは選考の土俵に上がることができ、あとは面接勝負ですので、このあとご紹介する通り、ウズキャリは面接通過率も高いため、転職活動の早期終了が実現できると思います。

面接通過率も5割!

面接の通過率は5割です。 普通は、書類選考の通過率の方が面接通過率よりも低いのですがウズキャリは逆転現象になっています。

この5割という通過率は、1次面接、2次面接、最終面接などすべての面接選考を含めた通過率

2社面接を受けるとそのうちの1社からは内定をもらえるということになります。

企業からのイメージがあまり良くない第二新卒の求職者の方が2社受けて1社は内定をもらえるという状況は相当、前向きに捉えることができるでしょう。

しかも、ブラック企業がほとんどないのですから安心も保証されます。

ウズキャリで内定を近づける!

第二新卒の求職者の方はウズキャリは絶対に利用すべき転職エージェントです。

求人の数という点においては、小規模の転職エージェントですのでデメリットはりますが、転職活動の質を上げて、早期にホワイト企業へ転職を希望するのであれば、ウズキャリの利用が最も近道です。

早い方ですとウズキャリ登録から1カ月で内定を勝ち取っているケースもありますので、転職活動の長期化はあまり想定できません。

第二新卒の転職エージェントと言えば、ウズキャリです。 ウズキャリは小規模の転職エージェントですので、大手の転職エージェントに比べると求人の数はどうしても少ないです。

そのため、求人の数を何より一番に考えている求職者の方は、ウズキャリと同時に大手の転職エージェントを利用することをおすすめします。

ウズキャリは、求人数の数は大手の転職エージェントに劣ることを自社で理解しているため、このあとご紹介する登録後の求人の質を含めた転職支援の質にこだわっています。

ウズキャリ第二新卒の公式サイトを見る

第二新卒に評判おすすめの転職サイト