声優の仕事はアニメだけじゃない声優の大変さ

声優の仕事はアニメだけじゃない声優の大変さ

現在若い層のみならず、世の中に衝撃を与え浸透しているアニメ業界。その中でも人気な職業が、声優です。アニメーションや、洋画の吹き替え、ナレーションにラジオなど、その活躍の場所は多岐にわたっています。

なぜこの声優という職業が脚光を浴びるように?

それは、声優の顔出しが増えたため。以前はアニメを見ていても、このキャラクターの声はどんな方が担当しているだろう、などは考える事がなかった筈です。

今の時代、ニコ生やyoutubeなどで顔出しの動画ラジオ番組が配信されているためアイドル的な側面も持つようになっています。

さらにイベントや歌手活動などで積極的に顔出しを行い、「中」の人からリアルイベントでも活躍できる「外」の人へと変化しています。

これは、昔から声優という仕事に携わっている方々からすると、変化に戸惑う反面、声優という影の職業にフォーカスがあってきているので、プラスに捉えている方の方が実際に多いです。

声優になるには声優事務所へ

声優という職業が脚光を浴び、世間的にも有名になるにつれて、声優を目指そうとする人達が増えています。

それにより起こるのが、デビューに向けての熾烈な枠の取り合いです。声優を目指す若者の大多数ががまず通うのが、養成所と呼ばれる育成機関です。

この養成所は基本的に声優事務所の下部組織的な位置づけである事が多く、1年から2年程のレッスンを受け、才能が認められればデビューといった流れが組まれています。

声優の才能って?

一言で才能と言っても、かなりの捉え方があります。

 

  • 声の演技がズバ抜けている人。
  • 声が特徴的
  • コミュニケーション能力
  • 歌唱力

 

イベントや歌手活動なども増えてきている事から、コミュニケーション能力や歌唱力など様々な要因が必要になります。

何かに長けている人もいれば、全てを平均以上でこなせる人もいる。大事なのはそうした事から見える個性なのです。

その個性をオーディションだけでなく、日頃からどれだけアピールできるかも非常に大切になってきます。

デビューしたての声優は自分の年齢と近い学生キャラ

では、実際に何が一番必要になるのか。正直才能というのは、努力ではどうにもならないところもあります。

ですが、デビューする上で重要なポイントになっているのが、業界における需要と供給です。

例えば、現在のアニメ業界では、アニメ化している原作の状況もあり、男性なら学生などが出来る少年から青年声の主人公ポジション、女性も学生ぐらいの年齢などヒロインのポジションが出来る人が非常に多いです。

なぜその年代が出来る人が増えているのか。それは簡単です。つまり、デビューしたばかりの新人声優が一番演じやすいのが自分の年齢と近い学生くらいの人物だからという事です。

声優で成功するには主役以外の役にも目を当てる

そして、主人公やヒロインを努めると、それに付随してイベント出演やCDデビューなども決まるので、事務所としても売り出しやすくなるのです。その為、声優になりたいと志すほとんどの人達が、この主人公・ヒロインポジションを狙っている事でしょう。

しかし逆に言うと、年配の方やお姉さんキャラなどが新人の時から演じる事が出来れば、主人公として脚光を浴び辛くでも、仕事として多くの作品に出演する事が出来るのです。どの作品を見ても、絶対に主人公の近親者はいますし、仲間内にも一人くらい老けキャラも存在します。

つまり、血眼になって多くの人が争っている中に入るだけではなく、少し見方を変えると、自分の強みを活かして、理想とは違うかもしれませんが、違った声優像を目指す事がデビューに繋がる場合もあります。

どんな仕事も経験を積むことで適材適所をしる

声優というのは主人公だけではありません。俳優や他の職業もそうかもしれませんが、脇で主役を支える人達も立派なポジションです。

しかし、やはり声優を目指し養成所の門をくぐったばかりの頃は、やはり脚光を浴びている主役やヒロイン役は魅力的にうつります。

しかし、デビューして、声優という職業に就きたいと本気で思うのなら、いつか自分の声質やキャラクターを見つめ直し、本当に目指すべき声優像を考えなければいけない時期がきます。

声優を目指すならアニメのイベントに通う

まずは実際の声優さんの活動を見に行ってみて下さい。例えばアニメのイベント会場。現在の声優さんは非常に話術も凄く、主役級の方々はかなり目立つ人ばかりです。

そんな様子を見て、やはり狭き門だろうとそこを目指したいと思う人もいれば、難しさを感じる人もいるでしょう。

逆に、イベントの中でも、脇役の方々は独特な個性を持ち、マイペースに主役を支えるその姿がかっこいいと思えるのであれば、目指す方向を見つめなおしてもいいかもしれません。

自分がもし声優の立場だったら?

そんな現場から実際の個性やポジションを学び、そして今一度自分を見つめ直してみて下さい。自分の声を聞いてみて下さい。

本当に主人公として栄える声なのか。合っているポジションはどこなのか。自分がどういうキャラクターの人間なのか。

そこまで深く考えて、しっかり納得した上で活動している人は、周りよりも成長が早く感じられますし、何より独特の雰囲気を見に纏う事が出来て、それが個性に繋がる人もいます。

デビューは出来てもバイトをしながら続けていけるか

デビューはできても決して高くない給料の元、バイトと並列して仕事をこなす事になるかもしれません。その覚悟があるか。夢を与える仕事は影で努力をしなければいけません。

しかし、自分の強みを理解して、日々努力を怠らなければ、見ていてくれる人は必ずいます。夢のある職業で、多くの人に夢を与え続ける人になる為に、努力あるのみです。