転職エージェントの選び方と比較の仕方

転職エージェントとは?選び方と比較の仕方


転職したいけど転職エージェントに登録するのが不安。メリットデメリットは?どうやって選べばいいの?するならどうやって選べばいいの?そんな不安を解消して実際に利用するかどうか考えてみましょう。

正しい知識を身につけて、短時間で条件がいい会社に転職して給料アップをしましょう!

私は転職エージェントを利用して100万円以上給料が増えて1部上場の有名企業に転職しました。

転職エージェントが不安な理由!ヘッドハンティングの電話が会社に?

使ってみたいけど転職エージェントが怪しいって思う理由は、知らない会社からヘッドハンティングの電話がきたから。という人も多いのではないでしょうか?

実際、今現在、ヘッドハンティング会社というスカウトの電話が会社にかかっています。なぜか名前も知っている。

転職エージェントを使って見る前に、見ず知らずの相手が自分の名前を知っていて、しかも会社に電話がかかってくるのは非常に怖いですよね。

こういった経験があると「転職エージェント=怪しい」と思って利用する気持ちがなくなってしまいます。
だからこそ、最初は有名な転職エージェントに登録する必要があるんです。1度使ってみれば安心できます。

転職エージェントは自分で企業を探せない不安

転職サイトなら自分で好きなように企業を探せます。自分で選ぶから納得感や安心感がありますよね。

転職エージェントの場合は、自分が今まで経験してきたキャリアをもとに求人を紹介されるので、自分で応募企業を開拓できない。だから、どんな求人が紹介されるか不安。

転職する理由で給料よりも、もう今と同じ職種で働きたくない。同じような業種は嫌だ。という人がこの不安のせいで転職エージェントに申込むのを躊躇していると思います。

転職サイトなら自分で様々な企業を探せるので業種や職種喜にさせずに探せるのがいいですよね。

転職エージェントでキャリアチェンジはできないの?

大丈夫!できます。実際に自分が転職エージェントに相談してキャリアチェンジしました。

企画営業をやっていてました。年を取ってから営業はやりたくないなと思って、20代前半ですぐに営業をやりました。そして企画やwebディレクターに転職しました

自分はIT系が好きなのでIT業界でずっと働いています。

転職するときに、今までのスキルをどうやって他の業界や職種で活かせるかというのを転職エージェントと一緒に相談するわけです。

チャレンジしてみたいという気持ちがあれば、コンサルタントは力になってくれます。

例えば、「営業から事務職や人事に転職したい」全く別畑ですよね。

営業の大変さを知っているからこそ、営業と交渉できる事務職になり、会社の全体貢献度を上げたい。

営業を実際にやっていたからこそ、必要な人材採用を行える人事になりたい。ミスマッチを減らしたい。

という明確な理由があれば今までの経験を活かしてキャリアチェンジができます。

これは、面接や志望動機でも使える考え方なので転職サイトでも使えます。

大事なのは、自分の今までのスキルをしっかりと見つめ直して説明できるようにすることです。

未経験の職種や業種でもその人のスキル次第で転職はできるので難しく考えるのは辞めましょう。
しかし、キャリアチェンジの場合は給料が下がることが多いので、納得して進めましょう。

転職エージェントの選び方は特徴とサービスの種類

転職エージェントでは様々なサービスを提供しています。そのサービスの特徴をまず一覧紹介

  • 転職希望者の条件のヒアリング
  • 求人の紹介
  • 希望求人への応募
  • 面接日の日程調整
  • 給与・福利厚生・入社日の調整
  • 入社後のフォロー
  • 転職での不安や悩み相談

これらがすべて無料で受けれます。1番大変な仕事探しと面接日の日程を行ってくれるので、一度転職エージェントに登録すればあとは管理画面やメールベースで隙間時間で転職活動ができます。

転職エージェントと転職サイトの比較とその違い

基本的な転職サイトの転職エージェントの比較!違いは転職が大変か楽か

今まで就職サイトや転職サイトを使った人はわかりますが、とにかく就職活動は大変です。そこで、なぜ転職サイトが大変か、転職エージェントがカンタンに就職できるのか。自分
がやらなければいけない事を基準として、その違いを見てみましょう

転職サイトで自分でやらなければいけないこと

転職サイトを利用して転職をした場合自分でやらないと行けないことは次の通り

転職サイトに登録

  • 求人を探す:毎日10~30分
  • 履歴書と職務経歴書の作成:企業ごとに志望動機を修正
  • 求人に応募する
  • web申込みの1次審査が通る
  • 履歴書・職務経歴書を送る
  • 書類選考合格
  • 面接の日程設定
  • 面接対策の企業研究
  • 面接
  • 条件や年収交渉
  • 内定
  • 入社日の設定
  • 今の会社を退職
  • 新しい会社に入社

これほどのステップがあります。

これを1応募するごとにそれぞれに企業ごと自分でやらなければいけません。コレは非常に面倒です。でも転職サイトを利用して転職するなら覚悟をしなければいません。

かなり大変ですよね。では転職エージェントだとどうなのか

転職エージェントをおすすめのは転職サイトに比べ楽に転職

しかし、転職エージェントを使うと次のように自分のやるべきことがかなり少なくなります。

実際に転職エージェントがやってくれることと、自分がやることをまとめてみましょう。

転職エージェンとがやってくれること

  • 希望条件のヒアリング
  • 内定がでるよう履歴書や職務経歴書に修正アドバイス
  • 希望条件にあった1部上場の大手企業を含む求人紹介
  • 面接日の調整
  • 面接の質問を事前に教えてくれる
  • 面接後、給与面の交渉
  • 内定を受けるか辞退するか企業に伝える
  • 入社時期の交渉
  • 入社までのフォロー

転職したい自分がやること

  • 転職エージェントに登録
  • 希望条件を伝える
  • 履歴書と職務経歴書をエクセルやワードで作成(1回だけ修正なし)
  • 紹介される求人を進めたいかどうかの判断:毎日5分程度
  • 希望面接日を伝える(書類選考が通過した企業ごとに)
  • 面接
  • 条件面の最終交渉
  • 内定オファーを受諾するか辞退するか伝える
  • 入社希望日を伝える
  • 今の会社に退職意思を伝える
  • 新しい企業に入社

転職エージェントと転職サイトの比較表で選ぶ

  転職サイト 転職エージェント
書き方 手書きや印刷した履歴書が多い エクセルやワードでOK
アドバイス なし 業種や職種ごとの職務経歴書の書き方を赤入れしてくれる
提出方法 郵送や紙での提出がが多い 登録したデータを渡してくれる
写真

証明写真を履歴書の枚数分

お金がかかる

スマホの写真でOK
志望動機 企業ごとに志望動機を書き直す 必要なし
求人探し サイトで自分で探す

自分にあった求人が毎日届く

※自分で探せない

探す時間 自分で毎日やる20~30分 5分選ぶだけ
新着求人

週に2~3回更新

(転職サイトによる)

毎日更新
書類通過率 10% 20~30%
企業との連絡 企業と電話やメール電話に出れない時がある 転職エージェントが代行電話に出れなくても
面接日の調整

自分で交渉

1週間程度

エージェントに希望日を伝える

1~2日で確定

面接対策 自分で業界調査 質問内容・業界の動向を教えてくれる
条件交渉 自分でやる企業の給料の相場がわからない エージェントを通して企業の給料や相場に合わせた適正値
給料 現状維持か下がる上がりにくい

適正値の給料なので

現状少なければ上がりやすい

転職活動期間 3~6ヶ月 1~3ヶ月
料金 無料 無料

 

これほど便利で転職しやすい給料が上がりやすいのになんで無料で利用ができるのか

転職エージェントはなぜ無料?企業が成功報酬で支払っている

こんなに便利なサービスなのになぜ無料でサービスが受けられるかというと、企業が中途採用できた場合、人材紹介会社に成功報酬として費用を払っているからです。

この金額はおおよそ入社した人の20~30%の金額を支払います。

  • 年収300万の人:90万
  • 年収600万の人:180万
  • 年収1000万の人:300万
  • ※成功報酬30%計算

これほどの金額が人材紹介会社の転職エージェトに支払われるわけです。

年収が低い人でも年収が上がるのはその適性金額を企業に払ってもらい、成功報酬の金額をたくさんもらえるからというわけです。

だから私のように年収100万アップなど当たり前の世界なのです

1~2ヶ月でその人が就職がきまれば、300万の人でも1ヶ月あたり45万の利益になるわけです。

転職エージェントが無理やり就職させない!辞めたら企業に返金

転職エージェントで評判が悪いといわれる会社は、就職を焦ってる人に、とりあえず入社できそうな会社を紹介して、成功報酬フィーをもらうところです。

ゴリ押しして就職させて辞めても知らない。という悪徳なところもあります。

しかし、大手や中堅の転職エージェントは就職後、もしその人が辞めたら返金するという制度があります。

返金制度はブラック企業に紹介しない悪いコンサルトを減らす制度

ブラック企業は紹介した求職者が入ってすぐ辞めてしまう、転職エージェントとしては利益が出ないむしろ無駄な努力になるので損が出る企業です。

評判が悪いコンサルタントも転職エージェントの評判を落とすので企業はその人を外してもらうか、他の転職エージェントを使うようになります。

1番大手のリクルートエージェントは6ヶ月で辞めたら返金なので退職率が4%と非常に低いんですよね。

20代30代に人気のマイナビエージェントは3ヶ月で辞めたら返金制度あり
年収アップ率67.1%のパソナキャリアも返金制度あり

業界第2位のDODAに関してはサイトで表記がないので確実なことはいえません。

なぜ転職エージェントで年収が上がるの?

日本企業の場合は入社後に月給や年収が増えない。転職のときに増える。

長年働いて現状に不満があっても転職しない人は、給料がそのままです。これは日本の多くの企業がそうなのです。

だからこそ、年収査定や年収チェックサイトが人気があるのです。

しかし、最近の若者は様々な情報をもっているので、自分のスキルを評価して給料を払ってくれる会社にどんどん転職をして年収を増やしていきます。

だから、20代30代はさっさと次の企業に転職するわけです。1年働いて月1万で年間12万増える会社なら、転職して50万や100万増やせば5~10年分の昇給が転職活動の3ヶ月程度で達成できるのです。

DODAが運営する会社が提供するMIIDASでは実際の年収などのビッグデータからあなたの年齢・性別・業種・職種から年収判断をしてくれるので、試しに登録してみて年収診断をしてみてください。

MIIDAS(ミーダス)の評判は書類選考100%通過の転職サイト

それで給料が上がるなら転職活動をおすすめします。

転職エージェントは年収が増えてほしい

これは紹介の成功報酬型のビジネスモデルを各社とっているため、少しでも年収が上がったほうが、人材紹介会社の利益が上がるわけです。

  • 転職希望者:年収を増やしたい
  • 転職エージェント:利益を増やしたい

この2つの目的が一致するので年収がアップしやすくなります。

転職エージェントのメリットは転職活動の時間短縮

多くの転職エージェントはサポート期間が3ヶ月が目安です。転職サイトの場合は3~6ヶ月程度かかります。

なぜ転職エージェントの場合、転職活動期間が短いというと、転職エージェントは成功報酬型なので、時間がかかればかかるほど、1ヶ月あたりの利益が減ってしまうわけです。

さらに、転職のやる気がなくなって、転職をしてくれないとコンサルタントはタダ働きになってしまいます。

そのため、コンサルタントは本気でその人が入りたい・入れる企業を探すわけです。

1~3ヶ月以内に転職活動を終わらせるため3つのポイント

  • 送られてきた求人に応募するかしないかの連絡
  • 面接の希望日の連絡
  • 面接に行く

たったコレだけです。面接以外は毎日5分程度の作業です

書類選考は1週間で50件程度できます。
※人にもよりますが自分はもっとできました。

翌週には面接が入ってくるので、1ヶ月後には内定が出ていることになります。
何度も転職をしてますが、私は1~2ヶ月で転職しています。

転職職エージェントの書類選考が通る確率が高い理由

転職エージェントのコンサルタントは企業の人事に直接職務経歴書を渡します。

どの職務経歴書が合格・不合格するか、すべて確認しています。

これが大手の転職エージェントになると累計30万人以上の転職がで成功した人の書き方を把握しているわけです。

例えば業界1位とリクルートエージェント業界2位のDODAを例にしましょう

A社という企業が1人中途社員がほしいとリクルートエージェントに依頼を出します。

リクルートエージェントは書類選考が通る人を絞り絞り込んで企業に紹介します。

このときにリクルートエージェント内で登録者の書類選考が行われているわけです。

もしA社がDODAにも依頼をしているとしましょう。

リクルートエージェントはDODAの候補者に勝たなければいけません。そのためにはより、A社がほしいと思えるような職務経歴書の人を紹介するわけです。

転職エージェントの選び方はどんな人が通るかという情報をどれだけ持っているかということです。

初めて転職する人は業界1位と2位のリクルートエージェントとDODAは外せません。

転職エージェントの職務経歴書アドバイス効果

転職サイトも転職エージェントどちも、職種毎にテンプレートのサンプルが掲載されています。

転職サイトの場合は様々な人にマッチするように簡素的なサンプルになってるケースが多いです。

初めての転職で失敗しがちなのが、この簡素的なサンプルを埋めて完璧だ!っと思ってしまうことです。

実際、私も初めての転職のときは凄いきっちりかけた!完璧だと思いました。実際にリクナビNEXTで作った職務経歴書で希望の会社に転職できたのでサンプル自体は非常に効果的なものでした。

しかし、その後、さらにベンチャーから1部上場に転職した友人から紹介してもらったリクルートエージェントに登録して、コンサルタントにアドバイスのために見てもらったところ、職務経歴書をみてもらうとかなりのダメ出しをもらいました。

そして、転職エージェントが持っている詳細なテンプレートを見せてもらいバージョンアップをしたところ書類選考が通過しやすくなりました。

自分もベンチャーから1部上場に転職できました。

同じリクルート系転職サービスのリクナビNEXTとリクルートエージェントのお話です。

より効果的で内定が出やすい職務経歴書を作成するなら転職エージェントのテンプレートを利用するのがおすすめです。

転職したいすべての人と、求人の取り合いになります。

ほかの人よりも、書類選考が通るようにアドバイスしてくれるところに登録するのが転職が成功するわけです。

非公開求人とは?今すぐ採用したい本当に必要な求人

転職サイトは掲載までに時間がかかります。紹介記事を書いたり、キャッチコピーや写真を撮影して、転職サイトの掲載審査を通して、決まった曜日に掲載。

掲載までに早くても2~3週間かかります。

非公開求人なら仕事内容と求める人材のスキルや経歴などを転職エージェントに伝えるだけで最短で即日で転職希望者に紹介してもらえます。

面接をして内定を出してから実際に入社してもらえるまで1~2ヶ月程度かかるので、転職サイトを使っていると3ヶ月以上も人材不足の状態が続いてしまいます。これは企業には大打撃です。

大手人気企業は非公開求人のみで募集!応募が集まりすぎるから

誰もが入りたい企業は公開求人を使わず、非公開求人のみで募集をかけます。その理由は、応募が殺到しすぎて、人事が対応しきれないからです。

人事部の人数はおおよそその企業の1~2%です。1000人程度の会社で10人程度、人数が少ない会社は2~4人程度、総務と人事兼任という企業もあるのです。

人事で採用担当者は専任で1~2名程度なので1回の応募で書類すら通らない人が応募されてもチェックするだけで時間がかかるわけです。

転職エージェントで非公開求人を使うと、求人の募集要項にあった人だけ紹介してくれるので、効率よく企業が採用活動できるのです。

大手企業に入社するおすすめ転職エージェントの選び方と登録

今人気の企業や大手企業に入社するなら転職エージェントの非公開企業がいいことがわかりましたね。

しかし、どの企業がそのエージェントを使っているかわかりません。

企業は効率よく採用活動を行うため、多くのの転職エージェントを使わずにないのです。それは、多くに募集を掛けると、結局紹介される人数が増えて、人事部の負担が増えるからです。

最初は複数使っていても、最終的には相性が一番いいエージェントに絞り込んで利用していくのは当然ですよね。これは企業だけじゃなく求職者も同じです。

だからこそ、よりたくさんの大手企業人気企業に応募するためには、複数の転職エージェントに登録するのがおすすめです。

登録する順番は非公開求人数の量で選ぶ

少なくとも業界1位のリクルートエージェントor2位のDODAは登録して、あとは自分が気になるところや専門的な人材紹介会社を使いましょう。

転職慣れしている自分は10社程度利用していますが、初めての人はコンサルタントと連絡が丁寧にできるよう、2~3社程度にしておきましょう。

非公開求人数ランキングを紹介するのでこちらも是非参考にしてください。

超かんたん!2件目の転職エージェントの選び方はアンケート

1件登録したけど物足りないな。と感じた人におすすめの転職エージェントの選び方はアンケートをつかうんです。

アンケート?ってどういうこと?

登録するときに参考までに他に登録してる転職エージェントを教えてください。というアンケートを受けると思います。

そこにはその転職エージェントが競合だと思ってる企業が一覧で表示されています。その会社名から自分が気になる会社に登録すればいいんです。

記載がない企業は、登録したところよりも就職できる可能性が低いのです。

転職エージェントもしかり、競合に大事な人材(転職希望者)を渡したくありません。転職したい人は必ず何処かに就職します。

他にも登録していれば、それぞれの会社の特色や特徴などもわかりますからね。

転職エージェントの選び方は総合型か特化型か2種類

非公開求人数で選べばいいのかな?と思った人。実はそれだけではまだ完璧ではないのです。転職エージェントには総合型と特化型の2種類

  • 総合型:職種業種を問わず全ての求人を紹介
  • 特化型:特定の職種や業種や年齢性別に特化した求人を紹介

総合型のメリットは全国の仕事が選べるUIターンができる

総合型の転職エージェントは求人数が豊富なので、キャリアチェンジをしやすい。たくさんの求人の中から選べる。というメリットがあります。

東京や大阪・福岡などの都市圏以外にも全国各地に支店があるので、多くの人が転職しやすいんです。

地元に戻って転職したい。地元からでて東京や大阪で就職したいという人も住んでる支店で相談して、全国の求人を紹介してもらう事が可能です。

リクルートエージェントやDODAは電話面談で登録もしてくれるので近くに支店がなくても大丈夫。

総合型のデメリットはコンサルタントに当たり外れがある

総合型でもコンサルタントはそれぞれの業種や職種ごとに専門分野が分かれています。しかし、やはり特化型に比べたら業界や特化型についての情報がすくないんですよね。

そして、総合型は非公開求人の数が多すぎて、担当が企業求人について把握しきれていない場合がある。

だからこそ、当たりハズレがあるんです。

どの転職エージェントも担当交代はお願いすれば変えてくれるので、だめだなと思ったら諦めず、担当を交代してもらいましょう。

総合型でおすすめの転職エージェント

特化型のメリットは専門知識及び業界TOP企業が多い

特化型にはさまざまな種類があります。どんな部分に特化しているのか紹介しましょう。

  • IT・WEB系
  • マスコミ系
  • エンジニア系
  • 外資系
  • 看護や薬剤師などの医療
  • ファッション・アパレル
  • 製造業
  • 女性専門
  • 若手20代30代
  • 第二新卒
  • 未経験フリーター

自分の得意な業界や職種専門で最新情報が貰える

総合型でも取扱求人がありますが、特化型のほうが専門知識が豊富で、アドバイスが的確です。その業界の最新情報のアドバイスや実際の今のその会社の現状などを詳しく教えてくれます。

自分はIT系の会社を使いましたが、業界で評判の悪かった超大手のIT企業を紹介されました。

色々聞いてみたら、実はみなさんそういうんですよね。だから社内改善が行われて今は定着率がだいぶ増えて、昔とは違って業界の中でもかなりホワイトになっています。という情報をもらいました。

悪い評判はずっと続くけど、いい評判はなかなか広まりませんよね。

転職エージェントは返金制度が多いので、辞められたら困るので定着率はかなりシビアです。

年齢や性別でも選べる働き方を考えられる

女性の場合は結婚や出産がありますよね。育休や出産休暇が貰えるか、女性の管理職や待遇、給料は適正価格が貰えるかなどの不安があります。

こうした不安を解消してくれるのが女性専門の転職サイトです。

20代で転職したいフリーター正社員未経験などでも探せる

20代で転職したい2~3年しか働いていないけど転職できる?
フリーターや正社員で未経験だけど働けるの?

そんな年齢や経験に不安の人でも転職ができるサイトがあります。

大手転職エージェントでは登録自体断られたり、登録しても放置されたりしますので、このような年齢や経歴に特化したサイトに登録することをおすすめします。

デメリット求人数が少ない東京や大阪メイン

専門系の特化型転職エージェントのデメリットは、求人数の少なさ!ということです。あと東京大阪以外で利用することがむずかしい会社が多い。

求人数が少ないので1~2ヶ月で紹介求人がなくなります。そのため、短期間で決めないとその後がきつくなります。

短期決戦か、良い求人が出るまで気長に待つかどちらかですね。

紹介企業は大阪東京の大都市が多いので、地方に住んでいて、地方で就職したい人は少し厳しい。

総合型と合わせて利用するのがおすすめ専門エージェント

IT・WEB系・エンジニア系

IT専門と聞くと開発の仕事だけ?と思われがちですが、webディレクターやデザイナー、事務やサポートなども多くあります。ぜひ一度各社サービスをご覧になってください。

ギークリー

こちらはIT企業が多い渋谷にあるので、IT系とのパイプが強く非常にスピーディー。エンジニアだけでなくもちろんwebディレクターやデザイナーなどの仕事もあります。

株式会社ギークリー公式サイトを見る

geeklyギークリーの評判は求人満足度1位のIT転職エージェント

レバテックキャリア

20代で年収が100万前後増えるのが普通のレバテックキャリア。エンジニアやweb系の仕事の人におすすめの専門転職エージェントです。

レバテック キャリア

tech stars agent(テックスターエージェント)

エンジニア経験があるコンサルタントのみ採用しているので、あなたの悩みを理解してくれる!IT・Web・ゲーム業界専門

転職だけでなく独立のアドバイスもしてくれるので、非常に興味深いエージェント

tech stars agent(テックスターエージェント)

マスコミ系

やっぱりテレビやCMに映画やドラマなどの有名人などが多い華やかな仕事をしてみたいと思っている人におすすめ。

メディア系の人なら絶対に読んでる宣伝会議。この宣伝会議の会社が運営するメディア広告転職エージェントなので、TV業界にあこがれている人は是非登録を

マスナビ公式サイト

外資系

ランスタッド

世界第2の転職エージェントなので、外資系企業との取引が非常に多く、日本支社とのパイプも多いので、外資系に転職したいならランスタッドは必須です。

ランスタッド公式サイト

ランスタッドの評判は世界2位の人材会社からスタート

派遣会社ランスタッドの口コミ5段階評価で5つのポイント

看護や薬剤師などの医療

医療系の転職エージェントはまだまだ少ない!その中でも人気なのはマイナビ薬剤師とリクナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

マイナビ看護師

リクナビ薬剤師

ファッション・アパレル
製造業
女性専門
若手20代30代・第二新卒・未経験フリーター

実は今すぐ転職しなくても登録して相談に乗ってくれる

転職エージェントに登録したらすぐに転職しなければいけないと勘違いしている人も多いです。

リクルートやDODAはサポート期間3ヶ月を目安としていますが、相談だけでも登録してね!といっています。

今のキャリアや今後の人生、仕事に関する悩みや愚痴を相談する相手になってくれます。転職についての話は会社の同僚などにはできませんからね。

今すぐ転職しなくても、事前に登録だけしておけば、登録データは保管してくれるので、いざ転職したいと思ったらすぐに活動ができるわけです。

相談することで、実は自分の会社はまともだったんじゃない!?転職する理由はないかも!っと安心できることもあります。

まわりをみて妬んだり羨ましいと思ってストレスを貯めるより客観的に自分の人生を見つめる1つのきっかけに使ってみるのもおすすめです。