アデコのspring転職エージェントの評判は人材業界1位の業績

 f:id:dougacc:20170914201358j:plain

アデコグループは世界60カ国の企業の人材紹介などの雇用を支えている外資系企業。アデコの設立は1957年と非常に古いため。人材業界のノウハウが蓄積されているので国内外で転職したい人にピッタリのエージェントです

アデコspring転職エージェントの評判は世界に拠点が5100箇所

f:id:dougacc:20170914201402j:plain

アデコのspring転職エージェントは外資系企業で日本国内だけでなく、海外の外資系企業にも転職できます。

その理由は、アデコグループの拠点は世界60カ国、支店やオフィスが5100箇所あるからです。

仕事をしている人で転職を考えるなら野心がありますよね

  • いつかは大きな仕事がしたい。
  • 外資系企業で働いてみたい
  • 世界中を飛び回りたい
  • 海外ドラマのような華やかな仕事をしたい
  • 大きなプロジェクトを動かしたい

日本企業だけだと、世界的に給料が安く、昇給も見込めない。大手企業でもリストラが経営不安などで終身雇用の時代は終わりました。

成果報酬制度といいながら、日本企業は結局年功序列的な部分が多い。

だからこそ、自分を正当に評価してくれる企業で働きたいと感じるはずです。

アデコのspring(スプリング)転職エージェントは、外資系企業からスタートしているので、日本企業とグローバル視点の療法であなたの能力を評価し、適した給料や仕事をしょうかいしてくれるのです。

もちろん日本企業だけでなく、大手外資系企業の日本支社や海外への転職などが可能です。

アデコspring転職エージェントが評判の悪い企業を紹介しない理由

アデコは外資系企業なので、労働環境や残業時間などのコンプライアンスに非常に厳しい会社です。

実際、アデコ自体の残業時間も22.7時間/月と1日に1時間ちょっととライフワークバランスがしっかり撮れるような会社です。

ブラック企業や評判の悪い会社を紹介し、営業成績を成績を伸ばそうとする人は、無駄な仕事が多く、残業が当たり前だと思っている人です。

余裕を持って働くのが当たり前の人は、ブラック企業に違和感を感じるのが当たり前。

人材業界で働くひとこそコンプライアンスに厳しくいるのは当然のことです。

アデコグループの評判の高さは人材業界売上1位がその証拠

日本の転職エージェントで求人数が多く人気が高いのは1位リクルートエージェント、2位がDODAです。

しかし、世界的な人材業界の売上でみるとコレが変わってきます。

  • 世界1位:アデコグループ
  • 世界2位:ランスタッド

国内の求人だけ探したい人は、リクルートエージェントやDODAは確実に利用したいサービスです。

リクルートエージェントの評判と求人数は1位でも対応悪いの?

DODA転職エージェントの評判と口コミなぜ業界2位なの?

ですが、より視野を広げて世界規模で良い企業を探すならアデコグループのspring転職エージェントやランスタッドを利用しなければなりません。

海外でメジャーの企業も日本では知られていなかったり、日本では知られていない企業も海外では有名だったりします。

世界中の企業研究は個人の転職活動ではできないので、転職エージェントを使って情報を収集することをおすすめします。

spring転職エージェントを評価するのは企業と転職希望者を1人で担当

f:id:dougacc:20170914201431j:plain

通常、人材紹介会社の担当は、次の2つの仕事に分かれます。

  • 企業の担当
  • 転職希望者の担当

しかし、spring転職エージェントは1人で両方担当します。

その理由は、企業から必要な求人をヒアリングする担当と転職希望者に仕事を紹介する担当が別々だと、求人のミスマッチが起きてしまうからです。

仕事をしていると、上司が直接担当者に仕事を依頼すれば、効率がよくミスがないのに!っという場面に出会ったことありますよね。

仕事での伝言ゲームは大事な部分やニュアンスが伝わらないこともあります。

しかし、企業の担当と転職希望者の担当が同じ場合、企業の人事が欲しい人を直接アデコspringの担当が探して紹介できるのでミスマッチが防げます。

しかも、転職エージェントに出てくる非公開求人は今すぐ欲しいという急募案件が多い。

担当が分かれてしまうと、その分引継ぎに時間がかかってしまい、せっかく紹介しても他社の転職エージェントで決まってしまったということが起きてしまいます。

企業と転職希望者の担当が同じ場合、すぐにマッチする人を紹介できるので企業の人事も、転職希望者にもメリットが高いわけです。

法人側の大変さ、給食側の大変さ。両方をしっているからこそ、それぞれの立場にあった適した人材を紹介できるわけです。

これだから営業は!コレだから企画は!コレだから事務は!っという責任のなすりつけ合いが怒らないのがアデコのspringエージェントの評判と評価を支えている部分ですね

給料アップだけでなく今後のキャリアを提案するコンサルタント

f:id:dougacc:20170914201450j:plain

上記でも伝えたとおり、企業と求職者を両方1人のコンサルタントが担当するので、自然と一人当たりのサポートの質が高くなります。

転職したい人は給料をアップさせたいのは当然ですが、転職したい理由があります。

  • なぜ給料をアップさせたいのか
  • 給料意外の転職理由は何か
  • 家族のためか
  • 自分の健康のためか

などなど色々理由があります。漠然と今の仕事が嫌だで転職したいという人もいるでしょう。

そういった人の本当の悩みや転職した後のキャリアプランなどをしっかり相談してくれるのがアデコspringの転職エージェントのコンサルタントです。

なぜ親身になるのか?自信を持って企業に紹介するため

非常に親身になって担当してくれる理由は、

  • 企業に自信を持って紹介するため
  • 好条件で転職してほしい
  • 紹介する企業に本当に合っているか

これらを確認するためです。

せっかく前職よりも好条件で紹介して就職が決まっても、会社の社風似合わない、働き方や考え方が合わなかったという理由で退職されてしまっては、転職希望者にも求人募集の企業にもアデコspring転職エージェントの評判にも悪影響です。

時間がかかってもミスマッチを防ぐことで転職者も、企業も喜んでもらえることで、アデコspring転職エージェントの評判がアップし、悪い評判や評価を防ぎ、次の仕事につなげることがどんな仕事でも大事なのです。

内定が出てからも給与交渉をしてくれるアデコspring転職エージェント

多くの人材紹介会社は内定が出る前に給与交渉をしてくれます。しかし、アデコspring転職エージェントは内定が出た後でも給与交渉をしてくれます。

アデコのキャッチコピーの1つに次の言葉があります

会社との相性まで見極めた求人の紹介、熱意を込めたアピール、強気の給与交渉

他社では見たことがない強気の給与交渉。

キャッチコピーに使うほど自信があるのは内定でさらに大事な給料をアップしてくれるのです。

日本人はお金の話が苦手です。しかし、そこは外資系で売上1位の人材紹介サービスを展開するアデコグループ。

外資系ならではの強気の給与交渉は日本企業ではなかなか真似できません。

給与アップのための英文の履歴書・職務経歴書のアドバイスあり

外資系ならではの転職エージェントなので、英語の履歴書や職務経歴書のアドバイスがあります。

話せないけれど、TOEICが600点以上ある人に非常におすすめです。英文の履歴書や職務経歴書があれば、日本と海外企業の求人が探せるので、転職チャンスが2倍以上になります。

ただ英語で履歴書や職務経歴書を書くだけでなく、より評価される単語の使い方や言い回しなどのアドバイスが貰えます。

TOEICの点数が高いだけだとわからない、実践現場レベルのアドバイスがもらえる。

日本の企業を受けるだけでも、日本語と英語の両方を提出すれば他の人よりもアピールができます。

特にこれから英語に力を入れていきたい人、せっかくとったTOEICの点数をムダにしないためにも、アデコのspring転職エージェントの英語レジュメとCVのアドバイスは受けておきましょう。

世界売上1位のアデコグループのspring転職エージェントの評判まとめ

日本ではリクルートエージェントとDODAとマイナビエージェントが有名です。国内企業を中心に転職活動したい人はこの3つがおすすめ。

より幅広い外資系や給与交渉をして欲しい人はアデコspring転職エージェントがおすすめ。

Spring転職エージェント公式サイトへ

アデコのspring転職エージェントの口コミおすすめ理由

世界2位のランスタッドもはずせませんよね。

ランスタッド公式サイト

ランスタッドの評判と口コミ世界2の人材会社からスタート

派遣会社のアデコも人気があります。派遣で働いてみたい人は是非

アデコの評判と口コミ外資系派遣会社の5つのメリット