読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビズリーチ評判は大手企業が多い求人転職サイト

就職・転職 転職サイトまとめ

転職のビズリーチ評判は大手企業が多い求人サイト

転職ビズリーチ以外の就職サイトについて転職ビズリーチの評判ですが大手企業が多いんです。特に外資系や国内の大手企業や業績のいい企業が多い求人サイトかを紹介します。

転職サイトといえば基本はリクナビとマイナビ

就職サイトといえばリクナビやマイナビが思い浮かびますよね。転職や就職する人は複数の就職サイトに登録するのが常識です。

それはなぜか?企業はその会社にあった求人サイトに広告を掲載するからです。

転職したい求職者はいろいろ登録しますが、昔ならリクナビがよく使われていましたが、今ではマイナビがリクナビを抜いて利用されています。

若手を取るならマイナビで中堅を雇うならリクナビといった感じで使い分けるわけですね。

転職ビズリーチの評判は?審査制の転職サイト

リクナビやマイナビなどの転職サイト求職者は登録が無料なので、いろいろ登録します。

そうなると企業としてはどうなるか?人が多すぎていい人材を探してスカウトしにくくなるんです。

リクナビやマイナビはとにかく数をとりたい営業職などはいいかもしれません。実際に求人を見ていると営業職がすごく多いですよね。とにかく、数を撮りたい会社や急成長していて人手が足りない企業にはリクナビマイナビはぴったりです。

しかし、ビズリーチの場合は中堅30代40代50代といった仕事ができる人たちをターゲットにしているので、ポテンシャル採用ではなく実績採用を意識しているサイトなんです。

だからこそ、働いたことがないと言った人を外すことが必要になってくるんですね。そこで、転職ビズリーチは登録に審査が必要なんです。

とはいっても、難しい審査ではありません。転職回数が多い自分でも普通に審査が通ったので、基本は落ちないと思います。

ではその審査が意味があるか?ということです。

なぜビズリーチは登録審査をしているか?

これは自分の考えですが、審査制となると、自分はだめかもって思う人をフィルターにかけて、やる気のない人を登録させないためだと思っています。

ビズリーチのポイントは企業が登録した人の職務経歴書をみて直接スカウトをしてくるんです。

リクナビなどは直接スカウトではなくある程度ターゲットを絞ったDMをばらまくタイプなのです。だからリクナビなどは担当者が誰に送ったかはわかりません。

きたスカウトに対して応募すれば誰かわかりますが。

ビズリーチの転職サイトは、企業が個別に1人1人にメッセージを送れるので転職にやる気のない人がいると企業側としても困るわけです。時間をかけてスカウトしているので。

だからこそ、とりあえず登録しておけばいいや。という人ではなく、本気で転職したい人に登録してもらいたいわけです。だからこそ、審査制の転職サイトになっているんです。

ビズリーチを使うと転職エージェントからスカウトもされる

転職エージェントは転職する人なら誰しもが使うサービスです。むしろ、使わないで転職すると給料が下がって条件が悪くなります。

給料や待遇を上げたい人は転職エージェントを使います。リクナビエージェントやマイナビエージェントなどが代表的ですね。

しかし、転職エージェントに登録するには一度直接あって面談をしなければいけなかったりします。そういうステップを飛ばして、こんな求人があるけれど興味ありませんか?と登録する前に案内してくれるんです。

良い求人だったら転職エージェントに登録しに行けばいいので、無駄な時間を取られませんよね。

まとめ転職のビズリーチの評判

自分も実際にビズリーチに登録していますが、登録してすぐに何件かスカウトをもらいました。企業も転職エージェントも両方です。

自分の場合は給料を増やすよりも待遇が良ければいいので、無理なく働ける職場だったら転職したいと考えています。

そのため、定期的に職務経歴書を更新しています。更新するとスカウトがちょっと増えますね。

ぜひ、給料を増やしたい、転職エージェントを増やしたい、直接企業からスカウトを貰いたい人はビズリーチに登録してみてはいかがでしょうか。

もちろんビズリーチ以外の転職エージェントや求人サイトも一緒に登録してしまったほうがいいです。最初はめんどくさいですが、使う履歴書や職務経歴書などは同じなので、基本コピペで一気に登録できちゃいますからね。

ビズリーチ公式サイト

外資系や上場企業を狙って転職するなら世界的に有名なランスタッドもおすすめです。

ランスタッドの評判と口コミ世界2の人材会社からスタート 

あなたにおすすめの転職記事