読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はてなブログのキーワードリンクの削除方法とそのデメリットは悪いSEO

はてなブログ seo

キーワードリンクをCSSで消す方法

はてなブログはPROにしないとキーワードリンクの削除ができません。そこでCSSでキーワードのリンクと下線を無効化出来ます。しかしデメリットはSEO

キーワードリンクをCSSで消す方法

キーワードリンクとは、みんなで編集するキーワードページです。はてなブログの無料版にはこのキーワードリンクに登録されている単語がブログで出てきた場合にリンクが自動的に設定されます。

それを、こちらのブログを参考にはてなブログのキーワードリンクの削除を行います。

デザイン>カスタマイズ>記事上下のカスタマイズ>記事上に以下のCSSを突っ込むとスマホもPCも消えるってことやね

<style>
/* 邪魔なキーワード下線を消す */
a.keyword { border: 0 !important; text-decoration: none !important; pointer-events: none !important; cursor: default; color: #5A5A5A; }
</style>

 

はてなブログからキーワードリンクを削除するCSSのメリット

キーワードリンクを消すと回遊率は上がる。まあリンクが減るので他のページにユーザーが遷移するのを防ぐので。無料時の時に2つのはてなブログで同時に試しましたが、実際に回遊率は上がりました。

当然直帰率や離脱率は減り、PVなども増えますよね。いいことずくめなわけはありません。

キーワードリンクは削除のデメリットはSEO上マイナス

このCSSははてなブログからキーワードリンクを削除しているのではなく、非表示にするための制御です。そのためHTML上ではリンクは残っているんです。

本来表示されるはずのものが表示されない。これはSEO上のデメリットです。

もちろんPCとスマホサイトで表示を制御するために非表示設定するのは問題ありません。

しかし、スマホPCともに表示されないものがあるのはただの隠しリンクです。これがSEO上言い訳はありません。

テスト的に2つのブログで実装をして、その後、両方共外してみたらどうなったか。検索クエリという検索結果に表示されるキーワード数が一気に増えました。

やはりSEO上ブラックな方法でした。

まとめCSSでキーワードリンクを非表示にするかどうか

本当に消したいならはてなブログProを契約するべきです。でもまあ、契約しても契約前に書いた記事は更新しないとリンクが残ったままですけどね。更新すれば消えます。

本当にいいコンテンツを提供したいなら、課金する。もしくははてなブログ以外で広告が入らない無料サービスを使う。おすすめは自分がメインで使っているgoogleBloggerです。

はてなブログはSEOに別に強くないので本当にアクセスを稼ぎたいなら乗り換えも健闘すべきですね。この辺りは別の記事でレポートします。