DODAの評判は転職エージェントで満足度1位とその理由

転職エージェントのDODAの評判と口コミを自分の体験談から

転職エージェントのDODA(デューダ)はパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営する転職サイト。実際に自分も利用して転職をしました。よく聞かれるリクルートエージェントやJACリクルートメントどれがいいか最後に書いておきます。今回はおすすめの点や登録方法などをご紹介

 

DODAとリクルートエージェントどっちが評判がいい?

まずよく質問されるのがDODAとリクルートエージェントとJACリクルートメントのどれが評判がいい?って質問をされます。自分は全部を使って転職したことがあります。給料は上がります。

自分がどの順番で登録するかと言われたら最初はリクルートエージェントを選びます。次にDODAですね。その理由はまずそれぞれのサイトを一度見てください。

全て完全無料で利用できます。

 

DODAの求人数は2位で1位はリクルートエージェント

DODAとリクルートエージェントを比較すると圧倒的にリクルートエージェントのほうが非公開求人が多いんです。

  • DODA:非公開求人:80,000件以上
  • リクルートエージェント:非公開求人100,000件以上

自分にあった仕事が見つかるかは紹介してくれる求人の数です。ここは多いところが安心ですよね。

転職エージェントで紹介されるのは非公開求人です。DODAよりリクルートエージェントのほうが求人数が2万件多いので自分にあった仕事が確率的は高いですよね。

それでも毎月DODAのほうも8万件はあるので実際に仕事は見つかります。あくまでどっちが登録したほうがいいのか?って質問された時に応えるのはリクルートエージェントのほうが求人数が多いのでといいという話

それぞれ登録するのが1番ですが、転職初心者は認知度の高いリクルートエージェントを使って、なるほど!とわかったらDODAを並行して使うのがいいですね

すでにリクルートを使ってる人はDODAの登録について紹介

DODAの運営会社がパーソナルキャリアに変更したけど大丈夫?

DODAの運営会社がパーソナルキャリアに変更したけど大丈夫?

DODAの運営会社は今まではインテリジェンスでしたが、急にパーソナルキャリアって名前になってるけど買収されたりしたの?ちょっと不安なんだけど・・・っと思う人もいるかもしれません。でも大丈夫。その理由を説明します。

なぜ会社名が変更したかそれはグループブランドの統一

旧インテリジェンスは実はDODA以外にもアルバイト求人情報サービスの「an」や「lineバイト」などを運営しています。

「an」と「DODA」って同じ会社が運営していたんだって思いますよね。

たくさんのサービスを扱っていると、会社名やブランドイメージの方向性を大事にしていくことが重要です。

リクルートがわかりやすいですよね。テレビCMをみていると最後にかならずリクルートっていいますから。

そのようなかたちでDODAもパーソナルキャリアというブランドイメージを作り上げてより事業をわかりやすく紹介していくというスタイルになりました。

実はDODAは転職者満足率1位!人材紹介会社として人気評判が高い

実はDODAは転職者満足率1位!人材紹介会社として人気評判が高い

DODAは求人数だけで見ると転職エージェントの評判は2位です。しかし、実は転職者満足度1位なんですよね。

コレは実はあまり知られていない事実なんです。もっと公開していけば良いんですが。

さらにこの満足度はポジティブな口コミの数なんですよ。求人数1位でユーザー数が圧倒的に多いリクルートエージェントが数でいったら1位になると思いますが、業界2位なのに満足度のクチコミ件数で1位がとれるDODAはすごい

DODAの登録方法は1分で登録できて転職サイトも使える

リクルートエージェントとリクナビの場合はそれぞれ登録しなければいけませんが、

DODAが便利なのは転職サイトと転職エージェントを1つのサイトで利用できるんです。

これはかなり便利ですよね。

転職するときは当然転職サイトと転職エージェントを使うのは常識なので初めて転職する人はかなり楽ちんですね。

DODAの転職エージェントはまずインテリジェンスが運営するDODAのウェブサイトからの登録から始まります。登録項目は次の通りです。

  • 名前
  • 生年月日
  • 性別
  • 弁住所
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • パスワード
  • 最終学歴
  • 職務経歴:現職中か離職中か
  • 直近の職務経歴
  • 業種
  • 職種
  • 年収
  • 希望条件

上記を登録したら引き続きDODAに詳細情報登録の次のページ

  • 連絡先住所
  • 電話番号
  • 学校名
  • 卒業年度
  • 卒業区分
  • 保有資格
  • 英語力
  • 転職活動状況
  • 転職の回数
  • 勤務先の会社名公開非公開
  • 直近の職務経歴の雇用形態
  • 勤務期間
  • 職務内容
  • 希望勤務地

この項目を記入して、フォームを送信しましょう。これで次のステップに進みます。

DODAに登録すると電話面談から

転職エージェントの場合登録後、まずはエージェントの会社や事務所に訪問して、そこでキャリアカウンセリングを受けます。

しかし、DODA(デューダ)の場合はまずインテリジェンスの社員から電話で今の就職活動の現状や転職の意思や仕事のスキルや働いている会社などを話します。

要するに履歴書と職務経歴書と自己PRを電話で説明するって感じですね。

あとは転職の理由です。給料をあげたいのか、残業が多すぎるからワークライフバランスをとりたいのか、休みがしっかり取れる会社を探しているのか。ブラック企業からホワイト企業に転職したいなど、まぁ、本音の愚痴を言うわけですね。

これは仕事探しをしてくれるDODAの担当さんとの意識のすり合わせで大事になってくるので、嘘偽りなく愚痴ったほうがいいです。

一通りすすむと、その場で紹介できる案件があれば実際に会っての面談になりますので、スケジュール調整するって感じです。実際に行く前に行うことは履歴書と職務経歴書を送付することですね。

DODAの面談では職務経歴書の書き方と修正

まずは転職エージェントのDODAのサービスについて説明してもらえます。あとは個人情報の取り扱いの書類にサインをしたり、事務的なお話で5分くらいです。

職務経歴書の書き方と修正内容を提案してくれます。これは本当にたすかります。提出した職務経歴書と自己PRを印刷したものを渡してくれますのでその場で赤入れ修正ができます。

いろいろ自己PRしたい点はありますが、長すぎると書類選考で落とされやすいんですよね。このポイントを指摘してくれる専任のコンサルタントがいるのがDODA

これは自分が実際に人事にキャリアチェンジして思ったことですが、書きすぎると長くて読みにくいしポイントがわからない。

簡潔に書いたほうが、きになる点などでてくるし、まず会って話がしたいってなるんですよね。話が終わると具体的な転職先の仕事紹介

希望に合った転職先を数十社紹介してくれる

会社のプロフィールや売上、企業規模や業務内容。残業時間や福利厚生などリクナビNEXTなどの転職サイトではほんとうにさわりの部分しか記載されていません。

DODAの企業の情報はかなり詳細に書かれているので具合的な質問もしやすいですし、わからないところは質問すれば確認してくれます。

DODAは履歴書を書かずに数十社にまとめてエントリー

転職者専用の管理画面がももらえるので、そこに紹介される求人がどんどん追加されていきます。

企業情報の詳細もそこに掲載されるのであとは応募したい会社にチェックをしてエントリーするか辞退するかを選択するだけです。

一括で更新できるので数分で数十者にエントリーできます。履歴書を書かなくていいので1ヶ月で100社とか余裕で申込できますよ。

面接の日程調整もwebの管理画面から選択するだけ

書類選考が通ったら管理画面から面接の日程が幾つか提案されます。希望時間に合えばそこから選べばいいし、あわなければ備考欄に行ける日を記載すればOKです。

これを淡々と繰り返すだけでいいんですよね。

面接で聞かれる質問も全部転職エージェントのDODAが教えてくれます。今まで面接した転職者からどんな質問を受けたかDODAの担当者がヒアリング済みなので、想定される質問は全て教えてくれます。

あと面接官がNGを出すポイントなども教えてくれるので面接も通りやすいです。

給与交渉や入社時期もDODAの担当者が内定タイミングでしてくれる

内定が出るタイミングで最後の詰めは給与交渉と入社時期です。給与交渉は中途社員で絶対大事な部分。入社後は給料が上がりにくい。

だからこそ、このタイミングで給料を上げる交渉をしっかりしなければいけません。そこもDODAの担当者がしてくれます。

リクルートエージェントとDODAおすすめはどっち?

リクルートエージェントとDODAおすすめはどっち?

転職エージェントのリクルートエージェントとDODAどっちがいいかと質問される場合があります。実際使った自分の経験からいうとリクルートエージェントのほうがすばらしかったですね。

もし、初めての転職や急いで仕事を決めたいと思うなら自分は、リクルートエージェントを勧めます。

しかし、管理画面の使いやすさはDODAのほうが使いやすかったです。リクルートと比べると求人数が若干少ないので、転職スピードを考えるとリクルートかな。

結局は転職エージェントのDODAとリクルートエージェントに登録

すでにリクルートエージェントを使ったことがある人だったらDODAを登録することいいですね。

転職サイトごとの特色やサービスの違いを知りながら転職活動をする。初めてならリクルートエージェントのほうがいいですね。

転職活動する際にどちらもタイミングをずらして登録することになります。急いでるととにかくたくさん紹介して欲しいってなりますからね。

そんな感じで複数の転職サイトに登録しておくと1~2ヶ月も程度で転職が決まります

遅くても3ヶ月以内には決まると思いますよ。※経験談なので時期や人によると思いますが、紹介してくれた人も決まってました。自分は12月~5月の間で転職が多いのですがすぐ決まりました。

DODAに登録したらすぐ面談を紹介できる企業を準備してくれてる

DODAを登録したら面談まで時間を開けてないことが大事、やる気が無いと思われて案件を紹介これは別の同僚が連絡が遅かったりしたらそんなことがありました。。

なぜなら登録してからすぐに紹介してくれるため、案件を準備してくれてるからです。行った瞬間にどれに応募します?ってなりますから。やっぱりDODAの担当者も本気等言うことです。

興味のある人は公式サイトのリンクをはっておくのでこちらからどうぞ。登録してから、出来れば1周間以内に面談を受けたほうがいいです。

DODA(デューダ)公式サイト

転職回数が多いので、いろいろ使いましたが、1番給料が増えて、中小企業から大手企業に入れてくれたのはリクルートエージェントでした。

DODAのオフィスとリクルートエージェントのオフィスは東京の場合、どちらも東京駅のすぐ近くなので、できれば1日で両方登録することをおすすめします。

リクルートエージェントはFランクの自分を大手上場企業に転職させてくれました。マジ感謝。まずはリクルートエージェント登録して日程を組んでDODAを登録する方がいいと思います。どうせ両方登録することになります。その時にこの記事を思い出して、リクルートエージェント登録しておけばよかったなってなりませんように。

JACリクルートメントがなぜおすすめなのか

  • 転職支援実績や求人数も1位はリクルートエージェント
  • 2位はDODA インテリジェンスが運営
  • 3位がJACリクルートメント

なぜリクルートエージェントやDODA以外でJACリクルートメントをおすすめするかというと、DODAとリクルートエージェントは若干求人がかぶってくるんです。中小企業から大手まであるので登録する人もさまざまです。

しかし、JACリクルートメントは外資系と大手企業にターゲットを絞り込んで、リクルートエージェントとDODAにない求人が多いんです。

必ず給料を増やしたい!大手企業に行きたい!外資系で働きたいそんな人にJACリクルートメントとリクルートエージェントのセットをおすすめしたいです。

結局は全部登録することになると思いますが、順番で行ったらリクルートエージェント次にJACリクルートメントそしてDODAですね

絶対に給料を増やすぞ!っという気合があって上昇志向の人はJACリクルートメントに登録をおすすめ

JACリクルートメント公式サイト

転職エージェントの登録に行く時間がないが、サイトの登録だけでリクルートエージェントなどの転職エージェントからオファーが来るリクナビネクストに登録しておくと転職がはかどります。

リクナビNEXT公式サイト

あなたにおすすめの就職転職の記事