読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エントリーシートの書き方と目的とは自己PRと仕事を繋げる

就職・転職

エントリーシートの書き方と目的とは自己PRと仕事を繋げる

新卒の就職活動で会社説明会に参加すると必ずエントリーシートを書きますが、これは会社に自分を売り込むための自己PR企画書や提案書だと思うことが大事です。

エントリーシートのよくある質問

エントリーシートには定番の質問がよくあります。そんな一覧を上げていきます。

  • あなたが学生時代に頑張ったこと
  • 今までの人生で辛かったことそれをどう乗り越えたか
  • 志望動機
  • 特技や趣味

このような定番の質問があると思います。あとはその会社ごとに変わった質問があったりしますがそれは、単純に上記の応用の質問等ですのでポイントを押さえて書けば問題ありません。

では企業がエントリーシートで学生の何を知りたいのでしょうか?

エントリーシートの目的は企業が仕事への適性を調べる

エントリーシートはただ大学生や短大生高校生などの今までの人生の自慢を聞きたいわけではありません。

ESを通してその学生の今までの人生経験や特技や趣味が募集している仕事にマッチしているか調べるためです。例えば次の例をご覧ください。

  • 外回りの営業を募集しているのに趣味がインドアで1人でいることだったら受かると思いますか?
  • システムエンジニアを募集しているのに細かい作業より、人と話すことが得意だったら受かると思いますか?

企業にもよりますが、なかなかこのような条件でエントリーシートが通過するのは難しいです。

ではどうするか、その企業が募集している職種をよく調べてどのような人材を求めているか調べることが大事なのです。

その企業が求めている人材に合わせてエントリーシートを書くことが大事です。

自己PR企画書だと思ってエントリーシートを書く

エントリーシートを書類選考のための道具だと思うと失敗します。ESはあなたがその会社で初めて上司に提出する企画書なのです。

新卒の就職活動は企業にとってはポテンシャル採用です。今までの職務経歴書がないですからね。

だからこそ、あなたというまだ企業に知られていない人材という商品を自己PRと合わせて企画書を書いて説明するわけです。

企業はいろいろな大学生や高校生などにエントリーシートとして企画書を提出させます。

実際の仕事だといろんな他の企業と仕事を取り合いすることになります。コンペなんていったりします。企業に企画を採用してもら歌目の努力と就職活動は似ているのです。

自分のメリットと自分を雇った時のメリットは何なのか。企業側に伝えなければ意味がありません。

自分の自己満足を書いたところで、それで結局あなたは自分のことだけで会社に役に立つかどうか自分で説明できていないとなってしまいます。

だからこそ、自分のメリットをPRしながら、その企業で何ができるのかを説明することがエントリーシートを書く上で大事なのです。

まとめエントリーシートの書き方は自分の企画書だと思うこと

自分を売り込むには相手の企業のことをよく知らなければなりません。だからこそ、企業分析が大事なのです。そこにさらに、自己分析や性格分析をする必要が生まれてくるわけです。

このふたつを組み合わせて1枚のエントリーシートというなの企画書をつくり上げることが大事です。自己分析をしっかりやりましょう。

あなたにおすすめの就職活動記事