読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ご尽力とお力添えの正しい意味と使い方や例文

ビジネスマナー 仕事

ご尽力とお力添えの正しい意味と使い方や例文

みなさんはビジネスの場で、ご尽力やお力添えの言葉が自然に使うことができていますか?普段の生活では聴き慣れない言葉ではないかと思います。

使い始めは、意識をすることが必要ですが、使っていくうちに自然と使えるようになります。ビジネスの場にいては、「ありがとうございます」とメールなどで、相手にお礼を伝える前に言葉を添えることにより感謝の気持ちが伝わります。

また、今後ビジネスを一緒におこなっていく相手として、感じの良い印象を与えることができます。言葉や表現方法は、いろいろあります。これから、それぞれの正しい意味と使い方をみていきましょう。

ご尽力の意味

力を尽くすと書くことから、努力と同じような意味を持っています。努力と使い分けるポイントは、表現する人が誰を指しているかです。

尽力は、目標に向かって取りくんだ相手を尊敬し、大切に思っていることを表現する言葉です。

一方、努力は学生の時に使っていたように、自分のことや落ち込んでいる相手を励ます時に使う言葉です。

ビジネスでは、仕事の目標のためにお客様やビジネスパートナーに対しては、努力ではなく尽力を有効に活用します。

その目標が達成されたときには、話し言葉としては固いイメージや意味が伝わりにくい場合がありますので、主にメールや手紙で使います。

ご尽力を使い方と例文

それでは「ご尽力」を実際に使う場面と例文をご紹介します。

例えば、イベントやプロジェクトを開催するにあたり、会場や時間の設定にたいして柔軟に対応してもらい、無事に終了した場合に協力していただいた企業の協力に対して、感謝の言葉と一緒に伝えます。

「ご尽力いただきありがとうございます。」より丁寧に感謝の言葉を表す場合は「ご尽力いただき感謝申し上げます。」

相手に対して使う場合は、尽力の前に「ご」をつけて表現をします。

また、相手に全力で仕事にとりくむことを相手に伝える時にも、使うことができます。
「尽力してまいります。よろしくお願いいたします。」

努力では個人の目標としてとられる場合があります。ビジネスとして全力を尽くすことを相手に伝えるために使います。

お力添えの意味

力を添えると書くことから、助けるという意味を持っています。力添えに「お」をつけることで丁寧な表現ができます。ビジネスでは、同僚や後輩に仕事を助けてほしい時に、協力や援助を頼みます。

お力添えは、社内ではなく社外の方に対して、また目上の人に対して、仕事上のお願いをする場合に使う言葉です。

ご尽力と同じように、相手を尊敬する言葉です。仕事で「お願いします」を何度も使うことで、もしかすると相手に対し、いつもお願いばかりで、仕事がふえている印象を与えてしまうかもしれません。

特に、相手の顔をあわせずに、電話やメールを使って、お願いをする時には使ってもらいたい言葉です。

一人では大きな仕事をおこなう事は難しいです。社内や社外の方々と力を出し合い、仕事で依頼する機会が多い方には、「お願いします」ではなく、「お力添え」を使った表現をお勧めします。

お力添えの使い方と例文

それでは、「お力添え」を実際に使う場面と例文をご紹介します。こちらは、お願いをした仕事に協力してもらったおかげで、仕事が問題なく進んだお礼を相手に伝えるために使います。

例えば、休日を使ったイベントに協力をしてもらった時に「先日は大変なお力添えをいただき、誠にありがとうございました」

それから、以前よりお付き合いがあり日ごろのお礼を伝える時には「日頃よりお力添えいただきまして、心から感謝しております。」

また、お願いをする時は「今後とも一層のご指導とお力添えをいただきますよう、お願い申し上げます。」「これからもより一層のお力添えを、よろしくお願いいたします。」

相手に対して直接お願いはしていないのですが、結果として仕事をスムーズに進めるための依頼を伝えることができます。

まとめご尽力とお力添えの使い方と例文

今回、ご尽力とお力添えの言葉の正しい意味と使い方の例文をお伝えしています。明日からさっそく使ってみませんか。

どちらも言葉のはじめに「ご」や「お」がついていることがポイントです。相手を尊敬し大切に思っていることを表現する尊敬語です。

少しかたくるしく感じるかもしれませんが、ビジネスでは当たり前のように使われていますし、使っていくうちに、言い慣れてきますし、耳にも心地よくきこえてきます。

仕事を進める中で、社内や社外の方の協力は必要です。お互い気持ちよく、仕事をしていく潤滑油の言葉として活用します。

紹介をしたどちらの言葉も、相手に対して感謝の言葉を伝える時に添えて伝えます。

ビジネス電話と同じように、普段と同じように対応するのではなく、仕事をしている時にはきちんと言葉を使いこなすことができると、あなたの評価もあがります。

ビジネスのオンとオフの切りかえもできます。ビジネスの場に応じて、二つの言葉を使い分けて味方にしていきましょう。

あなたにおすすめのビジネスナー記事