読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

行政書士試験の科目や仕事内容

資格 仕事の種類

行政書士試験の科目や仕事内容

行政書士資格とは、毎年11月に年に1回行われる法律の資格試験です。そこでどんな資格科目か合格基準や仕事内容についてご紹介します。

受験料は7000円で、3時間の試験時間があります。合格率は10%前後となる難易度が高い資格となります。

行政書士の試験科目は法律科目と一般常識

試験科目は、憲法・民法・商法・行政法・基礎法学の法令科目と政治経済・情報・個人情報保護・文章理解と多岐にわたります。

  • 法令科目は全部で46問、244点満点
  • 一般知識科目は全部で14問、56点満点の試験

合格基準点が指定されており、法令科目が122点以上、一般知識が24点以上、総合得点が180点以上とされています。

このような配点からわかる通り、行政書士試験は法令科目が最重要の資格試験となっております。

しかし、一般知識も実は疎かにできず、範囲が広すぎて対策が結構めんどくさいんです。

行政書士とはどういう資格で仕事内容なの

  • 官公署に提出する書類の作成
  • 権利義務に関する書類の作成
  • 事実証明に関する書類の作成
  • 他士業との業際

等と仕事は大きく分かれていて、基本的には人の代理で重要な書類を作成して提出するようという事をします。

こういった事から代筆屋という表現も使われる事があるようです。

簡単にまとめると街の法律屋で、書類作成のプロフェッショナルと言えるでしょう。

具体的な行政書士の業務内容は主に役所への書類の提出が多い

行政書士の仕事の内容は、主に行う業務は建設業の建設許可や宅建業の許可申請、在留資格申請や、自動車の登録申請、車庫証明などがこれに当てはまります。

新しく建設物を立てる際に許可を取る事、不動産会社を開業をする際の許可を取る事、外国の方が長期滞在できるような手続きをする事、皆さんお馴染みの自動車関連の手続きをする事などがこれに当てはまります。

こういった手続きを扱うのが行政書士の仕事の特徴です。

行政書士はFPや司法書士とも相性が良い

行政書士は他の資格とも相性が良いです。例えば司法書士と言う同じ代筆関係の仕事。
こちらの資格は登記と言って、不動産の持ち主(権利者)が誰かと言うのを登録するのが主な仕事です。

行政書士と司法書士は名称が似ていますが、カバーする範囲が違うので、一人二役で持っていれば、一連の作業を一人でこなす事も可能です。

後はFPファイナンシャル・プランナーの資産を管理するような資格とも相性が良いです。

仮にお客さんに相続が生じた時に財産の件と法律の話を絡ませて仕事をする事ができます。

先ほどお伝えした建築関係や不動産関係の話で言えば、宅建士とも相性が良いでしょう。

このように、複雑な専門性と法律が絡む手続きを組み合わせ次第で、自分のフィールドとして扱い、仕事を作り出していけるのが行政書士の魅力です。

一般教養や法律知識がサラリーマンの仕事にも役に立つ

受験科目は法令科目が中心で、かつ政治経済等の一般教養も扱う内容となっております。そのような傾向から、行政書士試験を受かれば、4年制大学の法学部でそれなりにシッカリ勉強した人としてみなされるくらいの内容となっています。

社労士と行政書士をセットで取る人も多い資格

関連性がある資格で人事に保険や労務管理などを扱う社会保険労務士という資格があります。

こちらの資格試験はとても行政書士の業務内容と相性が良いとされていて、ダブルライセンスで行政書士・社会保険労務士事務所として併設して開業している方が多いようですね。行政書士と司法書士資格の相性が良いのと似ていますね。

しかしながら、こちらの社会保険労務士と言う資格は、短大以上の大学を卒業しているか、行政書士の資格試験の合格者で無いと受験資格を得る事ができません。

よって、高卒の人にとっては行政書士試験は社会保険労務士への一つの登竜門として扱われている節もあるそうです。

試験以外でも実は行政書士になれる

実は、行政書士は筆記試験を受ける以外にもなる方法があります。
それは、どういう条件かと言うと、弁護士や弁理士、公認会計士や税理士などの資格を取得
していると既に行政書士の業務をするだけの能力や知識があるだろうと見做されて、
資格試験を免除されます。よって、行政書士の業務を行う事ができるのです。

他にも、公務員として20年以上務めるなどの条件を満たした場合も試験を免除で
いきなり行政書士になる事ができます。こういったケースだと、地元密着で知り合いも
多い真面目な公務員から行政書士になるという事で、仕事にもありつきやすいかもしれない
ですね。

行政書士は1人で独立開業できて自宅で仕事ができる

行政書士は少ない資金で独立開業できる事や、仕事の性質上、自宅の一室で開業し仕事を進める事ができます。

このような点から主婦にも人気の仕事として今脚光を浴びています。

街の法律家、専門家として人々の役に立てるこの仕事はやりがいも十分あるでしょうし、今それだけ受ける価値がある資格試験である事でしょう。

行政書士の仕事まとめ実は人気資格になりつつある

他の資格との相性や、ステップアップも見込める事から、行政書士試験の合格率は下がっています。

年々、難化の傾向にあるようです。もしかしたらの話ですが、将来的には更に価値ある資格として高騰する可能性もあるので、早いうちに受けて受かりたいものですね。

あなたにおすすめの記事