読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

法律事務所の求人や仕事内容どうやって就職や転職するか

仕事の種類 就職・転職 仕事

法律事務所の求人や仕事内容どうやって就職転職するか

法律事務所はどんな仕事をしているのでしょうか。法律関連の仕事に就職転職したい人に向けてどのようなことをしているのかを紹介していきたいと思います。

経験者の方の話を聞いていくと、事務所によって仕事の仕方や求められるスキルが異なるので、そういったパタンを含めて項目をまとめてみました。これから法律事務所で働きたい転職したいと考えている方におすすめ

法律事務所での仕事内容

法律事務所での仕事は、主に弁護士の仕事を補佐する仕事になります。多くは事務仕事になるので、書類の整理や電話応対などの一般事務と同様の業務内容も多いでしょう。しかし、決定的に違うことがいくつかあります。

顧客の裁判資料の作成

法務局や市役所に行き、関連資料の取り寄せを行います。また、似たような凡例の裁判記録のひな型の検索をすることも多くあります。

弁護士の仕事以外のことをサポート

弁護士の服のコーディネートから、食事の手配までを行うという法律事務所もあるようです。秘書のような立ち位置といったところです。このような形で、弁護士の仕事をサポートしていくのが主な仕事内容になるでしょう。

法律事務所で働くために求められること

法律事務所で働くには、一般事務とは似て非なる素養を求められることがあります。受けた指示以外の仕事ができない、空気が読めない、ホウレンソウがしっかりできない人などは、この仕事に向いていないでしょう。

また、人に教えられるくらいのパソコン操作ができるという事も大事になってくるので、ある程度のOA機器の操作や取扱いになれておくことが重要になります(機械の取り扱いが苦手という弁護士は少なくないです)。

また、法律の知識がある程度あるということも大事になってくるので、経験不問となっていても、ある程度の勉強して身に付けるくらいの気概が求められるでしょう。

法律事務所に就職する方法

まずは募集される側の要望を知ることが重要です。自身の持っているスキルやできることを照らし合わせながら、マッチしているかを確認することが、採用への第一歩となります。

求められる要素として大別するならば、その人の「人物」と「能力」が大きなポイントになります。

そして、なるべく多くの法律事務所の求人に目を通しておくことも重要です。それによって法律事務所でどんな仕事をしているのかという全体像が掴みやすくなり、しなければならないことや、出来るようになった方が良いことが分かりやすくなるからです。

応募書類の作成時も重要です。主に書類を取り扱うことが多いので、こうした応募書類をとっても、どれだけ丁寧に書かれているか、どのようにまとめられているかが採用に大きく影響するからです。

書類が見やすく丁寧にまとめられているかということが、求められる素養の1つとなるからで、こうした細かいことにも気を配れるということも、採用されやすくなる大きなポイントです。

法律事務所への転職は面接が大事とにかく簡潔に

面接まで進んだら、質疑に対する答え方の練習をしておくと良いです。想定される質問に対して迷わず答えられるように、声に出して練習しましょう。

答え方や応対の仕方については、面接する弁護士の感じる印象によって変わりますが、共通することは、聞かれたことに対しては簡潔に応対するということです。

話が長くなると言うのは、面接においては悪い印象になりやすいので、結論だけを簡単に答えるようにしましょう。

できることに対しては、自信をもってできるとアピールすることも重要ですが、できることとできないことの線引きもしっかりとしておくと良いです。

そして、できないことでも前向きに勉強中といった答え方ができれば、好印象になることも多いと思います。

加えて、マニュアル通りの受け答えよりも、自分らしさを発揮できるような応対をしていきましょう。

好印象をできるだけ持ってもらえるようにするのが、採用されるうえでは大きなポイントになります。

履歴に関しての質問には、出来るだけポジティブな形で答えるように心がけ、間違っても前職に対して嫌だったなどの愚痴にならないように注意が必要です。

最後に面接に際しての感謝の気持ちを忘れないようにしましょう。こうした気持ちが自然と丁寧な応対を促してくれるので、良い印象になりやすいです。

法律事務所によって求人内容や仕事内容も大きく変わる

色々な面で弁護士をサポートするのが法律事務所での仕事と思った方が良いでしょう。法律関連での知識や、仕事以外の生活サポートと言ったことまで、事務所によって求められる仕事内容が変わってきますので、幅広い面でサポートできるスキルがあると、働く上では有利です。

一般企業の事務仕事ができていれば、業務内容にも共通することが多いので、多少はスムーズに仕事ができるかと思います。どんなことが求められてくるのかを理解しながら、徐々に仕事の範囲を広げていけるぐらいの柔軟性が必要です。

法律事務所の求人の探し方

実は法律事務所の求人はリクナビなどにたくさん出ているのです。弁護士事務所は比較的人数が少ないので、検索結果の後半に出てくることも多いので法律事務所で検索したら最後のページから探していくのもありですよ。

人気の転職サイトの公式サイトへのリンクはこちら

自分の年収見込みや就職活動した場合の内定数見込みが知りたい人はこちら

10分わかる転職力診断@type

あなたにおすすめの記事