読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

求人サイトと転職エージェントの違いメリットとデメリット

就職・転職 転職エージェント 転職サイトまとめ

求人サイトと転職エージェントの違いメリットとデメリット

ハローワークや求人サイトで募集されている転職情報を自ら取りにいくか、転職エージェントと呼ばれる紹介会社を使って転職するか、2種類の選択肢があります。それぞれのメリットとデメリットを紹介します。

求人サイトと転職エージェントどっちを使えばいいの?

職種や状況によって、どちらが良いかというのは変わってきますが、一般的には、若くてあまり社会人経験の少ないタイプは求人サイト、経験豊富で、それを活かしたキャリアアップをするための転職だと転職エージェントが合っているといわれていました。

しかし、今は転職エージェントは20代専門の転職エージェントが出てきたり、ハイレベルハイスペック向けの転職サイトのビズリーチなどが非常に人気です。

個人的には、いざ転職するときには、両方を使って、できるだけ多くの採用情報を入手するのが良いと思います。

転職エージェントは、転職者にとっては、無料で転職のサポートをしてもらえる、大変素晴らしいシステムです。

評判のいい求人サイトや転職エージェントとは

転職サイトはリクナビNEXTやマイナビ転職にエン・ジャパンといったものですね。

転職エージェントというのは、リクナビエージェント、マイナビエージェント、JACリクルートメントといったところが大手になります。

企業側から見た求人サイトと転職エージェントの違い

求人サイトで公募されている求人情報と、転職エージェントの違いはなにか。最も違う点は、採用する企業側にあります。

求人広告の場合、ハローワークは無料ですが、リクナビNEXTといった他の民間求人広告に求人情報を掲載するには、掲載料が発生します。

約20万円~100万円相当の金額を、1度の広告掲載に払っています。

転職エージェントの場合は、成果報酬で、採用した人材の年収の約10〜30%を企業はエージェントに支払うのが一般的です。

企業にとっては、転職エージェントを使って採用活動をするほうが、大きなコストがかかります。

しかし、成果報酬のため、求人広告のように誰も採用できないかもしれないというリスクが少ないのが特徴です。

求人サイトは異業種や別の職種にキャリアチェンジしやすいメリット

求人サイトは自分で求人を探して応募できるので、異業種や別の職種にキャリアチェンジしやすいのです。

たとえば、営業から企画マーケティング、営業から事務職といった形です。逆に、オフィスワークが苦手な人は営業や介護などの人と接する仕事に転職もできます。

自分も実際にリクナビNEXTを利用して企画営業から求人サイトを使って企画マーケティングに転職しました。

未経験歓迎の求人には未経験歓迎と書かれていますのでかんたんに求人を探しやすいです。

さらに、自分のペースで仕事を探せるので、いい仕事があれば転職したいという人は、ゆっくりじっくり転職先を選べます。

求人サイトのデメリットは応募しても返信がない企業も多い

リクナビネクストなどの求人サイトのデメリットは、応募しても返信がない企業も多いことです。

求人サイトから応募して2週間程度返信がなかったら書類選考が落ちたと思ってください。

返事が来たとしても履歴書を郵送するなど、転職に時間がかかってしまいます。 

書類選考があまりにも落ちすぎる場合は、職務経歴書がうまくかけていない場合があります。

リクナビネクストの場合は、あなたの応募したい職種や業種にあったアドバイスをあなたにあった内容で紹介してくれるのでそのとおりかけば、書類選考が通りやすくなります。

更に職務経歴書に磨きをかけたい場合は、転職エージェントに登録して、実際に修正ポイントや書き方を具合的に提案してくれます。そのためだけに転職エージェントに登録するのもありです。

転職エージェントすぐに転職できるメリット

転職サイトはとにかく直ぐに仕事が決まります。早くて1ヶ月、おおよそ3ヶ月ぐらいで仕事が決まります。

もちろん、仕事に空白期間があったりするともう少しかかるかもしれません。自分の場合は、うつ病になって1年半仕事を休職しましたが1ヶ月で仕事が決まりました。

それぐらいすぐに決まります。そして、自分はキャリアチェンジして今は人事で働いています。

転職エージェントのデメリットは求人を自分で探せない

転職エージェント側の求人は、基本的にその人が転職できる可能性が高い企業を紹介してきます。逆に言えば自分で求人を探すことができません。

そこで、大手以外の転職エージェントは、なんとしてでも転職希望者を該当企業に就職させようとするところもあります。

たとえば、その企業の悪いところを隠して薦めたり、中には、他の企業よりも高額の成果報酬を払うから、よい求職者を回してという企業あり、そういった企業を優先して勧めるエージェントもいます。

エージェントもボランティアでやっているわけではないので、多少は仕方ないとは思いますが、自分で知識を持たず、エージェントに頼りっきりになってしまうと、そこで転職活動を失敗してしまうというリスクもあるのです。

そして、なかなか転職者には、エージェントの言っていることが本当かどうかを見分けるのが難しいといえます。そのため、転職活動において、信用できる転職エージェントを選ぶことは大変重要といえます。

だからこそ、転職エージェントに登録する時は大手を複数登録して、それでもダメなら、別の転職エージェントに登録するのが転職の近道です。

まとめ求人サイトと転職エージェントの違い

転職活動を少しずつ始めたい人は、大手の転職サイトのリクナビネクストや就職率が高いビズリーチをおすすめします。ビズリーチは求人サイトなのに登録審査制なので、審査が通れば自分が良い人材かどうかがすぐに分かります。

転職エージェントではまずは最大手のリクルートエージェントと大手や外資系に強い転職エージェントだけに特化したJACリクルートメントをおすすめします。

この4つは給料を増やす転職をする場合には必須です。めんどくさいかもしれませんが、転職は1回すると直ぐにできません。確実に良い条件の会社に転職したい人は、これぐらいの条件はクリアしましょう!

無料で登録できる転職サイト

無料で登録できる転職エージェント

 あなたにおすすめの転職記事