転職エージェント

キャリアカバーの評判は年収800万~1000万を超えたい人向け

投稿日:

f:id:dougacc:20171215202517j:plain

ヘッドハンティングと転職エージェントのいいところどりで給料アップのリクルート運営するキャリアカーバーで自分の理想的な転職をする

キャリアカーバー(CAREERCARVER)公式サイトを見る

キャリアカーバーはリクルートが運営する転職エージェント

CAREER CARVER(キャリアカーバー)の運営会社は日本で最も大きな総合人材企業リクルートです。 リクルートが運営する転職サービスはリクナビと転職エージェントとのリクルートエージェントが有名です。

おもわず、CAREER CARVERをキャリアカバーとよんでしまいそうですが、間違えないように

リクルートエージェントとキャリアカーバーの違いは?

1つの企業で複数の転職エージェントを運営するメリットは何だろうと求職者の方は思うかもしれません。

転職エージェントはいまの時代はどこにでもあるような当たり前の存在になっているのですが、転職エージェント業界の今の主流になりつつある展開がリクルートのようにターゲットにマッチした転職エージェントを別で運営することです。

リクルートエージェントの評判は全ての転職者向け

リクルートキャリアは大規模な事業展開から数多くの企業と取引しそれに比例する多くの求人を持っていて、登録者としても日本で最も多く抱えています。質より量ということが言える訳です。

今の時代の求職者の方の転職方法は転職エージェントを利用して行うことが最も効率的で転職成功の近道となっていますが、そのなかでリクルートキャリアをメインに使うという方法があります。

キャリアカーバーの評判はハイクラス向け

キャリアカーバーはどのような転職支援の内容を持っているのでしょうか。

キャリアカーバーが得意とする転職ターゲットは、ハイクラス人材です。

ハイクラス人材の定義は一般的には管理職以上の経営的な立場で業務経験をしている人材のことを指します。

そのため、リクルートキャリアが幅広い採用支援を行う一部にその層もターゲットとして入っているのですが、リクルートキャリアは質より量を狙っているため、1つの求人や求職者の方に対して転職支援の時間を多く費やすことができません。

一方で、ハイクラス人材が目指す求人は、条件や選考内容、選考難易度のすべてにおいてその他の求人より基準が高いのです。

今のリクルートキャリアの転職支援の仕組みではハイクラス人材の転職支援を充実させることができず、結果的にハイクラス人材の転職も難しい状態になっています。

そこで、解決策としてリクルートキャリアとは転職支援の方向性を180度変えたハイクラス人材の転職支援を質の高いなかで行うキャリアカーバーが誕生しました。 このあと、キャリアカーバーの具体的な転職支援の内容を見ていきます。

ヘッドハンティングに近い仕組み

求職者の方が自ら希望して転職活動を行い転職することが一般的なのですが、同じ転職でも企業から求職者の方に声を掛けて転職するケースもあり、それをヘッドハンティングと言います。

ヘッドハンティングは通常、キャリアカーバーがターゲットとしているハイクラス人材がターゲットになり、どの企業もハイクラス人材以外は一般の採用活動で充足できるため行いません。

キャリアカーバーはヘッドハンティングと同じような仕組みを持っていますし、一方では通常の転職エージェントと同じ仕組みを持っています。

登録時が良い例です。 通常の転職エージェントを利用する場合、求職者の方は必ず自分の個人情報を入力して面談を行います。

キャリアカーバーの場合、ヘッドハンティングと同じ仕組みを持ちながらも登録時は通常の転職エージェントと同じ流れを取っています。 登録型ヘッドハンティングと転職エージェント業界では呼んでいます。

キャリアカーバーの1つめヘッドハンティング

キャリアカーバーがもつヘッドハンティングと同じような仕組みの求人紹介は求職者の方からすると待ちの転職活動になります。

待っているだけでは転職活動は進まないのですが、ハイクラス人材のニーズはそれ以外の人材ニーズよりかなり少ないです。

イメージとしては普通の民間企業の組織を考えて欲しいのです。 みなさんの企業にハイクラス人材と同様の立場になる管理監督者(課長以上)の割合はどれぐらいでしょうか。

圧倒的にハイクラス人材以外の社員の方が多いのではないかと思います。

一般的には企業組織で管理監督者の割合は2割程度となっていますので、転職市場でも同様です。 転職市場でハイクラス人材が求めるような求人の数は全体の2割程度です。

キャリアカーバーが扱うハイクラス人材の転職市場はいつの時代も買い手市場でなかなか前に進めることができません。

通常の転職エージェントと同じ紹介設けられる

求人の紹介も通常の転職エージェントと同じようにキャリアアドバイザーから定期的に求人の紹介を受けることができます。

それに加えてヘッドハンティングと同じようにキャリアカーバーを利用する企業からオーダーを受けてそれに見合う登録している登録者のなかから探し出し、条件に該当する求職者の方に企業から声が掛かっていますと伝えます。

この両方の求人紹介の仕組みを利用できるため、一石二鳥の感じはありますが、ヘッドハンティングと同じような流れで求人を紹介されるケースはあまり多くはありません。 通常の求人紹介を10とするなれば、ヘッドハンティングと同じような仕組みで求人を紹介される場合は、1か2です。

キャリアカーバーはなぜ非効率のハイクラス人材の転職を支援するのか?

このようにキャリアカーバーが扱うハイクラス人材の転職はあまり量を稼ぐことができません。

なぜ、キャリアカーバーはハイクラス人材の転職に特化するのでしょうか。 その答えは簡単です。

確かに量は担保することはできませんが、1つの求人あたりの金額が大きいのです。

具体的にそのメリットを数値的にご紹介します。 通常の転職支援の場合、1つの求人の転職に対して転職エージェントは企業から転職時の年収の30%程度の成功報酬額を得ます。

それを例として数字で表すと・・・ 求職者の転職時年収が400万円で手数料の料率が30%だとすれば、転職エージェントが得られる成功報酬額は120万円になります。

転職エージェントはこの金額を得られる転職支援を10件すると1200万円になります。

キャリアカーバーの場合は、ハイクラス人材をターゲットにしていて、ハイクラス人材の転職の転職時の平均年収は800万円程度です。

1つの転職支援あたり、料率が30%だとすると240万円の成功報酬を得ることができます。

1件あたり120万円と240万円、どちらが転職支援として生産性が高いでしょうか。 言うまでもなくキャリアカーバーの転職支援です。

少ない転職支援数でも転職支援する求職者の方の転職時の年収が高いため、1件で2倍程度の成功報酬額を得ることができます。

仮に役員などの転職支援をした場合、転職時の年収は2000万以上になる場合がありますので、料率が30%だとすれば600万円の成功報酬を得ることができるのです。

リクルートキャリアが少額を積み上げる仕組みの転職エージェントであるならば、キャリアカーバーは高額を数は少ないながら確実に積み上げる仕組みを持っているのです。

キャリアカーバーのアドバイザーは40代のプロ集団

リクルートキャリアにもキャリアカーバーにもキャリアアドバイザーがいます。 ともに同じリクルートが母体の転職エージェントです。

キャリアカーバーのキャリアアドバイザーはハイクラス人材の転職支援を行うため、リクルートキャリアのキャリアアドバイザーよりも転職支援実績が豊富で、転職情報のノウハウも豊富です。

また、30代のキャリアアドバイザーは在籍していません。 全員が40代以降で20年程度の経験を持つキャリアアドバイザーです。

ハイクラス人材の選考は難易度が高いとため、求められるハイクラス人材の経験や実績もレベルが高いです。

同じ職種でもハイクラスやエグゼクティブの求職者の方は、通常より高いレベルの業務を経験しているため、レジュメに記載する内容も違います。

リクルートキャリアと比較して圧倒的に優秀なコンサルが多い

リクルートキャリアのキャリアアドバイザーが優秀ではないということではないのですが、20代のキャリアアドバイザーもいて、そのキャリアアドバイザーはまだリクルートのなかで管理監督者の経験がない人もいます。

そのようなキャリアアドバイザーが求職者としてハイクラス人材に該当するレジュメの内容を見て適切な転職支援をすることができるでしょうか。

逆にハイクラス人材となる求職者の方から教えてもらうということも否定できないはずです。

そうなると転職エージェントとしては不適格ですのでキャリアアドバイザーとして充実した経験を持つ40代以降の熟練のキャリアアドバイザーでなければならないのです。

キャリアカーバーの得意分野

キャリアカーバーが得意とする転職支援の業界や職種をご紹介します。 基本的にはハイクラス人材に特化した転職エージェントであるため、不得意分野はありません。 キャリアカーバーが得意とする職種からお話します。

財務職はかなり得意

企業が経営資源の一つであるお金を扱う、お金を増やすポジションが財務です。

M&Aや資金繰りや銀行からの借り入れ交渉、金利交渉など経営に直接インパクトを与える業務内容になります。

財務のトップポジションともなれば経営者とかなり近い距離感で仕事をするため、お金のプロでありどの企業でも資金繰りは課題になります。

財務のハイクラス人材をキャリアカーバーは得意としていてかなり多くのノウハウを持っています。

転職支援全体のなかで財務系の転職支援の割合は4割程度ですので約半分ぐらいは財務系のポジションになります。

IT業界も得意

どの転職エージェントでもIT業界の求人の割合は多いのですが、IT業界の動きは早く、IT業界のなかで入れ替わりがあります。

IT業界の企業は経営に近いポジションの求人をだれでも閲覧できる一般の転職エージェントには公開しない文化があります。 そこでキャリアカーバーです。

転職情報が漏れないように秘密保持契約で安心転職

キャリアカーバーの特徴として求職者と秘密保持契約を締結して情報漏えいリスクをゼロにしてから求人を紹介するという仕組みがあります。

IT業界の企業で経営に近いハイクラス人材の求人はキャリアカーバーに公開することで、情報漏えいリスクを排除したなかで、より優秀な人材をヘッドハンティングと同じような機能のなかから採用します。

キャリアカーバーは給料年収が上がりやすい

職種や業界に限らずキャリアカーバーを利用して転職する場合、ヘッドハンティングと同じような仕組みを持っているため、現職や前職と比べて年収が上がるというケースが多いです。

これは一般の転職エージェントではあまりないことで、一般の転職エージェントの場合、年収が下がるケースもあります。

今現在、多くの経験や実績を持ち管理監督者として活躍されている求職者の方は、一般の転職エージェントを利用しながらキャリアカーバーも外さない方が良いです。

また、リクルートキャリアを利用しているなかでも、キャリアカーバーを利用することができますし、リクルートが運営する転職サイトも同時に利用が可能になりますので、転職活動がリクルートで完結することも可能です。

キャリアカーバー(CAREERCARVER)公式サイトを見る

年収アップを狙うなら登録したい転職エージェント







-転職エージェント

Copyright© うさもふ , 2018 All Rights Reserved.