転職エージェント

テクノプロキャリアの評判ものづくりや製造業のエンジニアにおすすめ

投稿日:

f:id:dougacc:20171221212306j:plain

IT系以外の製造業やものづくり開発のエンジニアの転職に強いテクノプロの評判。IT系はもちろん。組込系や電子回路設計や機械設計に強い転職エージェント

テクノプロキャリア公式サイトを見る

 

製造ものづくり開発の転職に強い評判の転職エージェント

機械の製造や組み込み系のSEやエンジニアの転職をする人ならしっているテクノプロキャリア。

転職未経験や大手の転職エージェントばかり探している人には、馴染みがないかもしれません。

ものづくりキャリアアップしたいワークライフバランスを変えたい。給料をアップしてタイ人におすすめです。

最近はエンジニア専門と言ってもIT・WEB・ゲーム系のSE専門ばかりですものね

東証1部上場のテクノプロHDの転職エージェントなので安心

設立はまだ浅い中小規模の転職エージェントになるのですが、親会社が東証一部上場の企業ですのでしっかりとした基盤を持っています。

その盤石な基盤がテクノプロキャリアの転職支援に大きな好影響をもたらし、求職者の方にも利用するメリットが大きいのです。

しかも、エンジニア職を中心とした特化型の転職エージェントですので、転職支援の数ではなく、転職支援の質にこだわっているため、求職者一人ひとりに丁寧なキャリアアドバイスを行ってくれます。

テクノプロキャリアを通じて転職できたという声もこの1年、2年で多数上がっていますので期待が持てる転職エージェントだといえます。

エンジニア職での転職を希望し、まだ明確な成果が出ていないという転職活動の進捗が思わしくない求職者の方はテクノプロキャリアはおすすめできます。

テクノプロキャリアの転職支援の特徴は求人の質

テクノプロキャリアは求人数の数よりも転職支援の質で勝負していることが大きな特徴です。

基盤が東証一部上場企業の親会社ですので、その恩恵を受けて、その他の中小規模の転職エージェントとは求人の数にも違いがあります。

親会社が全国展開しているため、日本全国に顧客が存在し、その親会社の顧客の取引をうまく活用し、その顧客から求人を集めることに成功しています。

そのため、求人数よりも転職支援の質にこだわりを持っているとは言っても、求職者の方からすると、テクノプロキャリア一本で十分、転職することが可能になっています。

非公開求人が多い

求人には企業名を公開した公開求人と、企業名を伏せて転職条件などを記載した飛行秋求人があります。

どちらも求人であることは間違いないのですが、公開求人よりも非公開求人の方が、転職後の年収が高く、転職後にやれる仕事のレベルも高いことがあります。

非公開求人はどの転職エージェントでも取り扱いがありますが、テクノプロキャリアには非公開求人の割合が非常に多いのです。

そのため、非公開求人に応募したいと考える求職者の方にはおすすめで、転職後も管理職として仕事をしたい方、転職を機に管理職として仕事をしたい方にはもってこいの転職エージェントです。

非公開求人が多いことで求職者の方としては、独占に近い形でテクノプロキャリアでしかその求人を発掘することができないので、その意味でもテクノプロキャリアを利用する価値は高いと言えます。

上場企業の求人も多い

ここについては完全に親会社の基盤によりものですが、上場企業の求人がテクノプロキャリアには多いです。

一般的に転職市場はベンチャー企業が中心に採用活動を行っています。

そのため、求職者の方からすると転職エージェントを利用した場合、ベンチャー企業の求人を手にすることの方が圧倒的に多いです。

もちろん、ベンチャー企業にも上場企業は存在しますが割合としてはやはり大手企業の方が上場割合は高いです。

このような背景のなかで、中小規模の転職エージェントとしては珍しい上場企業の求人を多く持っていますので、上場企業への転職を希望する求職者の方はテクノプロキャリアからの紹介率が高い分、転職確度は高まると思います。

今までベンチャー企業で基盤が安定せず、また、労働時間も長かったため、落ち着いた環境で仕事がしたいと考える場合は、上場企業がベストですので、テクノプロキャリアを積極的に活用していきましょう。

テクノプロキャリアが取り扱う求人の業種や職種

主な求人業種一覧

  • 食料品・医薬品 
  • 建築・土木 
  • 補足情報 
  • 化学・素材 
  • 商社 
  • 自動車 
  • コンサルタント・シンクタンク 
  • 人材ビジネス 
  • 通信・インターネット 
  • 電気・電子・半導体 
  • 機械 
  • コンピュータ・通信 
  • ソフトウェア・情報処理

主な職種一覧

  • 機械設計(筐体、機構、構造)
  • 金型/光学設計
  • 電気・電子回路設計(アナログ、デジタル、LSI、レイアウト、制御)
  • CAE解析
  • 生産技術
  • 品質管理・生産管理
  • FAE
  • 組み込みソフトウェア開発
  • 業務/Webシステム開発
  • ネットワーク/インフラ設計・保守・運用
  • その他管理業務

一般的な技術系転職エージェントだとITやWEB業界中心で業務もIT系SEなどのエンジニア系の求人だと、システムエンジニア、システムコンサルタント、プロジェクトマネージャー、インフラエンジニアです。

しかし、テクノプロならこのように様々な開発業務や開発業界を紹介してもらえます。

業界や職種の未経験求人の取り扱いも十分

エンジニア職は、現在の転職市場においては人材枯渇状態にあり、どの企業も選考ハードルを引き下げています。

引き下げの典型的な例が、職種や業界の未経験者でも応募可能とする求人です。

通常、エンジニア職の場合、企業は即戦力人材を求める傾向にあり、関連業務の未経験者では応募することができないことが多いです。

このように転職市場の状況が変わったこともあり、テクノプロキャリアではエンジニア職が未経験の求職者でも応募できる求人の取り扱いもあります。

テクノプロキャリア=経験者の転職支援というイメージを持っている方もいるようですが、そのようなことはなく、未経験者でも登録することができます。

転職エージェントによっては、未経験者は登録できてもその後、求人の紹介がなく実質的に転職支援されないという場合もありますが、テクノプロキャリアではそのようなことはありませんのでご安心ください。

そもそも開発の仕事自体が未経験の場合は当然NGとなりますのでご注意ください。

転職支援実績豊富のキャリアアドバイザー

テクノプロキャリアの他社差別化はキャリアアドバイザーの質です。

エンジニア職の転職支援は技術系の業務や用語が多く実務経験がなければ満足度の高い転職支援はできないのですが、テクノプロキャリアの場合、実務経験がないキャリアアドバイザーでもそれまでエンジニア職に特化した転職支援をしていますので、十分対応することができています。

中小規模の転職エージェントでありながらも求人数も十分あることから、それに比例して転職支援実績も豊富にあり、社内で情報のナレッジ化、マニュアル化をしているため、キャリアアドバイザー全員が一定以上の転職支援を行うことができる環境になっています。

すぐに転職できるスピード感ある転職支援

テクノプロキャリアの売りの一つにスピード感があります。
ああ
このスピード感を担保することができている理由は、テクノプロキャリアの採用支援と転職支援の仕組みです。

通常、転職エージェントの場合、大手の転職エージェントでは営業とキャリアアドバイザーの二人体制を採用し、中小規模の転職エージェントの場合は営業とキャリアアドバイザー1人体制を採用しています。

どちらも求職者の方にとってはメリットとデメリットが存在しますが、スピード感ある転職支援を受けたいのであればテクノプロキャリアが採用する二人体制が良いです。

二人体制の場合

企業の採用支援を行う企業営業担当者と求職者の方の転職支援を行うキャリアアドバイザーの二手に分かれての分業制。

1人体制の場合

企業の採用支援と求職者の方の転職支援を行いますので、どうしても業務量が多くなり企業からの求人受注から求職者の方への求人紹介まで時間がかかります。

テクノプロキャリアでは企業から求人を依頼された翌日には求職者の方へその求人を紹介できるように体制作りしています。

求人はなまものであり、今日あった求人が明日にはないということも良くある話で、スピードある転職支援をしてもらえるため、転職活動自体が早期決着できると思います。

自己分析のアドバイスに時間をかけるキャリアアドバイザー

転職支援のスピード感は営業担当がカバーをし忙しいのですが、キャリアアドバイザーの業務量がそこまで過多ではないため、その分、転職支援が豊富です。

求職者の方は、転職活動で最も大事なことが自己分析であることはご存知でしょうか。

自己分析とは簡単にいうと自分の転職活動の軸を定めるための自分を客観的に見ることを言いますが、通常、この作業は求職者の方自身が転職活動を始める前に行うことになります

現職に在職中であればなかなか対応することが難しいです。

自己分析は時間がかなりかかりますし、やり方が分からないという点もあるでしょう。

テクノプロキャリアの自己分析サポートは他社にはない

転職エージェントとして大々的に謳っている訳ではないのですが、各キャリアアドバイザーが求職者の方のために自己分析を無料で手伝ってくれます。

自己分析は、客観的な視点が必要不可欠になりますが、第三者であるキャリアアドバイザーがその作業のサポートをしてくれるということは、必然的に客観的な視点で作成することができるのです。

履歴書や職務経歴書の添削サービスはあっても自己分析のサポートまで行う転職エージェントはあまり聞いたことがありませんので、この部分もテクノプロキャリアの差別化であり強みとも言える部分です。

自己分析は非常に重要な作業になりますので、プロの視点、客観的な視点の両面を備えたテクノプロキャリアのサポートはその後の転職活動の質を高めるものなるはずです。

内定承諾率が高い

テクノプロキャリアの転職支援で際立つことは、内定時の内定承諾率です。

今の転職市場は求職者の方が有利の売り手市場ですので、多くの求人があり、その分、1回の転職活動で複数の企業から内定をもらうというケースも多いです。

企業からすると、大迷惑な話でせっかく選考を行っても内定を出した求職者の方が辞退したとなれば、再度、一から選考をやり直しになります。

そこで、テクノプロキャリアは企業視点も持ちながら厳選して求人を求職者の方に紹介しています。

1人に1社紹介する厳選求人紹介型

通常、転職エージェントは自社の利益も考える必要があるため、一人の求職者の方に同時に複数の求人を紹介し、求職者の方も同時に複数の企業へ応募し選考を受けます。

テクノプロキャリアでは、このやり方を推奨しておらず、1社集中型の求人紹介を行います。

もちろん、例外も存在しますが、この仕組みにより内定承諾率が上がっています。

ここだけを見れば企業だけにメリットがあるように見えますが、内定辞退は企業としてはかなりダメージが大きく、内定承諾率が高い転職エージェントに対して信頼し求人を優先的に紹介します。

他の転職エージェントよりもテクノプロキャリアの方が企業から求人を依頼されるタイミングが早く、その分、求職者の方は他の転職エージェントを利用する求職者の方よりも早く応募することができるメリットがあるのです。

テクノプロキャリアはエンジニア職に特化した転職エージェントで、企業からの信頼も厚い優れた転職支援を行ってくれます。

他の転職エージェントではなかなかない転職支援もありますので、テクノプロキャリアを積極的に利用してエンジニア転職を実現させてください。

テクノプロキャリア公式サイトを見る







-転職エージェント

Copyright© うさもふ , 2018 All Rights Reserved.