読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IT企業に就職転職できる7つのアドバイス職種別あり

就職・転職 仕事

IT業界ってブラックていいますが、給料高いところ多いし、年々待遇がよくなってます。10年以上WEBディレクターやってきた自分が、今までIT企業で働いたことがない人でも書類や面接で受かるポイントを紹介します。

ネットが好きでブログや開発などをやっているか

IT企業で働きたいならインターネットやプログラム開発などが好きかどうか。ここにつきます。
志望動機で何故当社を希望したか、何故この業界かを聞かれます。そのときに当然みんな好きでやりたいからが前提なんですよね。

そうなると、当然なにかしらアウトプットして自分で何かをやっていることが条件になってきます。別に小難しく考えなくていいです。

日々ブログを書いているとか、プログラム開発してるとかだけじゃなく、最新のアプリを誰よりも早く触ってみるようにしているとか、IT業界のニュースにアンテナ張ってます。とかでもいいと思います。

常に新しいガジェットは発売日に買います!とかでもいいと思いますよ。

何故今までやっていないIT業界を志望するのか

これは今までの経験をベースに話をするといいです。仕事だったり趣味だったり。そのなかで改善したいことや、こうだったらいいのにという希望などがその会社ならできる。この会社なら社会を変えられる。といった発想があるといいと思います。

他にはその会社が好きすぎて、創業当初から使っている。そして改善したい点などをアピール出来るといいですね。Webディレクターならコミュニケーション力や数字が好きアピール

Webディレクターは開発やデザイン、企画に役職へのプレゼン、外部の会社との調整スケジュール管理などもありますので、とにかくコミュニケーション能力が高いことアピールするといいです。

具体的にどんな事をやってきたか。自分で勉強会を開いてます。地域のコミュニティに参加してますとかまぁ、いろいろありますね。

この辺りがなければブログとかサイトをやっているならアクセス解析を使って常にサイト改善してます。とか、新しいコンテンツ作ったりするのが好きで実際に具体的な例を紹介するといいですね。

特に数値を根拠に話を出来れば相手も納得しやすいです。Webディレクターの仕事は企画やコミュニケーションだけでなく数字分析のレポートを出して改善案を伝えていかないといけないですしね。

プログラム開発はコミュ力より実力

大手で働いてましたが、コミュ力無い人も多いですよ。その代わり実力はすごい。資格とかあったらいいだろうけど、そんなもんとってる暇があったら、どんとん開発してサービスリリースを個人でしてそれを見せた方が早いです。

いや本当に資格なんて持ってる人とかいなかったし… 新卒とかは資格とかより実際にこんなん作ってましたって言われた方がやべぇ…こいつすげぇ….ってなります。

デザインとかは作品を提出

書類送るときにきっちり作品を提出しましょう。今まで作ったデザインとかなどなど、WebにUPして実物見れるようにしておくといいと思いますよ。就活用にブログ作って作品まとめとくといいかも

事務とかバックオフィス系は

可愛いかどうか!冗談抜きで結構ある。ITわかんない。でも可愛いしそれなりに事務出来そうだから採用みたいな感じたくさんみました。

それだけじゃ悲しいことになるので、沢山の人とやりとりをすることが必要なのでコミュニケーション能力の高さと仕事の正確さをアピールするのは大事ですね。

Excel大好きです!とかだといいと思います。業務改善やマニュアル作成好きです!などを具体的な数字をベースに話したり、実際に周りにどう評価されたかなどをアピールするといいです。

総務や人事や経理は会社にとって1番必要なものだと思ってます。全ての仕事が1度必ずここを通るので、心臓部だと思って改善したいとかアピールするとよさげ。

営業は使い捨て

本当まじ、むしろITじゃなくてもどこでもそうだから、給料と待遇で業界関係なく選べ場いいと思います。開発陣の声を吸い上げて妥当なスケジュールや予算をとってくれれば社内関係者に好かれます。

とりあえずなんでも出来ますと客先で返事をしてしまうと社内バッシングを食らって相手にされなくなるから気をつけましょう

就職・転職に関する記事も書いてます